このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

広告運用を自分でおこなうには? 始める際のポイントや注意点を解説

集客率アップや売上向上のためには、効果的な広告運用が欠かせません。これからリスティング広告などのWeb広告を自分で始めてみようと考えている個人事業者や企業担当者の方も多いことでしょう。

本記事では、広告運用をはじめるまでの流れ、Web広告をはじめる際のポイント、注意点、初心者に向くWeb広告の種類などを解説します。基本知識を一通り知っておくと、スムーズに広告運用をスタートできるので参考にしてみてください。

広告運用を自分で始める前の準備

広告運用をスタートする前におこなっておきたい準備があります。ここでは5つのポイントをご紹介します。

広告運用の準備と流れ

製品・サービスの顧客を確認する

広告運用は、自社製品・サービスの顧客層の理解からはじめることが大切です。自社の顧客の性別、年齢層、地域、関心の高いカテゴリーなどを調べましょう。実店舗を経営しているなら、アンケートや会員情報を確認する手法があります。EC事業なら、自社サイトへのアクセス履歴の分析が可能です。
自社製品やサービスの顧客層について確認する時間がない場合には、日々の業務の中でお客様に自社商品についての感想や悩みなどをきいてみてもいいでしょう。

また必要に応じて、自社の強みやオリジナリティは何かを見直しましょう。特に新規顧客獲得が目標の場合は、自社製品・サービスに関心を持ちそうな潜在層を推測する必要があります。

製品・サービスの市場を調べる

自社にとって効果的な広告を決定するためには、市場調査も必要です。とはいえ、リサーチ会社の統計調査やコンサルティングを受けることは、多くの事業者にとってハードルが高いと思います。

そのため、まずは「デスクリサーチ」と呼ばれる、インターネットを使った調査からスタートするのが一般的です。官公庁やシンクタンクが公開しているデータを収集し、そのうえで不足情報を補えば、費用を抑えて効率的に調査できます。

次に活用したいのが、検索エンジンやWeb広告のプラットフォームが提供しているデータです。例えば、Yahoo! JAPANでは、市場ポテンシャルや潜在ニーズなどの分析レポートを提供しています。また、後ほど説明するWeb広告のターゲティング機能を使えば、市場調査と広告運用を簡単に連携できます。

広告予算を決定する

広告予算を事前に決めておくことも重要です。広告予算に応じて、出稿できる広告手法が限られる場合があります。また、複数の出稿先がある場合は、広告費の配分も検討しなければなりません。

特にチラシやマスメディアへの広告掲載などの手段を使う場合は、初期費用が大きいので注意が必要です。その点、Web広告は1日あたりの上限予算やキャンペーンごとの広告予算を設定でき、数千円から始めることができます。また、リアルタイムで発生した費用を観測でき、広告費をコントロールしやすいメリットもあります。

広告に割けるリソースを確認する

広告予算のほかに確認しておきたいのは、広告運用に関わる人的リソースです。会社や事業の規模によって、必要なリソースは異なってきます。
例えば個人経営の小規模事業であれば、広告運用を自分自身でおこなうことも可能でしょう。また、「月1万円程度の予算で運用したい」といったように少額運用を想定しているのであれば、ひとりで運用することも可能です。

自社でどれだけ広告にリソースを割けるのかをチェックしておきましょう。

実際に出稿する広告を決定する

顧客と市場の分析が終わり、広告費と社内リソースを確保したら、具体的な広告運用方法を決定します。オフラインの広告は初期費用が高く、手間もかかりやすいため、はじめて広告を作成する企業や個人事業者におすすめの手法はWeb広告です。

Web広告の一例を挙げると、以下のようにさまざまな種類があります。

種類 特徴
リスティング広告 Yahoo! JAPANなどの検索エンジンの検索結果ページに表示される広告
ディスプレイ広告 Webサイトの広告枠に表示される広告
SNS広告 ソーシャルネットワーキングサービスに表示される広告
アフィリエイト広告 Webサイトや個人ブログなどに自主的に掲載してもらう広告(成果に応じて報酬を支払う)

このうち、導入しやすく成果を出しやすいのが、リスティング広告とディスプレイ広告です。これらはユーザー層に偏りがなく、業種や製品・サービスを選びません。

自分で広告を始める際のポイント

Web広告運用をはじめる際には、ターゲティング機能やレポート機能などの便利な使い方を理解することが大切です。使い方がわからない場合は、Web広告の運用会社のサポートサービスも活用しましょう。

効果的な機能を活用する

Web広告のプラットフォームは、ターゲティングや成果測定などの便利な機能を提供しています。

例えばYahoo!広告のディスプレイ広告では、年齢、地域、Webサイトのカテゴリーなどを絞り広告が掲載できます。さまざまな条件を組み合わせられるため、上手に活用すると顧客層に効率的に掲載でき、広告費も減らせます。

