検索広告運用課題の8割が解決!
“ロジックツリー”を一挙大公開

ロジックツリーとは

ロジックツリーは、問題の原因や解決策を導く際に役立つツールです。ものごとの原因と結果が一目でわかるため、問題点や解決策を見つけやすくなります。



例えば・・・CPA(顧客獲得単価)を下げる手法

CPA(顧客獲得単価)を下げるには、「ご利用金額を下げる」ことで解決できます。「ご利用金額を下げる」には、「効果悪化原因となっているクリックの数を減らす」「CPCを下げる」ことで解決が出来ます。

「効果悪化原因となっているクリックの数を減らす」には、「キーワードの削除」「対象外キーワードの追加」「入札価格を下げる」「ターゲティングの設定見直し」などが解決策として挙げられます。

このように、課題を体系的に捉えブレイクダウンしていくことで、今取り組むべきことがわかるようになります。

動画内でご紹介したロジックツリーを確認し、早速課題解決に活かしましょう。

≫ロジックツリーを確認する(保存用)

<資料内の略字について>
・CPA:1コンバージョンあたりの獲得単価です。コストをコンバージョン数で割って算出します。
・KW:キーワード
・対象外KW:対象外キーワード
・CPC:クリック単価
・CTR:クリック率
・KW自動挿入:キーワード自動挿入機能
・CV数:コンバージョン数
・Imps:インプレッション(広告の表示回数)
・LPO:ランディングページ最適化
・EFO:入力フォーム最適化

>検索広告用語集

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703
平日9:30~12:00、13:00~18:00
(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。