このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

インプレッションとは? 関連指標や増やす方法を紹介

Webマーケティングにおいて「インプレッション」という単語がよく出てきます。インプレッションはWeb広告の効果を測定するうえで重要な指標ですが、他にもさまざまな指標があるため区別ができていない人もいるのではないでしょうか。

本記事では、インプレッションの意味や間違えやすい指標、算出方法などを解説します。なぜインプレッションが重要なのかもご紹介するので、Web広告の担当者やWeb広告の導入を検討している人は参考にしてください。

「インプレッション」とは?

インプレッションとは、「広告が表示された回数」のことです。例えば同じユーザーに広告が2回表示された場合、インプレッションも2になります。
広告が表示されなければそのあとのアクションにつながらないため、インプレッションはWeb広告を運用するうえで重要な指標といえます。

インプレッションに関連する指標

「広告がどのくらい表示されたか」を示すインプレッションは重要な指標ですが、インプレッション単体では広告の費用対効果までわかりません。インプレッションを使って広告費の分析をするには、「コスト・パー・インプレッション」や「コスト・パー・ミル」と呼ばれる指標を使います。

ここでは、2つの指標について解説します。

コスト・パー・インプレッション(CPI)

コスト・パー・インプレッションは、広告を1回表示するためにかかったコストです。発生した広告費をインプレッション数で割って算出します。

コスト・パー・ミル(CPM)

コスト・パー・ミルは、広告を1,000回表示するためにかかったコストです。「ミル」はラテン語で「1,000」を意味します。

広告の運用コストの指標になるだけでなく、「CPM単価」として使われるケースもあります。CPM単価とは、広告が1,000回表示されるごとに広告費が請求される課金体系のことです。

インプレッションと間違えやすい指標

インプレッションは、ページビュー(PV)やリーチと間違いやすいので注意しましょう。ページビューとリーチは、それぞれ違う意味があります。

ここでは、インプレッションと間違いやすい2つの指標について、それぞれインプレッションとどう違うのかを解説します。

ページビュー(PV)

「ページビュー(PV)」は、Webページが閲覧された回数です。もともと1つのWebページに1つの広告掲載が基本だったため、ページビューとインプレッションはどちらも1になり、同じ意味と考えられてきました。しかし現在は、1つのWebページに複数の広告掲載が可能です。そのため、例えば同じWebページの中に2つの広告が掲載されている場合、ページビューは1で、インプレッションは2になります。

ページビューとインプレッションは、ページの閲覧数と広告の表示回数の違いがあるため、必ずしも同じ数値にはならないと覚えておきましょう。

リーチ

「リーチ」は広告を見たユーザー数をカウントします。そのため同じユーザーが広告を数回見た場合もリーチは1になります。

一方、インプレッションは前述したとおり、同じユーザーが3回広告を見た場合、インプレッションも3になります。「インプレッションが多いと思ってリーチを確認したら、すべて同一ユーザーだった」などのケースもあるため、インプレッションだけでなくリーチも指標にするのがおすすめです。

リーチは、ブラウザーやデバイスに保存される情報によりユーザーを識別する点に注意が必要です。例えば、同じユーザーがスマートフォンとパソコンでそれぞれ1回ずつ広告を見た場合、本来であれば1人のユーザーですが、デバイス単位で認識するリーチは2になります。

Webサイトにアクセスしただけではカウントされないことも

インプレッションのカウント方法は、広告の出稿先によって変わります。
例えば、ページの上部と下部にそれぞれ広告がある場合、ユーザーが途中でページを離脱してしまうと下部の広告は画面に表示されません。これをインプレッション2とカウントする出稿先もあれば、下部の広告は表示されなかったとしてインプレッション1とカウントする出稿先もあります。

Yahoo!広告では、インプレッション数は「広告が配信された回数」としています。ページの上部と下部に広告が配信された場合、ユーザーが途中でページを離脱し、下部の広告が表示されていなくても、インプレッション数は1とカウントされます。

また、広告が実際に表示されたかどうかを確認する指標である、ビューアブルインプレッションも導入しています。Yahoo!広告のビューアブルインプレッションは、広告の50%以上が1秒以上画面に表示されると1とカウントします。

