無駄な予算消化をゼロに!予算節約術を大公開!

思っていたより予算消化が早いとお困りの場合の対処法

広告掲載をはじめてみたけれど、「思ったより予算消化が早い」とお困りではありませんか? もしかしたら、無駄なクリックが発生し大切な予算を無駄に消化してしまっているかもしれません

≫ 掲載開始後に「思ったより予算消化が早い」と感じた方へ

無駄なクリックの減らし方

広告がインターネットユーザーのどのような「検索クエリー(実際に検索されたキーワード)」をきっかけに表示され、 クリックされたかを広告管理ツールから確認できます。
検索クエリーを確認し、 広告する商材と関連性の低い検索クエリーは、広告を表示させないキーワード(対象外キーワード)として、設定しましょう。 また、今後も成果が見込める検索クエリーは、新しいキーワードとして追加設定できます。

<設定方法>
≫ 検索クエリー一覧でキーワード、対象外キーワードを追加する(ヘルプ)

適切な入札価格にするには

  • ① キーワードアドバイスツールを利用
  • ② 自動入札設定にする

①キーワードアドバイスツールを利用する方法

キーワードアドバイスツールを利用すれば、クリック数と必要予算の目安を知ることができます。
≫ キーワードアドバイスツールとは

②自動入札設定にする

1件1件入札価格をチェックして調整するのが大変・・・という方には、『自動入札設定』がおすすめです。 キャンペーンの種類や広告掲載の目標に応じて、適正な入札価格を自動的に調整します。

≫ キャンペーンにおける入札方法の設定について
≫ 自動入札とは

効果を最大限得るための予算設定の見直し方

予算設定を見直して配信機会を最大化する

「キャンペーン予算(日額)」とは、キャンペーンごとに設定する1日単位の利用金額の目安です。設定した金額の範囲内でキャンペーンのクリック料金がおさまるように、システムが自動的に広告の表示・非表示をコントロールします。
しかし、メディアなどの影響で クリックが集中した場合には予算消化が早い時間帯に偏ることもあり、その後は予算に余裕があれば獲得できていたはずの機会を逃すことになってしまいます。

広告の表示頻度が高い日には、1日の予算の最大200%を限度に広告を掲載することもありますが、 月単位での配信調整が行われるため、結果的には機会損失が発生することになります。 消化金額をこまめに確認し、余裕をもって設定しておくことが広告効果の向上につながります。

≫ 適切な予算設定で広告の配信機会を最大化

検索広告の「最適化」タブでは、お客様のアカウントの広告運用状況に合わせた最適化案をご提案いたします。 運用の効率化や広告の掲載機会の最大化に繋がる提案が表示されますので、内容をご確認のうえ、アカウントへの適用をご検討ください。
≫ 最適化案について

関連リンク

≫ 検索広告のキャンペーン予算(日額)について

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703
平日9:30~12:00、13:00~18:00
(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。