検索広告

検索広告 目的別に運用改善策を探せるようになりました

検索広告の運用改善には様々な策があり、それらを組み合わせて日々改善を積み重ねていく広告運用がとても重要です。運用改善策を知り、今すぐ広告運用にお役立ていただける、「目的別に運用改善策を探す」記事をリリースいたしました。課題別・機能別に知りたい内容がすぐ見つかります。是非ご活用ください。




検索広告 目的別に「運用改善策」を探す

新形式の自動入札タイプ提供開始について

2021年9月27日(月)、検索広告の標準入札設定において、新形式の自動入札タイプが提供開始しました。
これまでは、広告掲載の目的の変更に応じて、キャンペーンに設定している入札方法を変更する必要がありましたが、入札方法を変更せずに自動入札タイプのオプション設定での調整が可能となり、より柔軟なキャンペーン運用に対応します。

※1 9/13以前より提要している自動入札タイプを旧形式と呼びます ※2 コンバージョン価値の最大化はキャンペーンの合計コンバージョン価値が最も高くなるように入札単価を自動で調整しながら予算を消化します 詳細の仕様は追ってご案内します
機能提供開始時は「コンバージョン価値の最大化」のオプション「広告費用対効果の目標値」の設定は必須です

詳細資料

マッチタイプ部分一致のシグナルについて

マッチタイプは、広告配信する検索クエリーの幅を決定するものです。部分一致はマッチタイプの中で最も多く広告が表示されますが、ユーザーの検索行動における意図をより理解し広告表示できるよう、他のマッチタイプ(完全一致およびフレーズ一致)よりも多様なシグナルを考慮します。

※自動入札機能において使われるシグナルと、本内容で参照するシグナルは異なるものです。自動入札機能が参照するシグナルは、広告オークション参加後の入札を決定する際に使われるものであり、広告オークション参加時に使われているわけではありません。

インターネットユーザーが検索するキーワードは日々変化をしており、検索クエリーの予測を全て人が行うことは不可能です。 「部分一致」を設定して広告の表示機会を広げ、その中から不必要な検索クエリーを「対象外キーワード」として設定することで、効果改善が見込めます。

マッチタイプを見直す

ディスプレイ広告(運用型)

【事前告知】「最終リンク先URL」の入稿が必須に

現在「リンク先URL」「表示URL」の入稿が必須ですが、2021年10月20日(水)より、「最終リンク先URL」の入稿が必須となります

スマートフォン向けURLやトラッキング用のURLを設定する項目も追加し、トラッキングURL、カスタムパラメータを用いることで、より柔軟に計測設定ができるようになります。

本リリースに伴い、現在の入稿形式は今後提供終了予定のため、全ての広告を新形式へ移行する必要がございます

詳細は以下よりご確認ください。
【事前告知】「最終リンク先URL」の入稿が必須に<ディスプレイ広告(運用型)>

自動入札タイプ「広告費用対効果の目標値」ご利用事例のご紹介

自動入札タイプ「広告費用対効果の目標値」は、目標とする平均広告費用対効果(ROAS)を維持しながら、できるだけ多くのコンバージョンの価値を獲得できるように入札価格が自動的に調整されます。 「広告費用対効果の目標値」を設定後、効果が改善した事例をご紹介いたします。

自動入札タイプ「広告費用対効果の目標値」ご利用事例のご紹介

類似ターゲティングの精度改善:より獲得が見込めるユーザーへの配信が可能に

これまでは、類似リストを作成後約30日間をかけて徐々に類似ユーザーを蓄積していましたが、改善後は蓄積期間を短くします。これにより、改善前よりも獲得効率が向上する見込みです。10月5日(火)にすべての類似リストに対して精度改善後のロジックを適用します。


類似ターゲティングの精度改善について
類似リストとは

関連リンク

リリースノート
>>ページTOPに戻る

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703
平日9:30~12:00、13:00~18:00
(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。