このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

セッション数とは? カウント方法と増やすためのポイントを解説

「自社サイトのセッション数が上がらず悩んでいる」という担当者もいるのではないでしょうか。セッション数を増やすには、まずセッション数がどのようにカウントされているのかを理解することが大切です。

本記事では、セッション数のカウント方法や、サイトの集客力を確認できるその他の指標について解説します。セッション数を増やすためのポイントも紹介するので、チェックしてみてください。

セッション数とは

セッション数とは、ユーザーがサイトを訪問して離脱するまでを1回とカウントし、特定期間に発生したセッションの合計数を表します。同じユーザーがサイト内でページを移動しても、セッション数は1です。

ユーザーがサイトを離脱したと判定されるのは、次の3パターンがあります。

  • サイトから離脱する
  • 0分以上、クリックなどのアクションがない
  • 日付が変わる

例えば、あるユーザーが19時に一度サイトを訪問し、22時に再度サイトを訪れた場合はセッション数は2です。また、ユーザーがサイトを閲覧中に日付が変わると、30分経たないうちにアクションしたとしてもセッション数は2回になります。

セッション数と関連数値の違い

セッション数はサイトがどのくらい閲覧されているかの指標として利用されます。セッション数のほかにもサイトの閲覧数の指標に使われる数値があるため、それぞれの指標とセッション数の違いも確認しておきましょう。

ここでは、セッション数と関連数値の違いを解説します。

PV数(ページビュー数)

PV数(ページビュー数)は、特定期間にサイト内のページが表示されたトータル回数です。同じユーザーがページを移動すると、移動した回数分カウントされるのが特徴です

例えば、同一ユーザーがサイト内でページを移動して2つのWebページを閲覧した場合、セッション数は1ですが、PV数は2になります。

PV数は、単純にサイトの閲覧回数を確認したいときに使われるほか、1セッションあたりのPV数をチェックして、サイト内の導線の改善検討に役立てられることもあります。

ユーザー数

ユーザー数は、サイトを訪問したユーザーの数をカウントします。同一ユーザーかどうかはブラウザのCookieで判断するため、アクセスする端末やブラウザが変われば、別のユーザーとしてカウントするのが特徴です

Cookieを保持している間は同一ユーザーとして認識するため、日付をまたいでサイトを訪問してもユーザー数は変わりません。一方、セッション数は日付が変わると一度サイトを離脱したと判断され、日付をまたいだ時点で再度カウントされます。

実際にどのくらいの人がサイトを見てくれているのか知りたいときは、ユーザー数を確認しましょう。

アクセス数

アクセス数は、定義があいまいな言葉です。「アクセス数=ユーザー数」として使われることもあれば、「アクセス数=PV数」として扱われることもあります。 アクセス解析ツールなどでアクセス数を見たら、その定義を確認するようにしましょう。

クリック数

クリック数は主にWeb広告を運用する際に使われる指標で、広告がクリックされた回数のことです。同一ユーザーでも同じ広告を2回クリックすれば、クリック数は2になります

一方、セッション数はユーザーがサイトを訪問してから離脱するまでを1回とカウントします。サイトを離脱したと判断されるのは、実際にサイトを離脱したか30分以上アクションがない、もしくは日付が変わったときです。そのため、同じブラウザで同日30分以内に広告を2回クリックしてサイトを2回訪れた場合、クリック数は2ですがセッション数は1です。

【ケース別】セッション数のカウント方法

スマホやパソコンでサイトを閲覧する際、タブやウィンドウを分けて使っている人も多いでしょう。ここでは、ケース別のセッション数のカウント方法を紹介します。

複数タブで同ページを開いている場合

複数のタブで同じページを開いた場合、いくつタブを開いていてもセッション数は1とカウントされます。タブごとに区別はされません。

複数ウィンドウで同ページを開いている場合

複数ウィンドウで同じページを閲覧した場合、ブラウザが同じかどうかでセッション数のカウントが異なります。同一ブラウザの場合は、セッション数は1です。別のブラウザの場合、セッション数はブラウザの数だけカウントされます。例えば、2種類のブラウザを使っていれば、セッション数は2です。

このようなカウント方法になるのは、Cookieを使ってユーザーを識別しているからです。同じブラウザであればCookieは同一なので、ウィンドウが分かれていても同じユーザーとして判別し、セッション数は1になります。一方、ブラウザが違うとCookieも異なるため、セッション数はブラウザごとにカウントされる仕組みです。