また、広告運用の結果も自動的に集計できます。例えば、キャンペーンや広告出稿先ごとに、広告掲載数やクリック数などを閲覧可能です。成果測定の機能を使用して広告運用のPDCAサイクルを早く回すことが、短期間で結果を出すためのポイントです。

サポートを活用する

Web広告の経験がない場合や広告運用のリスクを減らしたい場合は、運営会社のサポートサービスの利用も検討しましょう

Yahoo!広告では専門用語や月額予算がわからない方などに対し、専門スタッフが無料でカウンセリングをおこない、掲載開始までの設定を代行しています。広告掲載後も効果を高めるためのアドバイスがもらえます。

Yahoo!広告のサポートについて、こちらの記事でも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

検索広告 初期設定サービスについて詳しく見る

自分で広告を始める際の注意点

Web広告は個人でも手軽にはじめられますが、広告表示規制と入稿規定に注意が必要です。違反すると広告を出稿できなかったり、正しく表示されなかったりと問題が起きることがあります。

広告表示規制

広告表示規制は、商品・サービスの価格や品質に関する情報について、消費者に誤認を与える恐れのある表示を規制するものです

Yahoo!広告では、「広告表現規制」を設け、広告掲載の基準を明文化しています。テキスト、静止画、動画、アニメーションなどすべての形式で広告表示規制を満たしていないと、出稿できません。

規制内容には、広告主の明記、ユーザーに不快感や誤解を与える表現の禁止、競合他社との不公平な比較表現の禁止などがあります。また、人種や性別、宗教などに関する人権に配慮していない表現も禁じられています。

そのほか「サイトを訪問したあなたへ」「20代の方へ」など、ターゲティングを意識させる表現の規制など、Web広告特有の内容も含まれています。景表法や薬機法を遵守するだけでなく、広告表示規制の内容も、公式サイトでチェックしておきましょう。

広告表現規制について詳しく見る

入稿規定

入稿規定とは、タイトルの文字数や画像のピクセル数、縦横比などのルールを定めたものです。入稿規定に従わないと、正しく広告掲載されない可能性があります。

入稿規定はディスプレイ広告やリスティング広告など、広告の種類によって異なります。また、同じディスプレイ広告でも、バナー広告、レスポンシブ広告、動的ディスプレイ広告などのフォーマットによっても変わります。

【広告】入稿規定について詳しく見る

初心者でも簡単に始められるYahoo!広告

Yahoo!広告なら、初心者でも簡単にWeb広告をスタートして、成果につなげられます。ここでは、Yahoo!広告のリスティング広告とディスプレイ広告の概要と特徴を紹介します。

リスティング広告

リスティング広告は、Yahoo! JAPANで検索したキーワードに連動して検索結果ページに表示される広告です。検索結果ページに「広告」と表示されているサイトがリスティング広告です。

リスティング広告は大企業だけでなく、中小企業や個人事業者も多く活用しています。例えば、「渋谷 ラーメン店」などの検索キーワードを登録すると、渋谷でラーメン店を探していると思われる検索ユーザーに、自分のお店の広告を表示できます。

このようにリスティング広告は、今ニーズが高まっている人に広告掲載できるのが特徴です。また、キーワード選定によって他社との競合を避け、自社の強みをアピールできます。

リスティング広告について、こちらの記事でも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

【自分で運用できる? 「リスティング広告(検索広告)」の仕組みと始め方を理解しよう】」を読む

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、Yahoo! JAPANのトップページやYahoo!広告が提携している他のWebサイトの広告枠に表示する広告です。画像や動画付きで掲載できるため、訴求力の高い広告を表示できます。

ディスプレイ広告の特徴は、多彩なターゲティング機能を使えることです。性別や年齢、興味や関心、Webサイトなどの条件を組み合わせることで、広告効果を高められます。

また、目的に応じた課金方式を選べるのもメリットです。例えば、認知向上なら広告掲載数に応じて課金される「インプレッション課金」、行動喚起なら広告クリックに応じて課金される「クリック課金」が向いています。

ディスプレイ広告や課金方法の種類について、こちらの記事でも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

ディスプレイ広告とは? リスティング広告とどう違う? 成功させるコツも解説」を読む

インターネット(Web)広告に必要な費用は? 課金方法や費用を抑えるためのポイントも解説」を読む

まとめ

Web広告は大企業だけでなく中小企業や個人事業者も有効活用できます。ターゲットとなる顧客や市場を調査したうえ、目的に合った出稿媒体と広告種類を選びましょう。

初心者でも取り組みやすいのは、Yahoo!広告のリスティング広告とディスプレイ広告です。どちらも効率的に自社の顧客層に広告掲載できます。お困りごとがあれば、Yahoo!広告の専門スタッフによる個別カウンセリングや設定代行をご利用ください。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード

資料をダウンロード

資料をダウンロード

お申込み