このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

ネット(Web)集客で成果を上げるには? 方法とポイントを紹介

ネット集客で成果を上げるためには、ビジネスの特徴や集客上の目的に適した媒体を選ぶ必要があります。そのためにも、まずはネット集客の基本を知ることは欠かせません。
ここでは、ネット集客で成功するために欠かせない集客の手法や成果を上げるためのポイントをご紹介します。

ネット(Web)集客の基本

まず、ネット広告とはいったい何なのか、その基本から見ていきましょう。

ネット(Web)集客とは?

ネット集客とは文字どおり、インターネット上でユーザーを集める集客方法です。検索結果からの流入やテキスト、画像を使った広告、映像を取り入れた動画広告に加え、近年はSNSやオウンドメディアを使った集客も一般的です。

ネット集客は業界や業種関係なく多くの企業で取り入れられています。今やほとんどの人がインターネットで商品やサービス、企業の情報を得ているため、ネット集客が広がりを見せているのは当然の流れといえるでしょう。

どこに人を集める?

広告やSNSなどで商品やサービスに興味を持ったユーザーは、広告をクリックすることによりその商品やサービスの関連サイトへと導かれます。トップページ、商品ページ、会社案内ページ、採用ページなど、遷移先はいろいろありますが、ポイントは「どのような目的でターゲットユーザーを集客しているか」によって適切な遷移先を設定することです。

例えば商品広告を見たユーザーであれば商品ページもしくは専用のランディングページ(LP)に遷移してもらい、より多くの情報を閲覧してもらって購入に繋げていくのがよいでしょう。また求人広告であれば採用ページに遷移させるのが自然です。

どこに人を集めて何をしてもらうか、よく考えたうえでアクセス先のページを決めましょう。

ネット(Web)集客の代表的な方法

では次に、ネット集客における代表的な方法を6つご紹介します。

リスティング広告

Yahoo! JAPANなどの、検索結果画面に表示される広告です。ユーザーが検索したキーワードに連動して広告が表示される仕組みとなっており、ユーザーが広告をクリックすることで広告主の設定したサイトにアクセスします。

リスティング広告は、広告主がリアルタイムで配信内容や広告予算、出稿先を変更し、効果が最大になるように運用する広告手法です。こうした広告は「運用型広告」と呼ばれます。
広告のクリック数やクリック率、コンバージョン回数などの詳細数値が取得できるので、結果の良し悪しを判断して広告運用を改善することができるというメリットがあります。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、Webサイトやアプリ内に設置されている広告枠に掲出される広告です。Yahoo!広告では、Yahoo!ニュース、 Yahoo!ファイナンス、ヤフオクなどで掲出される広告がディスプレイ広告の一種となります。

リスティング広告は「ユーザー自身が検索したキーワードと広告が連動する」のに対し、ディスプレイ広告は多くの場合、ユーザーの興味や関心に連動して表示されます。また「ターゲティング機能」によりその商品やサービスに興味ある人だけに絞って広告を表示することもできます。年齢や性別、興味や関心、Webサイトのアクセスなどをもとに広告主からアプローチしていける点で、他の広告とは異なる特徴を持っています。

SNS、SNS広告

ソーシャルネットワークサービス(SNS)を利用したネット集客、またはSNSに設置されている広告枠に広告を掲出することによる集客方法です。
法人アカウントを開設してビジネスにSNSを取り入れる企業は年々増えていますが、それは日本人の多くが日常的にSNSを利用するようになったことも影響しているでしょう。最近では製品説明や魅力を伝える動画を作り、動画投稿サイトにアップすることで間接的な集客手段として使っている企業も多く見られます。

SEO

サイトやページを検索エンジンに最適化し、検索結果からのアクセスを増やすネット集客方法です。
SEOでは、サイトやページをストレスなく閲覧できるようユーザーフレンドリーにするのに加え、ユーザーが期待するコンテンツと自社のサイトのコンテンツの乖離をなくすことがポイントとなります。
そのためには、自社コンテンツと検索結果上位のサイトを比較し、コンテンツの量・質ともに上位サイトを上回る必要があります。
広告に比べて結果が出るまでに時間がかかりますが、十分なSEO施策によって検索エンジンに評価されれば、検索結果でも上位に表示されることになり、アクセスを増やすことができるでしょう。

メールマガジン

過去に資料請求した人や会員登録した人、購入をした人などに向けてメールマガジンを送信し集客する方法です。メールアドレスのリストがないと実行できませんが、すでに自社と何らかの接点を持つユーザーに対するアプローチのため確度の高い集客が見込めるのが特徴です。運用コストの安さも魅力であり、通販サイトを運営している企業を中心に広く活用されています。