このように、独自のインプレッション関連指標を採用している出稿先もあるため、各媒体がインプレッションをどう定義しているかの確認が必要です。

広告運用においてインプレッションが重要な理由

広告運用でインプレッションを重要視する理由は、「広告をユーザーに届けなければ広告の成果が出ないため」です。
広告のクリックやコンバージョンにつなげるためには、まず広告が掲載されなければなりません。そのため、どのくらい広告が表示されたかがわかるインプレッションは大切な指標となります。

また、インプレッションは他の重要な指標を求めるための計算にも使われます。例えば、広告がどのくらいクリックされたかわかる「クリック率」は、以下の式で求めます。

クリック率(%)=クリック数÷インプレッション数×100

クリック率やコンバージョン率は、広告の費用対効果を測定するために使われる重要な指標です。コンバージョン率が高いほど、少ない広告費で成果が出せたことになります。

ただし、「インプレッションは多ければ多いほどいい」わけではない点に注意しましょう。インプレッションが多くても、クリックやコンバージョンが少なければ、広告の成果が出ているとはいえません。

インプレッションを増やして、より多くのユーザーに広告を届けることは大切ですが、同時にクリック率やコンバージョン率を上げるための施策も必要です。

インプレッションを増やすには

ここでは、インプレッションを増やす方法を詳しく解説します。

予算を増やす

Web広告はあらかじめ予算を設定し、その予算内で広告費が収まるようにシステムが自動で調整します。「広告を配信すると予算がオーバーする」とシステムが判断した場合、広告配信のチャンスがあったとしても広告は配信されません。
そのため、予算を増やすと、上記のように予算が原因で広告が配信できなくなるケースを減らせます。

Yahoo!広告では、予算が原因でインプレッションが得られなかった割合を表す「インプレッション損失率(予算)」が確認できます。この数値が高かった場合は、予算を増やすことでインプレッションの改善が期待できるでしょう。

入札単価を調整する

広告が配信されるかどうかは、オークションによって決まります。オークションランクの高い広告から優先的に配信される仕組みで、ランクは入札単価や広告の品質によって算出されます。

オークションで上位に入れないことが原因で広告を配信できていない可能性があるなら、入札単価を調整してみましょう。入札単価を上げるとオークションランクも上がり、インプレッションの増加につながるかもしれません。

ターゲティングや広告掲載方式を見直す

広告のターゲットを明確にするのは大切ですが、配信対象のユーザー属性を過度に絞り込むと広告が配信されにくくなるケースがあります。性別や年齢などのターゲティングは重要ですが、地域や曜日、時間帯まで細かく設定している場合は、一度見直すことをおすすめします。

キーワードやマッチタイプを変更する

キーワードの変更も、インプレッションを増やすために有効です。新しくキーワードを追加すれば、広告を配信できる可能性が高まります。

キーワードを見直す際にはキーワードの変更や追加だけでなく、ロングテールキーワードも設定してみましょう。ロングテールキーワードとは、複数の単語を組み合わせたキーワードのことです。

単体のキーワードは検索ボリュームが大きい分、広告を配信したいと考える競合の数も増えます。多くのライバルにオークションで勝てなければ、インプレッションは増やせません。

キーワードの見直しと同時に、マッチタイプも見直してみてください。マッチタイプが「完全一致」になっている場合は、「部分一致」や「フレーズ一致」に変更するとインプレッションを増やすことができます。

広告の品質を上げる

広告配信を決めるオークションランクは入札単価と広告の品質で決まります。そのため、広告の品質を上げればオークションランクも上がり、インプレッションを増やせる可能性があります。

広告の品質を上げれば入札単価を下げてもランクをキープできるので、広告の費用対効果の改善も可能です。

まとめ

インプレッションとはユーザーに対し広告が表示された回数のことで、Web広告を運用するうえで重要な指標です。広告が表示されてはじめてユーザーへ訴求ができるため、インプレッションを増やすことは大切です。

ただし、インプレッションのカウント方法は広告の出稿先によって定義が変わります。そのため、事前にどのような場合にインプレッションと数えられるのか、媒体に確認しておくと安心です。

Yahoo!広告なら、「ビューアブルインプレッション」「インプレッション損失率(予算)」など、インプレッションに関連するその他の指標も確認できます。導入後のサポートはもちろん、導入前にも無料の個別カウンセリングなどを実施しているので、ぜひお気軽にお問合せください。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード