このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

CVRとは? 必要性や目安、改善方法など幅広くご紹介

CVRは、Web広告の効果を計るための指標のひとつです。ユーザーのアクセスがどのくらい成果につながったかを確認するもので、CVRが高いほど効果的に広告を掲載されていると判断できます。一方、CVRが低い場合は、何らかの対策を実施しなければなりません。

本記事では、CVRの概要やCVRが低くなってしまう原因などを紹介します。広告の種類に応じたCVRの改善方法も解説するので、CVRを向上させたい広告担当の方もぜひチェックしてください。

CVRとは?

CVRはコンバージョン率のことで、Webサイトへのアクセスのうち、どの程度がコンバージョンにつながったのかをパーセンテージで表します。コンバージョンとは、商品の購入や資料請求など、最終的に獲得したい成果のことです。

ECサイトやWeb広告を運用している場合、CVRの数値を向上させるための施策が求められます。

CVRがなぜ必要なのか

CVRが必要とされているのは、コンバージョン数を伸ばすためにどのような対策を実施すべきか判断する指標となるためです

CVRの数値によって実施すべき施策が異なり、「CVRが高いページはサイト訪問数を伸ばす」「CVRが低いページはコンバージョン数を伸ばす」など、それぞれのページのCVRに応じた対策が必要です。

CVRが低いページは、サイト訪問数に対してコンバージョンが少ないので、コンテンツを改善するなどコンバージョンにつながる仕組みを検討しなければなりません。一方、CVRが高いページは、サイト訪問数 を伸ばせば自然とコンバージョン数も増えると考えられます。

このように、サイト訪問数やコンバージョン数単独の数値を確認するだけではわからないことが、CVRではみえてきます。

成果のアップにつながる適切な施策を見極めるためには、CVRの確認が必要です。

CVRの計算方法

CVRは、以下の計算式で求めます。

CVR=コンバージョン数÷サイト訪問数×100(%)

例えば、コンバージョン数が100、サイト訪問数が2000のページの場合、CVRは5%になります。

5(%)=100÷2000×100

CVRの目安

自社サイトのCVRが、ほかのサイトと比較してどうなのか気になる方も多いでしょう。コンバージョンポイントによってCVRに差が出てきます

「購入」をコンバージョンポイントとした例を見てみましょう。購入頻度が高い商品、もしくは商品単価が低い商品は、流入数に対する購入の母数が多いためCVRが高くなりやすい傾向があります。また、不動産のような購入頻度が低い商品、もしくは商品単価が高い商品は、流入数に対する購入の母数が少ないためCVRが低い傾向です。

「資料請求」「問い合わせ」をコンバージョンポイントとすると、複数商材で比較することが多い商品なので、資料請求する回数が多いことからCVRが高くなりやすいといえます。

商材や広告の種類に応じて、CVRの目安を判断する必要があります。

CVRが低くなる主な原因

CVRが低くなる原因はさまざまです。ここでは、CVRが低くなる主な原因を紹介するので、自社に当てはまるものがないかチェックしてください。

ユーザー視点での設計が不足しているため

サイトを訪れたユーザーをコンバージョンに誘導するには、ユーザー視点での設計が必要です。ページのデザイン、レイアウト、写真や文字の量や大きさ、掲載する内容など、ユーザーの見やすさやと使いやすさを意識してコンテンツを作成しなければなりません

例えば、「購入はこちら」などのCTAボタンがわかりにくい位置にあると、ユーザーは途中でページを離脱する可能性があります。また、申し込み用のフォームが使いにくい、入力項目が多すぎるなども、コンバージョンにつながらない要因のひとつです。

市場・競合による集客力が低下しているため

CVRは、市場や競合によっても数値が左右されます。脱毛や旅行など、季節によってユーザーのニーズに差がある商材の場合、CVRが低いのは時期的な要因によるものかもしれません。

訴求力の強い競合がいる場合も、CVRは低くなりがちです。ユーザーは複数の商品を比較して購入するかどうか決定するケースが多いため、他社より魅力的だと思ってもらえなければ成果は出にくいでしょう。

ターゲティングが不十分なため

Web広告のターゲティングが不十分な場合も、CVRは低下します。商品やサービスのターゲット層ではないユーザーに広告を掲載しても、コンバージョンにはつながりません。成果が見込めないユーザーに対して広告を掲載するのは、余計な広告費の発生も懸念されるため、ターゲティングの精度は重要です。

【リスティング広告】CVRの改善方法

CVRを改善するためには、広告の種類に応じた対策が必要です。ここでは、リスティング広告のCVRを改善する方法を紹介します。

リスティング広告のクリック率・コンバージョン率を上げる方法について、こちらのページでも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

