このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

ディスプレイ広告(運用型)の活用

ディスプレイ広告(運用型)の多様な機能と活用の方法を知り、広告を効果的に配信しましょう。

ディスプレイ広告の強みを知る

あなたの商品・サービスに興味のある幅広い層へアプローチします

Yahoo!広告では、検索広告、ディスプレイ広告という2種類の広告を利用することができます。
検索広告は、「今まさに」検索している、「成約につながる可能性が高い」ユーザーにアプローチできるという強みがある一方で
ディスプレイ広告は、ユーザーの属性情報、「過去に閲覧したページ」「過去検索したキーワード」などの情報をもとに広告を表示する仕組みです。そのため、潜在的にあなたの商品・サービスに興味がある幅広い層にアプローチできるのが強みといえます。

ディスプレイ広告

潜在的にあなたの商品・サービスに興味がある、
幅広いユーザー層に届く

検索広告

「今まさに」探している、
ニーズが顕在化しているユーザーに届く

効率よく広告を配信するために

広告出稿の目的を選択しましょう

ディスプレイ広告は、作成した広告キャンペーンの配信目的を設定すると、自動的にその目的に合わせた最適な形で広告が配信されます。あなたが広告を出稿する目的を6種類の項目から選択し、広告を効率よく配信しましょう!

  • サイト誘導
    貴社サイトへの訪問数を増やすことを目的に広告を出稿する場合、配信目的を「サイト誘導」に設定します。
  • コンバージョン
    商品の購入や特定のページへのアクセスなど、貴社独自の目標(=コンバージョン)の獲得件数を増やしたい場合は、配信目的を「コンバージョン」に設定します。

そのほか、配信目的として「ブランド認知」「動画再生」「アプリ誘導」「商品リスト訴求」を選択することができます。(※)

※詳しくは、ディスプレイ広告(運用型)とはをご覧ください。

広告を届けたい人に届けるために

ターゲティング機能を活用しましょう

ディスプレイ広告には、適切なユーザーに適切なタイミングで広告を配信するため、豊富なターゲティング機能が用意されています。あなたのビジネスの業態や顧客層に合わせて、様々な機能を組み合わせながらターゲットを設定し、広告を活用していきましょう。たとえば、以下のような活用方法が考えられます。

周辺に住んでいる方に知ってもらいたいなら

地域ターゲティング

「新しく店舗を立ち上げたが、あまり認知されていない。」「まずは周辺に住んでいる方に知ってもらい、集客を増やしたい。」そんな方には、地域ターゲティングがおすすめです。地域ターゲティングは、都道府県や市区郡単位で広告を表示します。地域内での認知を上げたい場合に活用いただけます。

あなたのサイトに興味関心が高いユーザーを集客したいなら

サーチキーワードターゲティング

検索エンジンで検索し、貴社のサイトに訪問してくる興味関心度が高いユーザーの集客には、サーチキーワードターゲティングがおすすめです。サーチキーワードターゲティングは、貴社に関連するキーワードを過去に検索したユーザーに限定して広告を表示します。貴社の見込み顧客に対して、検索していないときでもアプローチが可能になります。

特定のカテゴリーに興味のある方にリーチしたいなら

オーディエンスカテゴリーターゲティング

「競合他社のこの商品に興味のある人は、きっと自社の商品にも興味があるはず。」そんなときにおすすめなのが、オーディエンスカテゴリーターゲティングです。該当のカテゴリーに興味・関心を持ったインターネットユーザーや、家族構成など特定の属性を持つユーザー、また結婚や引越しといったライフイベントを迎えるユーザー層などに対して広告を配信することができます。

その他のターゲティング機能

その他、ディスプレイ広告では、以下のようにさまざまなターゲティング機能を利用できます。さまざまな機能をお試しいただき、貴社に合う活用方法を見つけましょう。

  • 性別・年齢・地域ターゲティング
    広告の閲覧ユーザーの性別、年代をあらかじめ設定して、対象を絞り込むことができます。ユーザーの所在地や検索キーワードに含まれる地域での配信も可能です。
  • 曜日・時間帯ターゲティング
    設定した曜日や時間帯(1時間単位)で広告を配信します。※日本時間
  • デバイスターゲティング
    PC、スマートフォン、タブレットのすべてに広告を配信するか、特定のデバイスに限定して配信するかを選択できます。スマートフォンのOSや、配信面の選択も可能です。
  • プレイスメントターゲティング
    広告の配信先を制御できます。広告を配信したい、または配信対象外としたいウェブページを指定します。
  • サイトリターゲティング
    過去に貴社のサイトや特定のページに訪れたユーザーに対して広告を表示します。商品ページから離脱してしまったユーザーへ、購入を促すことが可能です。
  • サイトカテゴリーターゲティング
    広告を配信するサイト(広告掲載面)のカテゴリーを設定します。

※詳しくは、ターゲティング設定についてをご覧ください。

まずは無料の個別カウンセリングから!

ヤフーでは広告を始める前のお客様の出稿目的に合わせた広告プランやご予算のご相談にも、おこたえしております。
インターネットの専門用語がわからなくてもお客様のペースに合わせてご説明いたします。

※アフィリエイトサイトに代表される成果報酬型サイトは広告出稿いただけませんので、あらかじめご了承ください。

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)
※現在、LINEの窓口は一般広告主様専用です

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード
本文はここまでです このページの先頭へ