このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

広告とマーケティングは違う? 関係性や成功に導く方法を解説

広告とマーケティングの違いが明確に理解できているか不安だという方もいるのではないでしょうか。両者は異なる取り組みですが、実は深い関係性があります。

本記事では、広告とマーケティングの違いや関係性を紹介し、広告とマーケティングを活用したポイントを解説します。ぜひ参考にしてみてください。

広告とは?

広告とは、企業が広告費用を支払うことで、自社が伝えたい情報を配信できる手法です。以下では2つのポイントから、広告の概要を説明します。

広告の特徴と主な役割

広告は、テレビ、新聞、Webサイトなどの各種広告メディアが設けている広告枠を企業が料金を支払って買い取り、自社の製品やサービス内容などの情報を配信するために使われます。

企業は広告を活用することで、自社が伝えたい情報を効果的にターゲットユーザーに届けられます。新製品やサービスの紹介、商品の購入促進、自社ブランドの認知拡大、店舗やイベントへの集客、求人など、さまざまな目的に活用できます。効率的な広告運用は、最終的には売上拡大や企業成長、イメージアップなどの成果へとつながります。

広告の種類

広告には、大きく分けてオンライン広告とオフライン広告の2種類があります。

オンライン広告はWeb広告とも呼ばれ、インターネット上で表示される広告全般を指します。表示形式や課金形式により種類の分類方法は異なりますが、以下のような種類が挙げられます。

・Webサイトに表示されるディスプレイ広告
・検索エンジンの検索結果に連動して表示されるリスティング広告
・SNSサイト・アプリ内に表示されるSNS広告
・Webメール上に表示されるメール広告

一方、オフライン広告はインターネットを介さずに表示される広告を指します。以下はその一部の例です。

・従来的な4マス広告(新聞・雑誌・テレビ・ラジオ)
・電車・タクシーなどの車内広告
・電柱や壁面、屋上などの屋外に掲載される屋外広告
・フリーペーパー、ダイレクトメール、ポスティングチラシ

Web広告の種類や仕組みは以下の記事でも解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

Web広告(ネット広告)とは? 主な種類から課金方式まで解説」を読む

Web広告(ネット広告)の仕組みは? 種類別の特徴やメリットを紹介」を読む

マーケティングとは?

マーケティングは「商品やサービスが売れる仕組みづくり」全般を指します。マーケティングには広範囲にわたる手法が含まれ、さらに時代の変遷に応じて手法も変化するため、明確な定義が難しい用語です。以下では2つのポイントから、マーケティングの概要を説明します。

マーケティングの特徴と主な役割

マーケティングは、企業がものやサービスを売りやすくするための仕組みをつくるアプローチ手法です。マーケティング活動では、消費者がいま何を求めているのかといった課題やニーズをリサーチし、その結果を商品開発や販売手法に活用します。また、顧客の反応を参考に、自社の商品やサービスに対する認知・理解を浸透させながら、アプローチや戦略に改善を加えていきます。

マーケティングではさまざまな手法が活用されますが、目的は主に購買促進などの売上拡大です。加えて、新規顧客開拓や既存顧客の維持、ロイヤリティの向上、新たな顧客価値創造なども挙げられます。

マーケティングについて、下記でも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

今さら聞けない「マーケティング」とは?ヤフー担当者が答える「お悩み相談」」を読む

マーケティングの種類

マーケティングにはさまざまな種類が存在しますが、以下の2つに分類できます。

<マーケティング対象で分類>
・マスマーケティング:対象を特定せず、マス(一般大衆)に向けておこなう画一的なマーケティング
・ダイレクトマーケティング:個々のユーザーを対象とする双方向なマーケティング

<マーケティング媒体で分類>
・リアルマーケティング:店舗やイベントなど、ユーザーと現実に対面する現場でおこなうマーケティング
・デジタルマーケティング:インターネットやIT技術などのデジタルを活用してユーザーとの接点を持つマーケティング

