まとめられる広告は同じ広告グループにまとめることがポイント

なぜ、広告グループはなるべく分散させず、まとめて運用することが重要なのでしょうか?それは、 広告効果を高められる傾向にあるからです。

単純に、運用効率をアップするためだけではなく、まとめられる広告グループはまとめることで、「広告の品質」が正しく評価され、結果的に広告効果の改善・アップにつなげられる可能性があります。

  • 同じキーワード軸を持つ広告グループは1つにまとめる(訴求内容が同一であればまとめる)
  • 同じ広告文とリンク先を持つ広告グループは1つにまとめる

例えば、同一キーワードでマッチタイプが異なる場合でも、リンク先が同じなら広告グループはまとめることで、運用の煩雑化や配信実績の分散を防ぐことに繋がります。
また、配信デバイスごとに広告グループを分けて運用している場合も、入札価格調整率を設定することで広告グループをまとめて運用しましょう。

デバイスごとの入札価格調整率の確認と変更
入札価格調整機能とは

関連リンク

【動画で見る】キャンペーンの作り方
検索キーワードの探し方
【過去の運用セミナー一覧はココから!】検索広告の基礎から運用のお悩みを動画で解決!

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703
平日9:30~12:00、13:00~18:00
(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。