オウンドメディア

オウンドメディアとは、自社で運営しているホームページやブログなどを指します。多くの場合、直接商品の宣伝をするのではなく、ユーザーが知りたい情報をコンテンツとして発信してコンテンツ経由で流入を得る取り組みです。
オウンドメディアによって多くのファンを獲得し、間接的に集客増につなげている企業も少なくありません。また、オウンドメディアのアクセスが増えたりリンクが増えたりすることで検索エンジンからの評価を高める効果もあります。

ネット(Web)集客で成果を上げるためのポイント

ネット集客で確実に成果を上げるためにぜひ押さえておきたい7つのポイントがあります。それぞれ解説します。

まずは集客の目的と目標を明確にする

まず、集客の目的と、その目的をどこまで達成するのかの目標を明確にします。
集客の目的は、ホームページのアクセス数や会員登録者数の増加、資料請求者や購入者の獲得など、広告主によってさまざまですが、この目的をどこに設定するかによって用意すべき広告やコンテンツの方向性は変わります。集客の目的と発信するコンテンツにズレがあると、いくら手間や広告費をかけても集客には結びつきにくくなります。はじめに目的と目標を明確にして、ネット集客に取り組みましょう。

集客したい「ターゲットユーザー」を設定する

集客の目的と目標を定めたら、次にターゲットとするユーザーを考えます。性別、年齢、興味・関心、悩みなどを想定し、ターゲットとなる人が誰なのかを深く掘り下げて考えてみてください。そして、その人にどうすれば興味を持ってもらえるか、そのためにどのようなアプローチができるかをイメージしておきましょう。

自社の強みや特徴を整理する

ネット集客は競合他社含め多くの企業が取り入れています。消費者はそうした「アピール合戦」の中から購入先を選ぶわけですから、選ばれるだけの魅力をしっかり打ち出さなくてはいけません。そのためには、自社の商品やサービスの強みは何か、どのような特徴の商品なのか自己分析し整理する必要があります。

目的やターゲットに合う方法を選ぶ

ネット集客の目的、あるいはターゲットにあった集客方法を選択すべきです。例えば、資料請求やお問い合わせの増加が目的なのにSNS広告を使って商品の宣伝をしても効果は期待できません。また、複数の集客方法を組み合わせることも有効ではありますが、たくさんの広告媒体に掲載するのはおすすめできません。ターゲットの行動や思考を分析し、その人たちに「刺さる」集客方法を考えましょう。

集客するページやサイトを最適化する

広告で問い合わせや資料請求が増えたとしても、彼らを案内するページが十分なものでなければ顧客化は叶いません。顧客化できなければ売り上げは立たないため、会社に収益をもたらす可能性は低くなります。

ユーザーを確実に顧客化するためには、Webサイトに十分な量のコンテンツを配置したりユーザーを満足させたりする仕掛けが必要です。ユーザーを迎える土台がしっかりしていれば自然とファンが増え、売上も上がっていくはずです。

成果分析をおこない、PDCAを回す

ネット集客をスタートしたあと、成果分析をおこないます。ネット集客の特徴として、定量的なデータ取得が容易なことが挙げられます。ユーザーがどのようなサイトからアクセスして、どのようなページを閲覧し、どこから出ていったのか、行動履歴を数値化して分析し、課題と思われる点は積極的に改善していきましょう。また、分析や改善は一度おこなえば十分というものではありません。検証と改善のPDCAを回し続け、常に最適化された集客を目指しましょう。

ユーザーが求めている情報は何かを考え、ブラッシュアップする

ユーザーがどのような情報を求めているのかを考え、彼らに必要な情報をわかりやすく提供します。そのためにも、ユーザーの反応やSNSを通じたユーザーの声は常にまとめておきましょう。また、ユーザーが求めている情報や困りごと、悩みなどを把握し、集客方法やサイトの改善に役立てましょう。

またYahoo!広告には、広告をはじめる前に相談できる窓口を設置しています。ご不明点があればぜひ下記サイトからお問い合わせください。

Yahoo!広告のお申し込みに関するお問い合わせはこちら

まとめ

ネット集客のメリットは、成果を数字で把握でき、施策の効果測定がしやすい点です。集客方法とその結果を分析し、ターゲットとするユーザーにどのようにアプローチすると売り上げの拡大が見込めるかを考え続ければ、有効な集客の施策が見えてきます。有効な集客方法にリソースを集中投下し、より高い費用対効果につなげられるかもしれません。

Yahoo!広告では、ネット集客の施策をサポートするさまざまなタイプの広告や便利な機能により、貴社のネット集客を成功に導くためのあらゆるサポートをおこなっています。本記事でご紹介したノウハウを活かしながら、ぜひYahoo!広告で効果の高いネット集客を実現してください。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード

資料をダウンロード

資料をダウンロード

お申込み