広告とマーケティングの関係性

マーケティングは、企業がものを売るための仕組みをつくるためのアプローチ手法を活用すると述べましたが、広告もその手法のひとつです。マーケティングを通じて、商品の販売促進やブランディングの向上、イベントへの集客など実現したい目的を達成するうえで、広告は効果的な手法です。

広告とマーケティングを活用して効果を出すには

ここでは、広告とマーケティングを上手に活用して効果を上げるポイントをご紹介します。

広告とマーケティングの役割を理解する

広告とマーケティングを活用して効果を出すには、まず広告とマーケティングがそれぞれどのような役割を果たすのかを理解することが大切です。それぞれの役割の理解が、取るべき手法を選択する際の判断軸となります。

マーケティングには自社の製品やサービスに関する情報を効果的に伝え、売上などの成果につなげる役割があります。さらに、広告はマーケティングの効果を高めるための手段の1つであり、広告自体が目的とはなりません。場合によっては、広告の出稿そのものが目的化してしまい、マーケティングで掲げた目的を果たせずに失敗するケースもあります。順序を間違えないためにも、広告とマーケティングの役割の違いを理解して、適切な戦略に組み込むことが大切です。

ユーザーの行動や考えを把握する

ターゲットユーザーの行動や思考の理解も重要です。ユーザーの関心分野、課題対象、課題解決に向けての行動を洗い出す取り組みをマーケティングで実行しましょう。

ユーザーの行動や思考が適切に理解できれば、用いるべきマーケティング手法の予測が可能です。例えば、広告でどのようなメッセージや情報を発信すればユーザーの興味・共感を惹きつけられるかなどを想定できます。

予測をもとに出稿した広告で成果が上がらなかった場合でも、次によりよい広告を作成して成果を改善するための手がかりとなります。オンライン広告では、掲載中でも広告の改善が容易におこなえます。

マーケティングで集めたデータを広告に活かす

マーケティングで収集したデータを広告で有効活用しましょう。マーケティングでは、市場リサーチ、ペルソナ設定、アンケート調査、各種キャンペーンなどさまざまな手法を活用し、ユーザーの属性や関心事など膨大な量のデータを収集し続けています。

収集されたデータをもとに考察を深め、実際に広告の準備段階で制作するクリエイティブに反映します。例えば、ターゲティングの精度を高めるために活用することで、さらに効率的な広告運用が期待できます。

競合他社との棲み分けを明確にする

自社の特徴を理解し、競合他社と差別化できる点を明確化することも大切です。差別化やアピールポイントが明確になると、次に取るべき手法を決められます。マーケティングで自社の特徴・強み・他社にはない優位点を洗い出せば、さまざまな差別化ポイントが見えてくるでしょう。

広告を出稿する際、他社との差別化ポイントを広告文やクリエイティブに反映すれば、唯一無二の魅力が伝えられる広告を制作できます。

目的達成を可能にするYahoo!広告の特徴

Yahoo!広告は日本最大級のWeb広告サービスです。Yahoo! JAPANをはじめとする複数のメディアや関連ネットワークを通じた高い集客力と、ユーザーリサーチ率が強みです。
広告運用の経験がない人でも、出稿前に相談したり、広告掲載後の運用効果改善に向けたアドバイスをもらえたりするため、安心して適切な広告が運用できます。さらに、初期設定から公開までの準備を専門家が無料で代行する「初期設定サービス」も利用可能です。

まとめ

マーケティングとは、企業の商品やサービスを売る仕組みをさまざまな手法でつくりあげるのに対して、広告はマーケティングの目的を達成するために活用される手法のひとつです。また広告は、企業が消費者や社会に伝えたいメッセージを効果的に届けるための手法です。広告とマーケティングの異なる特徴を理解し活用することで、それぞれの強みを生かしてさらなる成果を達成できます。

広告運用をはじめたい人は、Yahoo!広告の活用がおすすめです。Yahoo!広告は、マーケティングの成果を高める豊富な広告ノウハウを提供しております。広告運用の経験がない初心者でも安心してスタートできるサポート体制も充実しているので、ぜひお気軽にご相談ください。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード

資料をダウンロード

資料をダウンロード

お申込み