同じような訴求の広告だけで運用を続けていませんか?

広告文を作成する際に、どんな訴求が最も効果が出るのか、わずかな文章表現の違いでユーザーの反応が変わってくる検索広告においては悩むポイントではないでしょうか。そのため、同じような内容・同じ訴求の似た広告を複数登録して運用をされている方もいらっしゃると思います。

検索広告は、効果のよい広告を見極め、成果が出ていない広告を停止することで、効果の高いところに広告費を投下して、効果の無いところや薄いところには広告を配信しないことでコストを削減、運用改善につなげることが可能です。

広告の改善・運用のコツ

成果が出ている広告を残し広告文に磨きをかける

訴求内容が同じ複数の広告が入稿され運用中の場合、どの広告が成果が良いのかパフォーマンスを確認し比較しましょう。

クリック率、コンバージョン数、CPC(クリック単価)など、運用中の広告の各指標を比較し、良い方を残し成果が悪い方の配信を停止することで、実績の分散を防ぎ、より良い広告の効果の改善につなげることが可能です。

今まで分散していた実績がまとまることでクリック率が向上すると、広告の品質の改善にもつながっていきます。

広告運用は「検証」と「改善」が鉄則

広告文を改善し、さらに効果を上げていくためには、切り口の異なる新しい広告文を作成し、ひとつの広告グループの中で広告文を複数用意し実際に出稿して、どの広告のクリック率が高いかのテスト(ABテスト)を繰り返すことが重要です。

広告を運用する上で重要なのは、広告に対するインターネットユーザーの反応を正しく把握し、それをもとに運用改善してより効果の高い広告を配信することです。

広告の効果を高めることで、同じ期間、同じ広告費でも、より多く売り上げを伸ばすことが可能です。
広告のABテストについては以下よりご確認ください。
クリック率の高い広告文はどっち? 答えはA/Bテストで

関連リンク

効果に差が出る! 広告作り
【検索広告】コンバージョンにつながる広告文の作り方
広告の作成:拡大テキスト広告 (PC・スマートフォン・タブレット用)

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703
平日9:30~12:00、13:00~18:00
(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。