こんな方はマッチタイプの絞り込みを検討しましょう

  • 平均CPC(クリック単価)が高い
  • 全てのキーワードを部分一致で運用しており、配信枠が広がりコスト消化が早くなっている方
  • 運用開始時から、訴求対象を広げ過ぎたままで運用を続けている方

なぜマッチタイプの変更が有効?

マッチタイプとは

キーワードは、広告主様が宣伝したい商品やサービスに関連する語句で、インターネットユーザーが探している情報と登録キーワードとの関連性が高いと、広告が表示されます。

マッチタイプは、登録キーワードに対して、インターネットユーザーが検索に使用したキーワード(検索キーワード)とどの程度厳密な一致を求めるかを指定し、どのような場合に広告を表示するかを決定するもので、「完全一致」「フレーズ一致」「部分一致」の3種類があります。

図はマッチタイプの概念を簡単に説明したものです。ピラミッド型は検索クエリーに対する広告の表示機会の量を表しています。つまり、上から下に向かって、より広告の表示機会が多くなっています。

マッチタイプを見直し「運用の改善」をしましょう

広告運用スタート時には、「完全一致」での運用は、広告を配信する対象を意図せず狭めてしまいかねず、大きな機会損失を招いてしまう可能性があります。そこで、運用開始時にはまず「部分一致」を設定して広告の表示機会を広げることがおススメです。(参照:マッチタイプを見直す

しかし、運用開始時の状態のまま運用を続けていると、配信の枠を広げすぎてしまっていることで、想定よりも早く日予算の消化が発生したり、CPC(クリック単価)が高い状態になっている場合もあります。

「部分一致」で運用しているキーワードが、想定外の対象にまで配信され続けているような場合には、キーワードを「フレーズ一致」でマッチタイプを絞り込んで新規追加することで、コストの消化を抑えることにつながる可能性がありますので検討しましょう。

マッチタイプ 拡張幅 メリット 新規クエリー対策
完全一致 狙ったクエリーのみを拾える ×
フレーズ一致 狙ったフレーズが含まれるクエリーのみを拾える
部分一致 極大 幅広くクエリーを拾える

人が考え付くキーワードには限界があり、毎月変化する検索クエリーを予測し続けることは不可能です。また、完全一致で 登録すると変化するクエリーに対応ができません。社名やサービス名など、拡張性が不要なキーワードは完全一致での運用がおすすめですが、部分一致で配信が広くなりすぎている場合には、「フレーズ一致」での新規追加も検討しましょう。

マッチタイプは変更ではなく新規で追加登録がおすすめ

部分一致で運用中のキーワードを「フレーズ一致」で運用をしたい場合には、新規で追加をしましょう。運用中のキーワードのマッチタイプを変更してしまうと、既存のキーワードは削除され新しいキーワードが作成されます。新しいキーワードの統計情報はゼロからの開始となり、既存のキーワードの統計情報は削除されてしまうため、必ず新規で追加を行いましょう。

不必要なキーワードは対象外キーワードに登録

対象外キーワードを設定すると、その語句を含む検索クエリーでは広告が表示されなくなるため、取り扱いのない商品・サービスに関する広告表示を減らすことができ、効率の改善に役立ちます。定期的な登録キーワードのメンテナンスを欠かさず、結果につながっていないキーワードは対象外キーワードに登録しましょう。

対象外キーワードについて

関連リンク

マッチタイプについて
検索クエリーレポート

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703
平日9:30~12:00、13:00~18:00
(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。