「2月に検索数の上昇が予想されるキーワード」を紹介します。

1年で最も寒さが厳しい月。ひな祭り、節分などの暮らしを彩る行事にはじまり、バレンタイン商戦、確定申告の準備へと突入していきます。1月から引き続き、密を避けたウインタースポーツ関連や、予約なしで行けるイチゴ狩りスポットの需要も高まる見込みです。
また、施設や店舗が営業しているか、営業時間に変更がないかを知りたいユーザーが増えているため、通常と異なるアプローチができる機会と捉えることができます。
ほかに、降雪、水道管の凍結、花粉症対策といった急を要するシーンのキーワードも押さえておくなど、ユーザーが情報を欲している時期を逃さずに訴求できるように、準備をすすめましょう。

*【ダウンロード資料 2021年2月の検索トレンド予想】 - PDF版 - Excel版

※検索トレンド予測は、昨年同時期のインターネットユーザーの検索データをもとに作成しています。弊社での広告掲載を保証するものではなく、キーワード登録後はすべて、弊社広告掲載基準による審査が実施されますので、あらかじめご了承ください。

検索動向を広告の成果につなげるには?

インターネットユーザーの動向をチェックだけして終わりとなってしまったら、もったいないことです。広告の集客で使えそうなキーワードがあったら、すぐに設定を見直しましょう! 用途は大きく分けて以下の2つです。

(1)キーワードの追加

自社のサービスに関連の深いキーワードが良く検索されていて、そのキーワードが検索広告の広告グループなどに未設定の場合は、すぐに追加しましょう。そうすることで、追加したキーワードで検索している人も、新たな広告の配信対象として取り込めます
(例)
ファッション通販サイトを運営しているA社様
検索動向を元に、夏は「水着」「Tシャツ」「タンクトップ」などを追加し、冬は「コート」「マフラー」「ダウン」などを追加するなど。
キーワードを作成する

(2)キーワードの入札価格の見直し

既に設定しているキーワードで、これからの時期にニーズ高まることがわかったら、入札価格を高めることで配信強化につなげましょう
キーワードの入札方法と入札価格の設定について≪具体的な設定内容≫

ポイント

ディスプレイ広告でも、特定のキーワードで検索した人を対象に広告配信できることはご存じですか? ディスプレイ広告の「サーチターゲティング」機能を利用すれば、特定のキーワードの検索履歴がある人を対象に広告配信できます。
サーチキーワードターゲティング

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703
平日9:30~12:00、13:00~18:00
(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。