このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

ユニークユーザー(UU)とは? 他の指標との違いと計測方法を解説

自社のWebサイト運用でどれくらいの効果が出ているかを測定するために、さまざまな指標が使用されますが、その1つがユニークユーザー(UU)です。ユニークユーザーは個々のユーザーに基づいて計測されるため、Webサイトの具体的な利用状況や人気のコンテンツを把握するうえで重要とされています。

本記事では、ユニークユーザーの概要と他の指標の違いや、計測方法を解説します。

ユニークユーザー(UU)とは?

一定期間内にWebサイトにアクセスしたユーザーを、「ユニークユーザー」(Unique User=UU)と呼びます。ユニークユーザーは、1人のユーザーごとに固有の値として取得されるため、同じ期間内でのアクセス回数やWebページの閲覧数に関係なく、「1」として計測されます。

ユニークユーザーの数え方

例えば、Yさんがある週に会社のパソコンからWebサイトに1回アクセスし、合計10ページを閲覧したとします。Yさんは同じ週内に、再び会社のパソコンから同じWebサイトにアクセスし、合計6ページを閲覧しました。この場合、アクセス数は合計2回、ページ閲覧数は合計16ページですが、1週間以内に計測されるYさんのユニークユーザー数は「1」になります。

アクセス回数や閲覧ページ数に関係なく、一定期間内にWebサイトを利用した個々のユーザー数に基づいて計測されるのが、ユニークユーザーです。

ユニークユーザー数と混同しやすい指標

ユニークユーザーは、Webサイトの効果測定に関する他の指標と混同されがちです。ユニークユーザー以外にどのような指標があるのか、それぞれの概要を解説します。

PV数

PV(Page View:ページビュー)数は、特定の期間内にWebサイト内で閲覧されたWebページの数です

例えば、YさんがWebサイト内を「トップページ」→「製品一覧」→「製品Aの説明ページ」→「製品Bの説明ページ」というルートで回遊し、離脱したとします。この場合、合計PV数は「4」です。

また、別の日にYさんがWebサイト内を「トップページ」→「製品一覧」→「製品Aの説明ページ」→「製品Bの説明ページ」→「製品一覧」→「トップページ」というルートで回遊し、離脱したとします。同じページに2回アクセスしていますが、この場合もすべてカウントされ、合計PV数は「6」になります。

PV数は、各Webページが何度閲覧されたか計測されるため、どのWebページの利用度が高いのかを知ることができます。

セッション数

セッション数も、ユニークユーザー数と混同されやすい指標です。セッション数は、特定期間に1人のユーザーがWebサイトにアクセスした回数を指します

例えば、Yさんが1週間以内にWebサイトに3回アクセスしたとします。1回目は3ページ、2回目は5ページ、3回目は10ページにアクセスしました。この場合、各Webページが何度閲覧されたか関係なく、セッション数は「3」になります。

利用ユーザー数やページ閲覧数ではなく、Webサイトへのアクセス数を知りたい場合には、セッション数を計測します。

セッション数については、以下の記事で詳しく解説しています。ぜひ併せてご確認ください。

セッション数とは? カウント方法と増やすためのポイントを解説」を読む

アクティブユーザー数

アクティブユーザー数は、ユニークユーザー数と区別が付けづらい指標です。純粋なユーザー数を計測する点では、ユニークユーザーと同じ目的を持っています。アクティブユーザーは、一定期間内にWebサービスやアプリ内で1回以上のセッションが発生したユーザーを指します

例えば、あるアプリに会員登録後、一度も起動していないユーザーはアクティブユーザーには含まれません。一定期間内にアプリを起動もしくは使用したユーザーが、アクティブユーザーとしてカウントされます。どれくらいのユーザーが行動を起こしているのか把握したい場合、アクティブユーザー数を計測します。

ユニークユーザーは計測すべき?

ユニークユーザー数はPV数やセッション数と同様、Webサイトの運用効果を知るうえで計測すべき指標の一つです。理由としては、純粋に何人のユーザーがWebサイトを訪問しているかを把握できるためです。一人のユーザーが一定期間内に何度もアクセスし、何度もさまざまなページを閲覧したとしても、ユニークユーザーは「1」とカウントされるため、特定期間のWebサイトへの関心の高さや人気度が的確に測れます。

ユニークユーザー数の計測方法

ユニークユーザーは一般的に、IPアドレス、ホスト名、Cookieの3つのデータをもとに集計されます。また、ユニークユーザーの計測には、アクセス解析ツールなどが用いられます。

Webサーバーはユーザーがアクセスするたびに履歴がログ(記録)として保存されますが、取得されるデータのなかにはIPアドレス、ホスト名、Cookieも含まれています。アクセス解析の際、これらのデータをもとにユニークユーザー数が計測されます。

