オーディエンスカテゴリーターゲティングとは

特定のカテゴリーに興味・関心を持ったインターネットユーザーや、特定の属性・ライフイベントを 迎えるユーザー層に対して広告を配信できるターゲティング機能です。
オーディエンスカテゴリーには3つの「カテゴリータイプ」があり、それぞれ複数の「オーディエンスカテゴリー」に分かれます。

オーディエンスカテゴリーターゲティングでは、「興味関心」「購買意向」「属性・ライフイベント」の3つのカテゴリータイプからターゲティング対象とするオーディエンスカテゴリーを選択します。 各カテゴリータイプの詳細は以下のとおりです。

※画像をクリックすると拡大します

ポイント

  • オーディエンスカテゴリーターゲティングは、Yahoo!広告 ディスプレイ広告(運用型)の広告管理ツールでのみ設定・編集できます。YDNの広告管理ツールでは設定および編集はできませんのでご注意ください。
    ≫オーディエンスカテゴリーターゲティング

YDNのキャンペーンを運用型に変更するとどうなる

YDNのキャンペーンを運用型形式のキャンペーンに変換すると、設定済みのインタレストカテゴリーに類似したオーディエンスカテゴリーが自動で設定されます。 ※インタレストカテゴリーターゲティングはディスプレイ広告(YDN)でのみ利用可能なターゲティングです。

インタレストカテゴリーとオーディエンスカテゴリーは、カテゴリー体系やユーザーの抽出ロジックが異なります。 自動で設定されるのは、あくまで類似するオーディエンスカテゴリーのため、 もとのインタレストカテゴリーと完全には一致しません。変更前後のカテゴリー数が変わったり、「設定なし」となる可能性もあります。 また、同じ名称のカテゴリーであったとしても、配信傾向が変わる可能性がありますので、設定後はパフォーマンスを確認することが重要です。

また、インタレストカテゴリーに設定されている入札価格調整率の設定は引き継がれません。オーディエンスカテゴリーの入札価格調整率は全て「0%」で設定されるため、キャンペーン変換後に適宜設定をお願いします。

YDNキャンペーンの変換については「YDNのキャンペーンをディスプレイ広告(運用型)の形式に変換する」を参照してください。

▼インタレストカテゴリーターゲティング(YDN)
▼オーディエンスカテゴリーターゲティングの設定

効果的なオーディエンスカテゴリーを選択するには

パフォーマンスレポートでは、オーディエンスカテゴリーターゲティングの設定有無にかかわらず、オーディエンスカテゴリーごとの実績値が表示されます。どのようなオーディエンスに広告が配信され、クリックや動画再生が発生しているかを確認し、 ターゲティング設定に活かすことができます。

≫パフォーマンスレポート・テンプレートの作成

関連リンク

【ディスプレイ広告】ディスプレイ広告 (運用型)オーディエンスカテゴリーの追加と一部構成の変更

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703
平日9:30~12:00、13:00~18:00
(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。