また、Chromeの「シークレットモード」やSafariの「プライベートモード」など、Cookieを保存しない特殊な機能を使った場合には、同じブラウザでもセッション数は別カウントになります。

ブラウザやタブを途中で閉じた場合

ブラウザやタブを途中で閉じて、再度同じサイトに訪問した場合、閉じてから再訪問するまでの時間によってセッション数のカウントが異なります。ブラウザやタブを閉じてから30分以内で再度アクセスした場合は、同一セッションとみなされます

一方、ブラウザやタブを閉じて30分以上経過してから再訪問した場合は、一度サイトを離脱したとみなされ、セッション数があらためてカウントされる仕組みです。

複数デバイスで同ページを開いている場合

複数のデバイスで同じページを開いている場合、端末ごとにセッション数がカウントされます。例えば、スマホとパソコンから同時に同じページを開いた場合、セッション数は2です。

これは先述のとおり、ブラウザごとのCookie情報によってユーザーを識別しているためです。

セッション数を増やすためのポイント

セッション数はサイトの集客力を確認するひとつの指標のため、なるべく増やしたいと考える人も多いでしょう。セッション数が増えると、それだけ多くユーザーの目に触れたことになるので、売上げ向上や知名度アップも期待できます。

ここでは、セッション数を増やすためのポイントをみていきましょう。自社サイトで実践できているかどうか確認してみてください。

SEO対策を実施する

セッション数やユーザー数を増やすには、検索エンジンからの流入を増やすことも大切です。検索エンジン経由での訪問を増やすには、SEO対策をおこないましょう。SEOとは「検索エンジン最適化」です。検索結果ページの上位に自社サイトが表示されるよう実施する対策を、SEO対策といいます。

ページ内に検索されそうなキーワードを適切に入れたり、ページの表示速度を改善したりするなど、対策にはいくつかの方法があります。

その中でも特に、コンテンツの量と質を向上させることで、効果が期待できます。ユーザーに役立つサイトが検索上位になる傾向があるため、コンテンツの質は大切です

また、コンテンツの量を増やせば情報不足が解消されるだけでなく、さまざまな検索ワードで自社サイトがヒットする可能性が高まります。情報が充実しているサイトは、ユーザーにとっても魅力的でしょう。

検索結果ページの上位に出てくるサイトはユーザーの目に止まりやすいため、SEO対策によって検索順位を上げられれば、セッション数の増加が期待できるでしょう

SNSを活用して流入元を増やす

検索エンジン以外にサイトへの流入元となるのがSNSです。SNSはユーザー数が多く、投稿の拡散が期待できるのが特徴です。自社のコンテンツが広くシェアされれば、それだけ多くのユーザーをサイトに誘導できる可能性があります。SNSの特性に応じたアプローチを意識しましょう。

Web広告を運用する

セッション数の増加には、Web広告の運用も効果的です。主なWeb広告として、リスティング広告とディスプレイ広告があります。リスティング広告は検索エンジンの検索結果ページに掲載できる広告で、ディスプレイ広告はWebサイトなどの広告枠に自社の広告を表示できます。

特に、リスティング広告はセッション数の増加に効果的な広告です。ユーザーが検索したキーワードと関連性の高い広告が掲載されるため、ユーザーの目に止まりやすく、ニーズの高いユーザーを効率よくサイトへ誘導できます。

また、SEO対策は効果が出るまで時間がかかりますが、リスティング広告なら広告を出稿した直後に掲載できる可能性もあるのもメリットです。

リスティング広告について、こちらの記事でも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

リスティング広告とは? 初心者でもわかる特徴や費用、運用方法」を読む

まとめ

セッション数は、ユーザー数やPV数と同様、サイトがどれくらい閲覧されているかを確認できる指標です。セッション数を増やすことで、売上げアップや知名度の向上などが期待できます。セッション数はカウント方法が少し複雑なので、ユーザーがサイトを離脱したとみなすポイントを覚えておきましょう。

本記事で紹介したとおり、セッション数の増加にはWeb広告を活用するのが効果的です。Yahoo!広告なら、Yahoo! JAPANの検索結果ページやコンテンツページに広告を掲載できるため、多くの人に向けてアプローチできます。導入前の無料相談も実施しているので、お気軽にお問い合わせください。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード

資料をダウンロード

資料をダウンロード

お申込み