ユニークユーザーは基本的に 、1ユーザーにつき「1」として計測されますが、同一人物でもこのように計測されないケースがあります。

例えば、ある日の午前中にYさんが会社のパソコンを使用してWebサイトにアクセスします。同じ日の夜、Yさんが自宅のパソコンを利用してアクセスした場合は、新たにユニークユーザーが「1」として計測されます。Yさんは同一人物ですが、2箇所の異なる場所からアクセスしているため、別々にカウントされます。

ユニークユーザー数を増やす方法

Webサイトへの集客を増やすためにも、ユニークユーザー数を高めるための施策が欠かせません。ここでは、ユニークユーザー数を増やす方法をポイント別に解説します。

ユーザーに有益な情報を発信する

ユーザーは、自分が必要とする有益な情報を得るためにインターネットを利用します。自社サイトだからこそ提供できる有益な情報をユーザーに届けることで、ユニークユーザーの増加につながるでしょう

しかし、自社が伝えたい情報のみ発信するだけでは、ユーザーの関心をうまく惹きつけられません。ユーザーがどのような悩みを抱えているのか、課題を解決するためにどのような情報を必要としているのか、ユーザー視点を持ちニーズに沿った良質なコンテンツを企画・作成する必要があります。また、常に最新情報を提供することで、自社コンテンツへの信頼度も高まるでしょう。

ユーザーにとって有益な情報が掲載されたWebサイトは、検索エンジンからのアクセス数も増え、より検索上位に表示されやすくなります。その結果、ユニークユーザー数の増加にもつながります。

Webサイトの滞在時間を伸ばす

ユニークユーザー数を増やすには、ユーザー1人あたりの滞在時間を伸ばす取り組みも重要です。そのためには、ユーザーにとって有益なコンテンツの作成に加え、Webサイトの機能性を高める工夫をおこないます。ユーザーの滞在時間が長いWebサイトでは、それだけユーザーの関心を惹きつけることができており、使い勝手がよいことを意味します。

サイトの滞在時間を伸ばすには、コンテンツの内容にあったクリエイティブ(動画、写真やイラストなどの画像)の配置が効果的です。さらに、文章でユーザーにとって有益な情報を増やせば、その分しっかりと読んでもらえるため、滞在時間が伸びるでしょう。

ユーザーにとって有益なコンテンツが掲載されたWebサイトは、口コミで高く評価され、滞在時間が長いユニークユーザーの増加につながる可能性があります。

流入チャネル(ユーザーとの接点)を幅広く用意する

ユニークユーザーを増やすには、より多くの流入チャネル(ユーザーとの接点)を用意して、Webサイトへの玄関口を増やす取り組みも重要です。リスティング広告やディスプレイ広告などのWeb広告やSNSなど、さまざまな媒体でターゲットユーザーとの接触機会が増えれば、より多くユニークユーザーの流入が見込めます。

また、特にアクセス数増加に貢献しているチャネルが明らかになれば、そのチャネルから流入してくるユーザー向けのコンテンツを増やすことで、さらなるユニークユーザーの増加が期待できます。

ユニークユーザーを増やすにはWeb広告がおすすめ

ユニークユーザーを増やすうえで大きな効果が見込まれるのは、Web広告の活用です。Web広告を効率よく運用すれば、Web広告をクリック後に遷移するランディングページ(商品購入やサービスの申し込み、資料請求、問い合わせなどを目的とした、縦に長い1枚のWebページ)を通じて自社サイトへのアクセス数が増加します

Web広告には、検索エンジンのキーワードに連動して表示されるリスティング広告や、WebサイトやSNSなどの広告枠に表示されるディスプレイ広告など、表示形式や課金形式の違いにより異なる種類があります。自社のターゲットユーザーと予算に合わせて、最適なWeb広告を選びましょう。

リスティング広告やディスプレイ広告については、以下の記事で詳しく解説しています。ぜひ併せてご確認ください。

リスティング広告とは? 初心者でもわかる特徴や費用、運用方法」を読む

ディスプレイ広告とは? リスティング広告とどう違う? 成功させるコツも解説」を読む

まとめ

ユニークユーザーは、Webサイトの具体的な利用者数を知るうえで重要な指標です。ユニークユーザーを計測するには、主にIPアドレス、ホスト名、Cookieを取得します。有益なコンテンツがそろったWebサイトを作成することで、回遊率とユニークユーザーを高められます。

またWeb広告は、ユニークユーザーの増加に有効な手法です。自社に適したWeb広告を知りたい方は、ぜひ専門スタッフにご相談ください。Yahoo!広告はサポートが充実しているため、はじめてWeb広告を運用する方でも安心してご利用できます。ぜひお気軽にお問い合わせください。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード

資料をダウンロード

資料をダウンロード

お申込み