広告画像の画質の重要性

広告制作時「画質」は意識していますか?

画像の画質によって、広告掲載時にぼやけて表示されてしまう場合があります。
ぼやけた画像はブランドイメージの低下や広告効果にも影響しますので、今回は制作時の画質の重要性についてご紹介します。

※画像はイメージです

画像がぼやける主な原因

スマートフォンのディスプレイ解像度の変化

■ ディスプレイの解像度に対応した画質になっていない※

最新ディスプレイに対応した画質になっていますか?

近年、急速にディスプレイの高解像度化が進んでいます。 特にスマートフォンはパソコンと比べてより解像度が高いものが多く、広告もディスプレイの進化を考慮した制作が重要です。

※あくまでも一因です

また、下図のようにスマートフォンはピクセル密度がPCと比べて高く、デバイス全体に表示されるため、粒度の細かい鮮明な画面表示が必要です。

パソコンとスマートフォンの解像度の違いによるイメージ

広告の画質による影響

■ 低画質の場合

  • ブランドイメージの低下
  • 訴求が不明瞭になりメッセージが伝わりにくい
  • 広告効果の低減

⇒ “広告出稿の目的” が満たせない懸念

低画質の場合広告出稿の目的が果たせない

※画像はイメージです

■ 高画質の場合

  • 訴求内容が明確にわかる
  • クリック率・コンバージョン率にも好影響を与える

⇒ 訴求内容が鮮明になり「広告効果の向上」も見込める

高画質の場合は訴求内容が鮮明になる

※画像はイメージです
※高画質な画像とは、スマートフォンの解像度を考慮し、入稿規定の最小サイズの2倍の大きさで制作された画像のことを指します。(例:最小サイズが300×250の場合、600×500)

広告効果にも影響を与える画質

画質は、クリック率やコンバージョン率にも影響します。

画質によるクリック率やコンバージョン率への影響

Yahoo! JAPAN自社調べ(2021/05/01~2021/10/31)※すべての出稿に対して、効果を保証するものではありません。 計測対象:同一ターゲティングで2サイズ(最小サイズの300×250、2倍サイズの600×500)入稿されており、10クリック以上発生している画像

高解像度ディスプレイへの対応方法

画像制作時、下記のポイントを参考にしてください。
また、既に制作済みの方も、下記ポイントを押さえているか一度確認頂き、再制作もご検討ください。

高解像度ディスプレイへの対応方法

アップロードした画像は、広告管理ツールにて画像プレビューしてご確認ください。

ダウンロード資料(PDF一覧)

広告画像の画質の重要性について(PDF)

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703
平日9:30~12:00、13:00~18:00
(土日祝日お休み)

翌日以降(平日)のご希望日にご連絡いたします
(24時間受付)

まだYahoo!広告を始めていない方へ

「Yahoo!広告」だから
あなたの商品・サービスを探している人に届く!

Yahoo!広告の料金・事例・始め方がわかる

資料をダウンロード
お申し込みに関するお問い合わせ:0120-056-559
平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)
※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。