このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

広告出稿はタイミングが重要? 広告の効果を最大化させるためには

Web広告は、出稿するタイミングで効果が大きく左右されます。本記事では、なぜWeb広告を出稿するタイミングが重要なのか、適切なタイミングの決め方や失敗例も踏まえて詳しく解説します。

Web広告で期待していた効果が出せていない方や、これから運用する予定のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

Web広告は出稿のタイミングを決められる

Web広告にはさまざまなメリットがありますが、そのひとつに広告主が配信のタイミングを自由に設定できる点が挙げられます。出稿時の設定や機能を利用すれば、好きなタイミングで広告が配信できます。

テレビCMや新聞、雑誌広告など従来のオフライン広告では、特定のタイミングに絞った広告配信は難しいとされてきました。例えばテレビCMの場合、ある程度幅がある時間枠を購入して出稿します。一方で、広告を出稿するタイミングが決められるWeb広告は、従来の広告と比較しても魅力的な手法だといえます。

なぜ広告出稿はタイミングが重要なのか

そもそも、なぜ広告は出稿するタイミングが重要なのでしょうか。その理由を3点に分けて解説します。

広告を見てもらわないと意味がない

広告はオンラインでも、見てくれるユーザーがいなければ出稿する意味がありません。人の目に触れ、情報が伝わることで、商品に関心を持ってもらえたり購入につながったりします。

不適切な時間帯に広告を配信した場合、ターゲット層のユーザーの目には届きません。仮にユーザーが見たとしても、商品やサービスのターゲットではない可能性があります。結果的に、意味のない広告の掲載で無駄なコストがかかってしまいます。

ターゲット層へ効率的にアプローチできる

タイミングよく広告を出稿できると、より効率的にターゲット層にアプローチできます。Web広告では、ターゲット層の行動パターンに合わせた広告出稿が可能です。行動パターンを分析すると、もっとも目に留まりやすい時間帯が把握できます。

費用対効果が高まる

Web広告は少ない費用でも広告出稿が可能ですが、配信時間を絞ると、さらに高い費用対効果が得られます。前述したとおり、ターゲットの目に留まりやすい時間帯のみに広告を掲載できるため、無駄なコストが抑えられるのです。工夫次第で広告の費用対効果を高められるのは、Web広告ならではのメリットです。

広告出稿のタイミングを決めるには

ここでは、広告出稿のタイミングを決めるためのポイントを紹介します。

ターゲット層の思考や行動パターンを考える

Web広告を効率よく掲載するためにも、ターゲット層の思考や行動パターンを考えることで、ターゲット層に合う適切なタイミングがわかります。

Web広告は、単にターゲットに向けて出稿すれば効果が発揮されるとはいえません。効率よくWeb広告を運用する手法として、「ユーザー像(ペルソナ)」の設定がおすすめです。

ペルソナ(ユーザー像)とは、マーケティングで「商品やサービスに設定するユーザー像」を意味する用語です。ペルソナ設定では、年齢や性別だけでなく、職業や年収、抱えている悩みなど、一人の人物として具体的に作り込みます。

具体的な人物像を作り込むことで、ターゲット層の行動パターンを理解でき、どのタイミングで広告出稿すべきかがわかります。

カスタマージャーニーについては、以下の記事で詳しく解説しています。ぜひ併せてご確認ください。

ペルソナとは? ターゲットとの違いと設定時に用いる要素を解説」を読む

広告媒体の提供資料を活用する

掲載のタイミングを見極める際に、利用する広告媒体が提供する資料やメディアの情報を参考にするのもおすすめです。広告媒体には、これまでのWeb広告運用から得た実績と知見が蓄積されています。

例えば、Yahoo!広告の公式ラーニングポータルでは、スマートフォンやパソコンの利用者数やYahoo! JAPANを使用しているユーザーの特徴などが紹介されています。このような情報を把握しておけば、ターゲットユーザーに広告を配信する適切なタイミングがより把握できます。

広告出稿のタイミングでよくある失敗例

広告出稿の適切なタイミングがわかると、効率のよい広告運用が可能です。一方で、前述したターゲット層の思考や行動パターンを考えずに運用を進めると、思ったような成果が得られず失敗する可能性もあります。

例えば、ターゲット層の目に触れる時間帯がいつなのか把握せず広告を運用すると機会損失の恐れがあります。会社員をターゲットにする場合、仕事中の時間帯に広告を出稿してもなかなか見てもらえません。一方、通勤のピークタイムに広告を出稿すれば目にしてもらう可能性を高められます。

獲得効率の良くない時間帯や曜日は入札を弱めて予算を温存し、効率が良い時間は入札を強めて獲得を狙いましょう。Yahoo!広告では曜日や時間帯での調整が可能なので、ぜひ活用してみてください。

Yahoo!広告の曜日・時間帯ターゲティングがおすすめ

Yahoo!広告では、適切なタイミングで広告を配信するために、さまざまなターゲティング機能が利用できます。例えば、「曜日・時間帯ターゲティング」機能では、特定の曜日や時間帯で配信の強弱を調整することができます。例えば、ターゲットとなるビジネスパーソンに対して通勤時間帯や休日に配信するなど、広告対象となる商品やサービスの特性に合わせた設定が可能です。

また、Yahoo!広告では、パフォーマンスデータを簡単に作成・確認できる機能や無料のサポート体制も整っています。Web広告をはじめて運用する方はもちろん、適切なターゲティングができているか不安な方も安心して利用できます。

まとめ

Web広告では、広告を出稿するタイミングによって、広告の効果が変わります。Web広告を最大限に活用するためにも、適切な配信タイミングを見極めて出稿することが大切です。適切な配信タイミングを見極めるためには、ペルソナやカスタマージャーニーを活用してターゲット層の思考や行動パターンを確認しましょう。

Yahoo!広告では先ほどご紹介した、適切な曜日・日時に広告を配信できる設定などさまざまな機能があります。配信タイミングの見極めが難しい場合は、無料で提供するサポート体制も充実していますのでお気軽にご相談ください。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード

資料をダウンロード

資料をダウンロード

お申込み