コンバージョン数(CV)は伸びているに、最終的な広告の費用対効果(※1ROAS)で思うような成果が出ていないことはありませんか?
そんな時におすすめなのが、自動入札の入札戦略の1つである広告費用対効果の目標値(tROAS)です。

※1.ROAS(Return On Advertising Spend)とは、「投資した広告費用の回収率」のことです。広告掲載料1円あたりで獲得したコンバージョンの価値を示します

広告費用対効果の目標値(tROAS)とは?

目標とする平均広告費用対効果(ROAS)を維持しながら、できるだけ多くのコンバージョンを獲得できるように入札価格を自動的に調整する入札戦略です。

≫ 自動入札タイプ「広告費用対効果の目標値」(ヘルプ)

2021年7月の精度改善で、広告費用対効果の目標値を利用するキャンペーンの90%で効果が改善※の結果も!

※調査期間:2021/5/11-6/13、調査キャンペーン数:197、実施内容:広告費用対効果の目標値を利用中のキャンペーンで精度改善前後のABテストを実施・比較
詳細はこちらの資料をご参照ください

広告費用対効果の目標値(tROAS)は何に向いている?

サイト内に価格帯や利益率が異なる複数のサービス・商品があり、コンバージョンごとの価値の違いを考慮しながら、全体の価値を最大化したい場合に適しています。

例)

  • ・商品・サービスで価格や利益率が大きく異なる
  • ・目標とする顧客獲得単価(CPA)が商品ごとに大きく異なる
  • ・目標とする広告費用効果(ROAS)が決まっている
  • 導入企業の成功事例のご紹介

    「市場全体の流通額最大化」を掲げる楽天市場のマーケティングチームでは、広告費用対効果の目標値(tROAS)を活用し、ROAS(投資した広告費用の回収率)45%向上、広告経由流通額38%増加しました。

    広告費用対効果の目標値(tROAS)活用のポイント3つは、こちらからご覧ください。
    ≫楽天市場 | Yahoo! JAPAN 入札戦略tROASの活用によりROAS 45%向上、広告経由流通額38%増加


    設定時のポイント!

    • お客様の商材に応じて適切な広告費用対効果の目標値を設定してください
    • 過去30日間に15件以上のコンバージョンを獲得している必要があります
      過去30日間にコンバージョン数が50件以上発生しているキャンペーンへの設定を推奨します
    • 設定後に30日間でコンバージョン実績が一定件数発生しない場合、予測に十分なデータが集まらないため、自動入札の精度が低下します
      コンバージョンが継続的に発生しているキャンペーンでのご利用をおすすめします

    関連リンク

    自動入札タイプ「広告費用対効果の目標値」を設定するには、コンバージョン測定を設定している必要があります。
    ※コンバージョン測定を設定していれば、該当のキャンペーンにコンバージョン数が発生している必要はありません。

    ≫ 広告の成果を知る<コンバージョン測定>設定方法を動画で確認!

    自動入札については以下をご覧ください。
    「自動入札」で目標に合わせて入札価格を自動で調整
    【検索広告】自動入札を使いこなす!<広告運用セミナー>

    学んだ内容を広告運用に活かしましょう

    スタッフが操作を無料でご案内します。
    お気軽にお問い合わせください。

    0120-559-703
    平日9:30~12:00、13:00~18:00
    (土日祝日お休み)

    翌日以降(平日)のご希望日にご連絡いたします
    (24時間受付)

    まだYahoo!広告を始めていない方へ

    「Yahoo!広告」だから
    あなたの商品・サービスを探している人に届く!

    Yahoo!広告の料金・事例・始め方がわかる

    資料をダウンロード
    お申し込みに関するお問い合わせ:0120-056-559
    平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)
    ※注意事項
    掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
    例示している画面はイメージです。
    例示している組織・団体名、数字は架空のものです。