サーチターゲティングは、”顕在化されたニーズ”である「検索キーワード」でターゲティングを行うため、興味関心の明確なインターネットユーザーに対して広告配信が可能です。その効果を最大限発揮するためには、サーチキーワード選びが大切なポイントです。

サーチキーワードは、大きく2つの観点に分けて考えていきましょう。

1. 検索広告でパフォーマンスの良いキーワード

検索広告で効率よく成約に結びついているキーワードなら、サーチキーワードターゲティングでも成約に結びつく可能性が高いと考えられます。

まずは、現在運用しているス検索広告のキーワードを参考に設定しましょう。

2. ウェブサイトにコンテンツのないキーワード

サーチターゲティングは、検索広告と同様に「キーワード」を元に広告を配信する機能ですが、検索広告では使用することができない多彩なキーワードを、サーチキーワード候補から選択できるメリットがあります。

サーチキーワードから連想できるキーワード

サーチキーワードリストに登録したキーワードから、ターゲットとなるインターネットユーザーの人物像や行動を想像して、キーワードの候補を広げます。

例えばインテリア関連の広告を運用している場合には、「部屋探しや引っ越しをした人は、新居で使う家具を探す可能性が高い」と連想できます。そこで、サーチキーワードとして「新築」や「賃貸」、「引っ越し」などを登録することで、より配信対象が拡張します。サーチキーワードリストを作成した時点では想像していない未知のターゲット層まで範囲を広げたプロモーションが実現します。

サーチキーワード候補について

キーワード提案機能は、広告の誘導先URLを入力するだけで、自動的におすすめのキーワードを提案する機能です。
サーチキーワードは、サーチキーワードリスト作成時に表示される「サーチキーワード候補」から選択します。サーチキーワード候補に表示されないキーワードは、サーチキーワードリストに登録できません。

ウェブサイトの内容に関連したキーワードが候補一覧で表示されるので、らくらくキーワード選びをおこなうことができます。

詳しい設定手順は⇒サーチキーワードリストの作成(ヘルプ)から確認できます。

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703
平日9:30~12:00、13:00~18:00
(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。