広告のクリック率・コンバージョン率を上げるにはを詳しく見る

キーワードの見直し

リスティング広告のCVRを改善するには、キーワードの見直しが効果的です。例えば、ターゲットとは異なる検索キーワードに対して、広告が掲載されていないかを確認しましょう。

意図しない検索に対して広告が掲載されると、コンバージョンにつながりにくいユーザーをサイトへ誘導してしまうため、CVRが低下する恐れがあります。

対象外キーワードの設定なども活用して、不必要な広告掲載を減らしましょう

対象外キーワードについて、こちらの記事でも詳しく解説しています。併せてご確認ください。

対象外キーワードについてを詳しく見る

広告文とランディングページの親和性を高める

広告文に興味を持ってクリックしたのに、訪れたページが想像したものと違っていると、ユーザーはその時点でページから離れてしまう可能性があります。そのため、広告文とランディングページの親和性は重要です

ランディングページの内容と違和感のない広告文を作成し、広告からコンバージョンまで自然に誘導できるように工夫しましょう。

ランディングページの改善をおこなう

ランディングページの内容も、CVRに大きく影響します。必要に応じて、ランディングページの改善も実施しましょう。例えば、広告文とランディングページの親和性を高めるために、広告文より先にランディングページを改善したほうが効果的なケースもあります。

また、ユーザー視点での設計も大切です。コンテンツの内容を充実させると同時に、見やすさや使いやすさも意識してランディングページを改善しましょう。

ランディングページについては、以下の記事で詳しく解説しています。併せてご確認ください。

ランディングページ(LP)とは? メリット・注意点やWeb広告と相性がよい理由」を読む

効果的なランディングページはどうやって作る? 作成の流れやポイントを解説」を読む

【ディスプレイ広告】CVRの改善方法

次に、ディスプレイ広告のCVR改善方法を紹介します。ディスプレイ広告のクリック率・コンバージョン率を上げる方法について、こちらの記事でも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

広告のクリック率・コンバージョン率を上げるにはについて詳しく見る

広告配信対象ユーザーを見直す

ターゲット層に的確に広告掲載できると、CVRの向上につながります。そのため、広告配信対象のユーザーを見直しましょう。「ターゲット外のユーザー層が対象になっていないか」「配信対象のターゲット層が広すぎないか」などを確認してください。

Yahoo!広告のディスプレイ広告で利用できる、サイトリターゲティング機能の活用もおすすめです。過去に自社サイトを訪れたことがあるユーザーに広告を掲載できるので、より高い広告効果が期待できます。

ABテストをおこなう

広告効果の改善のために用いられる手法に、ABテストがあります。これは、バナーやランディングページ、広告文などで、一つの箇所を変更した複数パターンの広告を用意し、どの広告が一番成果が高かったのかを確認するテストです。ABテストを繰り返すことで、よりCVRの高い広告やLPに近づけられます。

ABテストは以下の記事で詳しく解説しています。併せてご確認ください。

ABテストでディスプレイ広告を改善するには? 方法とポイントを紹介」を読む

入札価格を見直す

ディスプレイ広告は、広告オークションによって広告が掲載されるかどうかが決まります。オークションで上位に入るためには、広告の品質とともに入札価格も重要です

入札価格を見直すと広告が掲載されやすくなり、コンバージョン獲得に効果的な広告枠に自社広告を掲載できる可能性が上がります。

広告クリエイティブの仕様を見直す

ディスプレイ広告は、画像や動画を広告クリエイティブに使用できます。広告の効果を上げるために、広告クリエイティブの仕様を見直してみましょう

「広告枠のサイズに対してクリエイティブのサイズが小さい」「ユーザーのデバイスのサイズに合ったクリエイティブが用意できていない」など、広告クリエイティブが適切でないためにコンバージョンにつながってない可能性があります。

まとめ

CVRをチェックすると、コンバージョンにつながりやすいユーザーをどのくらい呼び込めているのかがわかります。Web広告の費用対効果の指標にもなるため、定期的にCVRをチェックしておきましょう。CVRが低い場合は、本記事で紹介した対策を実施してみてください。

Yahoo!広告では、興味関心の高いユーザーに訴求できるサイトリターゲティング機能や、キーワード設定の参考になるキーワード提案機能など、CVR向上のための施策に活用できる機能を提供しています。広告の効果を高めるためのアドバイスや設定代行もおこなっているので、ぜひご活用ください。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード
資料をダウンロード