このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

LPOとは? SEO、EFOとの違いと対策の流れやポイントを紹介

コンバージョン率を向上させるための施策に、LPO(=ランディングページ最適化)があります。LPOとは、ランディングページをよりよく改善し、売上アップなどを目指す手法です。商品の販売や資料請求のためにランディングページを活用している企業も多いため、競合に顧客が流れてしまわないためにも、LPOは重要です。

本記事では、LPOについて詳しく解説します。LPOをおこなうときに大切な考え方や効果的なLPOのポイントなどを紹介しているので、ランディングページの成果を高めたいと思っている人は、ぜひチェックしてみてください。

LPOとは?

LPO(Landing Page Optimization=ランディングページ最適化)は、ランディングページはWeb広告からの受け皿として使われるケースが多く、ユーザーに目標とするアクションを起こしてもらえるように誘導する役割があります。

LPOは、サービスの申し込みや資料請求などのコンバージョンがより多く発生するように、ランディングページを最適化する手法です。LPOを実施すると、Web広告の費用対効果の向上や、コンバージョンの増加による売上アップなどが期待できます。

LPOにおいて大事な考え方

LPOは、「一度実施して終わりではない」という考え方を前提とした施策です。LPOの主な目的はコンバージョン率の向上ですが、そのためには定期的に効果測定をおこなうことが大切です。

LPOの実施前と実施後で、セッション数やコンバージョン数、直帰率などを測定して比較しましょう。コンバージョン率が上がったからLPOは完了だと考えるのではなく、「どこを改善したことで効果が上がったのか」「より成果を伸ばすためにできることがないか」などの視点を常に持っておいてください。

改善を繰り返して、ランディングページをどんどん最適な形にしていくのがLPOです。市場や競合の動向によってもコンバージョン率は変化するため、定期的な効果測定と改善のPDCAサイクルを回すようにしましょう。

LPOとSEO、EFOの違い

LPOと似た言葉に、SEOとEFOがあります。響きは似ていますが意味は異なるので、それぞれの違いを正しく把握しておきましょう。

SEOとの違い

SEO(Search Engine Optimization=検索エンジン最適化)は、検索エンジンの自然検索で上位に表示させることを目的とした施策で、自社サイトへの流入を増やすために実施します

SEOもLPOも、コンバージョンを伸ばすためにおこなわれるのが共通点ですが、アプローチの方向性が異なります。

SEOは、検索エンジンに評価されやすいサイトづくりを通じて、サイトの集客力を高めることを目指す手法です。一方LPOは、ランディングページの内容を改善して、コンバージョン率の向上を目指します。

SEOによって多くのユーザーを集めながら、LPOで効率よくコンバージョンを獲得できれば、大きな効果が期待できます。そのため、どちらも並行して進めるケースが多いです。

EFOとの違い

EFO(Entry Form Optimization=エントリーフォーム最適化)は、購入や申し込みの際に利用する入力フォームをユーザーが使いやすいように改善し、コンバージョンにつなげる施策です

ランディングページが魅力的でも、入力フォームが使いにくいとユーザーがそこで離脱し、コンバージョンを阻害する要因となってしまいます。「申し込みしようと思ったのに、入力項目が多すぎて途中で嫌になった」などの経験がある人もいるのではないでしょうか。

LPO施策とあわせて、EFOにも取り組んでいるケースが多いです。

LPO対策の流れ

LPOはランディングページにやみくもに変更を加えるのではなく、流れに沿って実施するのが効果的です。ここでは、LPO対策の流れを紹介します。

現状の問題点を洗い出す

はじめに、現状の問題点を洗い出しましょう。「コンバージョンが少ない」といったざっくりした問題ではなく、以下のような細かいデータを取得し、どこに問題点があるのかを分析します

・訪問数/アクセス数
・コンバージョン率
・クリック率
・滞在時間
・直帰率
・離脱率・離脱場所
・検索キーワード

これらのデータを確認すると、「セッション数は多いのに直帰率が高い」「ページの途中で離脱しているユーザーが多い」など、細かい問題がみえてきます。

具体的な施策内容を決める

問題点を洗い出せたら、問題に応じて具体的な施策内容を決めます。「直帰率が高いのはファーストビューの印象が良くないからでは」「滞在時間が短いのは広告文とのギャップがあるからでは」など、問題ごとに仮説を立ててみてください。

