このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

ダイナミック広告とは? 仕組みやメリット、成功のポイントを徹底解説

「ある商品のページを閲覧したら、関連商品の広告がよく表示されるようになった」という経験がある人も多いでしょう。このように、サイトの閲覧履歴を利用した広告を、ダイナミック広告といいます。ダイナミック広告は、ユーザーごとに最適な広告を自動で生成し掲載できる、効果やメリットの大きいWeb広告です。

本記事では、ダイナミック広告の仕組みや特徴を詳しく解説します。Web広告の導入を検討している人は、ダイナミック広告についても理解しておきましょう。

ダイナミック広告とは?

ダイナミック広告とは、ユーザーのサイト閲覧履歴などの行動に応じて、自動的に最適な広告が掲載される仕組みです。同じ広告枠でも、見る人によって異なる広告が表示されます。

ダイナミック広告は、取り扱う商品やサービスが多岐にわたる業界でよく利用されます。例えば、以下のような業界です。

  • EC業界
  • 旅行業界
  • 通信販売業界
  • 不動産業界

これらの業界は商品の種類が多く、情報の入れ替わりも激しいのが特徴です。そのため、固定の広告を出稿するのではなく、ユーザーに合わせた広告を自動で掲載できるダイナミック広告が活用されています

スタティック(静的)広告との違い

スタティック(静的)広告は、どのユーザーに対しても同じ広告を掲載する仕組みです。ダイナミック広告と異なり、ユーザーの行動履歴は広告の内容に影響しません

例えば、旅行代理店のサイトで沖縄旅行について閲覧したあと、別のサイトを見ているときに沖縄の旅行ツアーの広告を表示するのがダイナミック広告です。スタティック広告の場合は、閲覧履歴に関係なく同じ広告が表示されます。

ダイナミック広告の仕組み

ダイナミック広告がユーザーごとに異なる広告を掲載できるのは、出稿媒体のデータベースに保存された情報を活用しているためです

ユーザーがサイトの商品ページを表示すると、出稿媒体のデータベースに「このユーザーが商品Aのページを閲覧した」という履歴が保存されます。その後、ユーザーが別のサイトの広告枠を表示したとき、過去の閲覧履歴と関連性の高い広告が自動で掲載されます。

ダイナミック広告の効果・メリット

ここでは、ダイナミック広告を活用するメリットをみていきましょう。

ユーザーに最適化した広告を配信できる

先述のとおり、ダイナミック広告はユーザーの閲覧履歴などをもとに最適な広告を掲載できます。ユーザーの興味がない広告が掲載される可能性は低く、興味関心がありそうな広告を自動で掲載できるのがメリットです

閲覧履歴のないユーザーに対しても、年齢や性別などの属性を使ったターゲティングが可能で、潜在層へのアプローチにも役立ちます。

一つの広告に複数の商品を表示できる

ダイナミック広告では、一つの広告に複数の商品を表示できるカルーセル広告が利用できます。ユーザーが閲覧した商品とカテゴリが近い商品や色違いの商品などを並べて表示できるため、ユーザーが広告に興味を持ちやすくなります

広告クリエイティブが自動で生成される

ダイナミック広告はクリエイティブが自動で生成されるため、複数のクリエイティブを作成する手間が省けるのもメリットです。「データフィード」と呼ばれる商品データの一覧を用意することで、ユーザーごとに最適な広告が作成されます

コンバージョンの向上に直結する施策である

コンバージョンの向上に直結するのが、ダイナミック広告の大きなメリットです。ユーザーの興味関心の高い広告を掲載できるため、コンバージョンにつながりやすくなります。広告のリンク先であるランディングページに遷移することで、そのまま購入や申し込みまでスムーズに誘導できます。

ダイナミック広告を始めるうえで準備すること

次に、ダイナミック広告をはじめるために必要な準備を紹介します。導入時の参考にしてください。

ユーザーの行動を把握するタグ

ダイナミック広告はユーザーの行動履歴のデータを取得する必要があります。そのため、どのページを閲覧したかなどの情報を収集するためのタグをページに設置します。タグを設置したページにユーザーが訪れると、閲覧履歴などの情報がデータベースに送られる仕組みです。

ユーザーの行動履歴を詳しく把握するために、基本的にサイト内のすべてのページに適したタグを設置します。出稿媒体ごとにタグの仕様が異なるため、利用する出稿媒体のタグ設置方法をしっかり確認しましょう。

クリエイティブ生成のためのデータフィード

広告クリエイティブを自動で生成するためには、クリエイティブのもとになる商品の一覧データが必要です。この一覧データを、「データフィード」といいます。広告に掲載したい商品は、「商品ID」「商品名」「リンク先URL」「価格」などの情報を一覧にまとめておきましょう。データフィードに情報がない商品は、ダイナミック広告に掲載できません

