このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

地域を指定して配信できるWeb広告の種類は? エリアを絞るメリットと設定方法

実店舗を運営していると、「このエリアに住んでいる人に効率的にアピールしたい」といったニーズが出てくるでしょう。そのようなときに活用できるのが、地域を指定して掲載できるWeb広告です。

本記事では、Web広告のエリア指定を詳しく解説します。地域指定ができるWeb広告の種類や地域を指定するメリット、実際の成功事例などを紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

地域(エリア)指定ができるWeb広告の種類

地域を指定して掲載できるWeb広告には、リスティング広告とディスプレイ広告の2種類があります。それぞれの広告の特徴やメリットを理解して、広告の種類を使い分けることが大切です。

ここでは、リスティング広告とディスプレイ広告の特徴と、エリアを指定する方法を紹介します。

リスティング広告

リスティング広告とは、検索エンジンの検索結果一覧ページに掲載する広告のことをいいます。ユーザーが検索したキーワードと関連度の高い広告が掲載されるため、購買意欲が高まっている層へピンポイントでアプローチできるのが特徴です。

リスティング広告で配信地域を指定するには、配信対象エリアを指定します。広告を掲載したいエリア、もしくは広告の掲載を除外したいエリアを設定すると、設定した地域のユーザーに対して広告を掲載できます。

リスティング広告は検索キーワードと連動して掲載されるため、広告を掲載するキーワードにエリアを特定できるワードを含めるのも方法のひとつです。例えば、「〇〇市 美容院」「〇〇駅 カフェ」といった狙うキーワードに地名を含めると、その地域のサービスを探しているユーザーに広告を掲載できます。

リスティング広告について、こちらの記事でも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

リスティング広告とは? 初心者でもわかる特徴や費用、運用方法」を読む

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、Webサイトやアプリなどに設置された広告枠に掲載される広告です。年齢や性別などのユーザー属性を指定して掲載できるのが特徴で、商品やサービスのターゲット層に広くアプローチしたいときに活用します。

ディスプレイ広告は画像や写真を使ったバナー広告を掲載できるのがメリットです。ユーザーの目を引く広告を掲載すると、認知度アップや潜在層への訴求に効果があります。

ディスプレイ広告の場合、年齢や性別などのユーザー属性を指定する際に地域情報も指定できます。地域を指定すると、狙った地域のユーザーに対してのみ広告の掲載が可能です。

ディスプレイ広告について、こちらの記事でも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

ディスプレイ広告とは? リスティング広告とどう違う? 成功させるコツも解説」を読む

地域を指定してWeb広告を配信するメリット

地域を指定したWeb広告の掲載には、多くのメリットがあります。ここでは、Web広告を地域指定で掲載するメリットを2点紹介します。

広告費の無駄を省ける

Web広告の掲載地域を指定すると、広告費の無駄を省けます。

美容院やカフェ、ネイルサロンなど、実店舗に足を運んでもらう必要がある場合、店舗周辺がターゲットエリアになります。広告を掲載する地域を絞らないと、店舗から離れた場所に住んでいるユーザーにも広告が届き、広告の費用対効果が下がってしまいます。

エリアを指定して広告を掲載すれば、店舗に来てくれる可能性のあるユーザーに対してピンポイントでアプローチでき、広告の費用対効果がアップします。限られた広告費で高い効果を出すためにも、実店舗を運営している場合はエリア指定を活用しましょう。

地域ごとに適した情報を届けられる

地域を指定して掲載できるWeb広告は、地域ごとに適した情報を届けられるのもメリットです。地域ごとに異なる広告を掲載できるため、キャンペーンやおすすめ商品の内容を変えて、広告の訴求力をより高められます。

複数店舗を運営している場合、それぞれの店舗ごとにキャンペーンやセール、目玉商品などが変わるケースは少なくありません。広告が全店舗共通では店舗ごとの細かい情報は載せられませんが、地域ごとに掲載内容を変えられるWeb広告なら、それぞれの地域に特に届けたい内容を広告に盛り込めます。

地域限定の集客には、Yahoo!広告がおすすめです。Yahoo!広告を活用した地域限定集客について、こちらの記事でも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

地域限定の集客だからこそ、Yahoo!広告がおすすめ!について詳しく見る

地域を指定してWeb広告を配信する注意点

Web広告の地域指定を利用する際、注意しておきたいポイントがあります。ここでは、地域を指定してWeb広告を掲載するときの注意点を3つ紹介するので、チェックしておきましょう。

広告の配信量が減る

Web広告の掲載地域を指定すると、広告の配信量が減ってしまいます。地域を絞らない場合と比べて広告を掲載するユーザーの母数が減るため、結果として広告の掲載数は少なくなります。

広告の掲載数が減ると、本来獲得できたはずのコンバージョンも減ってしまい、広告効果が低下する可能性があります。しかし、Web広告は単純に多く掲載すればいいわけではありません。コンバージョンにつながりにくい層に対して広告を掲載しすぎると、無駄な広告費がかかるケースもあります。