仮説を立てたら、実際のランディングページを見ながら、改善できそうなポイントとどのように改善すべきかを具体的に検討します

決めた改善施策を実行する

具体的な施策内容が決まったら、実際にランディングページの変更作業をおこないます。改善をおこなうときのポイントは、複数の施策を一度に実施するのではなく、ひとつずつ順番に実施して効果を測定することです。

複数の改善施策を一度に取り入れると、どの施策に効果があったのかわかりにくくなってしまうため、改善の進め方や優先順位に注意してください。

施策の結果を見てPDCAを繰り返す

改善施策を実施したら、こまめに効果測定をおこなって結果を確認しましょう。ひとつ改善を実施したら、その都度効果を測定して、効果があった施策とそうでないものを判断します。

繰り返しPDCAサイクルを回し、細かく改善を重ねていくのがLPOのポイントです。

効果的なLPO対策のポイント

コンバージョン率の高いランディングページを作成するには、いくつかのポイントがあります。ここでは、効果的なLPO対策のポイントを紹介します。

ファーストビューで興味を惹きつける

ランディングページは、ファーストビューが重要です。ファーストビューとは、ランディングページの上部に位置する、ユーザーが最初に目にするエリアです。キャッチコピーやコンバージョンに誘導するボタン、画像や動画などを工夫して、ひと目見て興味を惹かれるような設計にしましょう。

ファーストビューは、ページを読み進めてもらえるかを左右する重要な要素です。ターゲット層に好印象を持ってもらえるような画像やキャッチコピーを検討し、魅力的なファーストビューにしましょう。

権威性のあるコンテンツを設置する

コンバージョン率を上げるためには、権威性のあるコンテンツを掲載するのも有効な方法です。権威性とは、販売実績や専門家の監修など、コンテンツが客観的に信頼できると感じられる情報のことです。

抽象的な表現や主観的な情報しか掲載されていないページは、ユーザーからの信頼が得にくく、訴求力に欠けてしまいます。権威性のあるコンテンツを設置すると、ユーザーに安心感や信頼感を与え、コンバージョンにつなげやすくなります

CTAボタンの場所やデザインを最適化する

ランディングページにおいて、CTAボタンの場所やデザインは非常に重要です。CTAボタンとは、「申し込みはこちら」「問い合わせ」など、コンバージョンに誘導するためのボタンのことをいいます。

購入や申し込み意欲があるユーザーでも、CTAボタンをすぐに見つけられないと意欲を削いでしまう可能性があります。CTAボタンの場所・文言・色・大きさなどでコンバージョン率に差が出るので、複数パターンをテストして効果の高いものを採用しましょう。

外部に遷移できるリンクを減らす

外部に遷移できるリンクを減らすのも、効果的なLPO施策のひとつです。ランディングページの外部ページに移動できるリンクがあると、途中で離脱してしまうユーザーが増えてしまいます。一度ページを離れると再び戻ってくる可能性は低いため、ランディングページ内で情報を完結させるよう意識しましょう。

1枚のページで商品やサービスへの理解を深められ、疑問や不安のない状態でCTAボタンまで誘導できる構成はコンバージョンにつながりやすくなります

どのデバイスでも見やすいデザインにする

スマホ・パソコン・タブレットなど、ユーザーが利用するデバイスは多様化しています。そのため、どのデバイスでも見やすいデザインにする点も重要です。

例えば、パソコン用のページをスマホで表示すると、文字や画像が小さくて見にくい表示になってしまいます。興味を持ってランディングページを訪れてもページ表示が見にくいと、ユーザーはすぐに離脱してしまうでしょう。

デバイスの違いに対応するには、デバイスごとに最適なレイアウトのランディングページを用意したり、デバイスのサイズに合わせて自動でレイアウトを調整するレスポンシブデザインを採用したりする方法があります

特に、スマホで情報収集や通販を利用するユーザーは多いので、パソコン用のランディングページしか用意していない場合は、スマホ対応にも力を入れましょう。

まとめ

LPO施策は、ランディングページの運用に欠かせません。Web広告のリンク先にランディングページを活用している場合、LPOを実施するかどうかで広告の費用対効果に大きく影響を与えます。SEOやEFOも並行して取り組み、コンバージョン率の向上を目指しましょう。

ランディングページに効率的にユーザーを誘導したい場合は、Web広告の導入がおすすめです。すでにWeb広告を運用しているなら、キーワードや広告文の見直しなども実施しましょう。

Yahoo!広告なら、導入前の無料相談や導入後のアドバイスなど、広告主様をバックアップする体制が整っています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード
資料をダウンロード