データフィードの形式は、利用する出稿媒体によって異なります。必要な情報とデータフィードのフォーマットは、それぞれの出稿媒体が指定する形式で入稿しなければなりません。

Yahoo!広告のデータフィードに関して、以下の記事で詳しく解説しております。併せてご確認ください。

動的ディスプレイについて詳しく見る

ダイナミック広告を成功させるためのポイント

ダイナミック広告を成功させるために、ここで紹介するポイントも押さえておきましょう。

ユーザーに伝わりやすい情報をデータフィードに含める

広告クリエイティブのもととなるデータフィードには、ユーザーに伝わりやすい情報を含めましょう。広告枠の限られたスペース内で商品やサービスに興味を持ってもらうためには、どのような特徴やメリットがあるのか、簡潔にまとめる必要があります。画像やテキストを工夫し、ひと目で理解できる広告クリエイティブが生成されるデータフィードを用意しましょう

複数商品を並べて紹介するカルーセル広告の場合は、商品ごとの違いを伝わりやすくするのも大切です。例えば、類似商品のパッケージの写真を並べただけの広告は、ぱっと見ただけでは商品ごとの違いがわからない可能性があります。

例えば、食品の広告で盛り付けたあとの写真を使ったり、写真だけではサイズや容量がわかりにくい商品は画像内に情報を入れたりすることで、広告を見ただけでどのような商品かがイメージしやすくなります。

フィードの情報を最新のものにする

データフィードの情報を最新のものにしておくことも重要です。広告に表示された情報と、広告をクリックして表示されたページの内容が異なっていると、ユーザーに不信感を与えてしまいます。

例えば、広告を見て購入意欲が高まっていたのに、サイトにアクセスしたときに在庫切れになっていては、ユーザーはがっかりしてすぐにページを離脱するでしょう。この場合、ユーザーに不利益を与えるだけでなく、コンバージョンにつながらないのに課金が発生し、広告の費用対効果も下がってしまいます。

在庫状況や価格など、特に影響が大きいデータに関しては、データフィードを常に最新の状態にして広告を運用しなければなりません

適切なタグを設置する

先述のとおり、タグの設置はユーザーの行動を把握するために重要な作業です。タグは設置する階層によって適したものが用意されているため、正しくタグを設置できているか確認しましょう。

出稿媒体ごとに必須タグや推奨タグがあるので、ページの種類に合わせて適切なタグを設置しましょう。タグが設置できていない、もしくは正しくない場合、ダイナミック広告のパフォーマンスに影響が出る可能性があります

出稿媒体の特性を理解する

ダイナミック広告はさまざまな広告媒体で利用できるため、利用する出稿媒体の特性を理解して運用する必要があります。基本的には媒体が変わっても重要なポイントは同じですが、最適な広告を掲載するために必要な条件は異なるため、媒体ごとの特性を知っておくことは大切です

特性を理解しないまま運用すると、思うように広告の効果が出ない可能性もあるため、出稿媒体の特徴や運用時のポイントなどを確認しておきましょう。

ダイナミック広告の出稿におすすめなYahoo!動的ディスプレイ広告

Yahoo!広告では、ユーザーの行動履歴をもとに広告を自動生成して掲載できる「動的ディスプレイ広告」を提供しています。商品ページを閲覧したユーザーに対してのアプローチはもちろん、閲覧履歴のないユーザーに対しても興味関心が似ている別のユーザーの行動から最適な広告を掲載できます。

作成した広告グループごとにターゲティング情報の設定ができ、ほかにも商品カテゴリや価格帯による絞り込みも可能です。

複数の商品掲載に対応しており、縦型や横型、スライドなどレイアウトも豊富です。広告枠のサイズやユーザーのデバイスに合わせて、最適な形の広告クリエイティブを自動で生成します。

スマホやタブレットなど、ユーザーが利用するデバイスが多様化しているので、端末に合わせて自動でクリエイティブを生成できるのは大きなメリットです。ダイナミック広告の導入を検討している場合は、Yahoo!広告の動的ディスプレイ広告の活用をご検討ください。

動的ディスプレイ広告についてを詳しく見る

まとめ

ダイナミック広告はさまざまなメリットのあるWeb広告です。データフィードを用意しておけば自動で広告クリエイティブを生成してくれるので、クリエイティブを作成するコストや手間が省けます。「取り扱い商品が多くて広告の準備が大変」といった課題がある場合は、ダイナミック広告の導入を検討してみてください。

Yahoo!広告が提供するダイナミック広告「動的ディスプレイ広告」は、レイアウトが豊富でデバイスごとに最適なクリエイティブを自動で生成できます。導入時には無料相談や設定代行などのサービスも実施しているので、ぜひご活用ください。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード

資料をダウンロード

資料をダウンロード

お申込み