掲載地域を絞ると広告の掲載数は減ってしまいますが、予算内で広告効果を高められます。

位置情報が正確ではないことがある

市区町村まで細かく指定できるWeb広告もありますが、常にユーザーの正確な位置情報が取得できるわけではない点に注意してください。詳しくは後述しますが、ユーザーの地域を判別する方法はいくつかあり、どの方法も多少の誤差が生じる可能性があります。

例えば都道府県を指定してWeb広告を掲載しても、県境付近にいるユーザーの位置情報が常に正確に識別できるわけではありません。ターゲット地域にいるのに広告が掲載されなかったり、指定エリア外にいるユーザーへ広告が掲載されたりするケースもあることを認識しておきましょう。

地域の境目ではエリアを除外しすぎない

Web広告の地域設定を活用する際には、地域の境目ではエリアを除外しすぎないことも大切です。あまりにエリアを絞りすぎると、狙った層に広告を届けられない可能性があります。

例えば、ターゲット地域を「品川駅周辺」とする場合、掲載地域を品川区のみに設定しても狙った層には広告が掲載されません。品川駅周辺は港区に位置するためです。

先述のとおり、位置情報は常に正確だと限らないこともあり、ピンポイントで掲載先を絞りすぎると十分な広告効果が得られないため注意しましょう。

ユーザーの地域を判断する基準

ユーザーの地域を判断するには、いくつかの基準を利用します。ここでは、ユーザーの地域を判断するために使われる基準を3つ紹介します。

IPアドレス

IPアドレスは、インターネットに接続している端末にそれぞれ割り当てられる住所のようなものです。IPアドレスを使うと、ユーザーの大まかな位置が特定できます。

IPアドレスはインターネットにアクセスする際に必ず割り当てられます。その他の基準では、ユーザーの許可がなければ位置情報を取得できないものもありますが、IPアドレスを使えばすべてのユーザーから位置情報が取得できます。

デバイスの位置情報

GPS機能やWi-Fi、基地局の位置情報データベースなどを利用すると、ユーザーが使用しているデバイスの位置情報がわかります。

GPSやWi-Fiによる位置情報は、IPアドレスよりも正確な位置情報を取得できるのが特徴です。ただし、GPSやWi-Fiによる位置情報はユーザーが許可していないと取得できないケースがあるため注意しましょう。

基地局の位置情報データベースは、基地局のIPアドレスを利用します。基地局は広範囲に電波を飛ばしているため、指定した地域以外のユーザーにも広告が掲載される可能性があります。

ユーザーの関心対象

IPアドレスやデバイスの位置情報などの現在の所在地を利用する以外に、ユーザーの関心対象から地域を指定する方法もあります。地域がわかる検索キーワードや検索履歴、ユーザーの過去の所在地などから、「今は住んでいないが関心のある地域」を利用する方法です

観光地のお店やホテル・旅館などは、全国から訪れるユーザーがターゲットになるため、特定の地域に絞るよりも広範囲に広告を掲載したほうが効果的です。しかし、無条件に広告を掲載すると広告費がかさんでしまうため、地域名を検索したユーザーをターゲットにしたいときなどに活用します。

Yahoo!広告の地域ターゲティング方法

Yahoo!広告には、特定の地域を指定して広告を掲載する地域ターゲティング機能があります。地域ターゲティングを利用すると、特定の地域に対して広告を掲載する、もしくは特定の地域を掲載対象から除外できます。

地域ターゲティングはキャンペーン単位で設定します。広告ごとに掲載地域の設定を変えたい場合は、キャンペーンを分けてください。

キャンペーン作成・編集の画面にある「ターゲティング設定」の「地域」を「設定する(洗濯した地域に表示)」にすると、掲載または除外する地域が選択できます。地域ごとに入札価格調整率も設定できるため、「特に訴求したい地域の入札価格を高めにする」などの対応も可能です。

地域ターゲティングの設定方法について、こちらの記事でも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

地域ターゲティング(特定の地域を指定して広告を配信)について詳しく見る

地域ターゲティングの活用事例

Yahoo!広告の地域ターゲティングを活用して、実際に集客に成功しているケースも少なくありません。

経営者向けの情報冊子を作成している創業手帳株式会社様では、地方セミナーの集客が課題でした。そこでYahoo!広告の検索広告で地域ターゲティングを活用したところ、地方セミナー参加者の3割増加に成功しています。

検索広告をはじめて地方セミナーの参加者が3割増えました」を読む

また、北九州市子ども家庭局様ではディスプレイ広告と検索広告を活用し、ユーザーの属性や検索キーワードから北九州市の子育てに興味を持っている人に効果的にアプローチしています。Yahoo!広告の導入で、2万2000人のユーザーに興味を持ってもらうことに成功しました。

Yahoo!広告をはじめて、22,000人にPRできました」を読む

まとめ

地域を指定して掲載できるWeb広告は、ターゲット層への訴求力や広告の費用対効果を高めるのに効果的です。特に実店舗やセミナーなど、実際にユーザーに足を運んでもらう必要がある場合は、地域を指定したWeb広告でターゲット地域のユーザーへ効率的にアプローチしましょう。

Yahoo!広告が提供する検索広告やディスプレイ広告は、地域ターゲティング機能が利用できます。実際に高い広告効果を発揮した事例もあるため、ぜひご活用ください。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード

資料をダウンロード

資料をダウンロード

お申込み