広告のメンテナンス方法

なぜメンテナンスが必要?

「かんたん広告作成機能」を利用して広告を作成すると、 検索ユーザーに訪れて欲しいWebページを指定するだけで、システムが自動で関連性の高いキーワードに対して広告を配信してくれます。

一方で、キーワードの網羅性が⾼いということは、広告主様が意図しないキーワードで配信される可能性が少なからずあります。 そのため、「対象外キーワード」を設定し、好ましくないキーワードは除外するメンテンナンスが重要です。

かんたん広告作成機能で作成した広告が、実際にどんなキーワードで検索された時に表示され、そのくらいのパフォーマンスが出ているのかを確認しましょう。

どんなキーワードで検索され広告が表示されているのか確認する

まずはかんたん広告作成機能で作成した広告がどんなキーワードで検索をした場合に表示されているのかを確認しましょう。

検索クエリーレポート(動的検索連動型広告)

意図しないキーワードで配信されないようにするには?

レポートを確認し、効果の低いクエリーを特定して、対象外キーワードとして追加しましょう。 対象外キーワードツールから対象外キーワードを追加可能です。

対象外キーワードツール

関連リンク

≫ 動的検索連動型広告の配信実績の確認について(パフォーマンスレポート)
≫ 検索クエリーレポート(動的検索連動型広告)
≫ 対象外キーワードについて
≫ 対象外キーワードの追加方法
≫ 「新しい流入」が期待できる動的検索連動型広告を設定しよう

学んだ内容を広告運用に活かしましょう

スタッフが操作を無料でご案内します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-559-703
平日9:30~12:00、13:00~18:00
(土日祝日お休み)

※注意事項
掲載している内容はページ作成時点の情報です。機能や仕様は予告なく変更される可能性がありますので、ご了承ください。
例示している画面はイメージです。
例示している組織・団体名、数字は架空のものです。