このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

Web広告でアパレル系の集客を成功させるポイントは? 効果的な集客手法を紹介

アパレル販売は競争が激しく集客が難しい業界といわれていますが、お客様を集めるにはどのような集客手法を取り入れたらよいのでしょうか。

インターネットで集客できるWeb広告は、アパレル業界をはじめさまざまな企業が利用しています。少ない初期費用で運用を始められるため、コストが気になる企業でも導入しやすい手法です。
本記事では、アパレルの集客方法やWeb広告を成功に導くためのポイントを解説します。

従来のアパレルの集客・広告は?

アパレル業界の集客方法には、ハガキや紙面、電子メールを通したダイレクトメールやチラシ、メールマガジンなどの手法が使われてきました。
ショップから個人のお客様に送るダイレクトメールは、限定したメンバーに送られたり個人宛のメッセージが添えられたりするなど特別感を出せます。また期間限定キャンペーンの告知や来店のお礼などを通して、お客様とショップの関係構築ができるというメリットがあります。

オフラインの手法で新規顧客を獲得したいときは、新聞と一緒に届けられる折り込み広告、ポスティングで届けられるチラシ、街頭で配られるビラなどが使用されます。
実店舗がある場合は近隣地域のターゲットに直にアプローチできますが、幅広い範囲に配布する場合はポスティングの人件費や印刷代の費用がかかります。また、しつこくチラシやビラを配るとネガティブな印象を持たれる可能性があるため注意が必要です。

メルマガはオンラインで集客の一つで、定期的に顧客にメールを送り情報発信をします。直接情報が届けられる一方、頻繁に更新してノウハウを共有するなど内容を工夫しなければ、届いても読んでもらえないことに留意しましょう。

アパレルの集客にWeb広告が向いている理由

ここまで、従来の集客手法としてよく用いられてきた方法をご紹介しました。しかし「施策は打っているはずなのになかなか成果が上がらない」というショップも多いのではないでしょうか。
アパレル業界では、Web広告を使うことで効率的な集客が可能です。ここでは、アパレルの集客にWeb広告が向いている理由を解説します。

ブランドと親和性の高いユーザーにアプローチできる

Web広告は、広告主によってターゲットユーザーを細かく設定できます。ターゲティングをおこなってWeb広告を運用すると、自社のブランドと相性のよいユーザーにアプローチできる可能性があります。

ユーザーの閲覧履歴や属性、年齢や性別、興味・関心などを分析しマッチングしたうえで広告を届けられるため、従来の方法に比べて効率がよいといえます。アパレル業界ではブランドによって対象とする顧客層が大きく異なるので、親和性の高いユーザーに広告を見てもらうことが集客のポイントです。

予算を自分で変更できる

従来の宣伝方法では人件費や印刷費に費用がかかり、一度決めた広告内容や印刷量をあとから変更しにくい点がデメリットでした。また、幅広い客層に配っても、広告の内容を見てもらえない可能性があります。

Web広告では、広告がクリックされると費用が発生する「クリック課金制」や、広告が表示されたら費用が発生する「インプレッション課金制」など、ユーザーに見てもらえる状態になってはじめて広告費用が発生する料金形態があります。さらに広告予算の上限をあらかじめ設定できるため、どのくらい費用を使うか把握したうえで運用できます。

またキャンペーン時期に合わせて予算を多く投入したり、オフシーズンには少なめの費用で広告を運用したりと、予算にも強弱をつけて集客に取り組めます。

広告の費用対効果がわかる

Web広告の強みは、データを取得して分析ツールで確認し、費用対効果を数字で把握できる点です。
費用対効果とは広告のために投入した費用に対して得た効果のことで、Web広告ではお問い合わせや商品購入、資料請求、会員登録などのアクションがどれだけあったかを効果として計測します。

集客を試みても効果がわかりにくい、何をすればどれだけの反応が得られるのか測りにくいという悩みはつきもの。Web広告の場合は数値として成果があらわれるので、目標を立てて検証と改善を繰り返しながら費用対効果を高めていくことができます。

アパレルの集客に向いているWeb広告は?

Web広告にはリスティング広告やディスプレイ広告、SNS広告やアフィリエイト広告など、多くの種類があります。
アプローチしたいメインターゲットを明確にしたのち、広告の種類を選ぶとよいでしょう。

特定の商品にすでに興味や関心が高かったり、自社やブランドの名前を聞いたことがある・知っていたりする顕在顧客に広告を見てもらいたい場合は、リスティング広告(検索連動型広告)を使うと効果的です。検索エンジンでキーワードを検索すると、検索結果とともに表示される広告です。

また、まだ自社の展開する商品やその分野についての興味・関心を認識していない潜在顧客には、画像や動画、テキストなどを表示できる「ディスプレイ広告」が適しているでしょう。将来的に自社の商品に関心があることを認識し、新規顧客になる可能性があります。

アパレルのWeb広告、成功のためのポイント

Web広告はどの企業でも気軽に参入できる分、コツを押さえて運用することが大切です。 ここでは、アパレルショップがWeb広告を使って効果的に集客するためのポイントをご紹介します。

商品名や関連キーワードを洗い出す

Webマーケティングでは、広告主がWeb広告を出す際に登録するキーワードの選出が重要です。キーワードが的確に選定されていないと、狙ったターゲット層に広告が届きにくくなります。

集客につながるキーワードを洗い出すには、ユーザーの思考パターンを意識する必要があります。メインとなるキーワードと、かけあわせて使われる関連キーワードも洗い出し、ニーズに基づいて特徴などの言葉を入れてもよいでしょう。

自社で検討するのに限界がある場合は、キーワードアドバイスツールを使用するのもおすすめです。同じニーズを表す内容でも、キーワードは1つだけとは限らないことにも注意しましょう。例えば、Tシャツやトップス、パンツとボトムスなど、ユーザーによって表現は異なります。

広告運用を始めたら、検索量やキーワードのカバー範囲などを見直しながら必要に応じて変えるとよいでしょう。

店舗型の場合は出稿エリアを絞る

オンラインショップを経営して全国に向けて事業を展開している場合と異なり、ショップを構えて営業する店舗型の場合は、エリアを絞ってターゲティングをすると効率的に広告を運営できます。ショップの近郊や足を運べるエリアのユーザーをターゲットとして設定すれば、来店に結びつきやすくなるでしょう。

Web広告はオンラインショップ向けのみと思われがちですが、エリアを限定できるため、店舗型の集客にも効果的です。店舗型では地域名との関連キーワードを利用することで、コンバージョン獲得につながりやすくなるでしょう。

ブランドイメージに合う広告デザインを作成する

ディスプレイ広告など画像や動画を使った広告では、デザインも重要なポイントです。配色や写真、イラスト、メッセージなどは、自社がすでに提起しているブランドのコンセプトや価値観と矛盾しないように注意しましょう。

ブランドや商品と広告のビジュアルデザインに統一感が出ると安定性を感じ、企業の信頼度が高まり、お客様の印象に残りやすくなります。また、Web広告によってブランドのテイストが伝わると、自社の商品をまだ知らない潜在層にも関心を持ってもらえるでしょう。

ユーザーに刺さるアパレルの広告を作成するには

印象に残るアパレル広告を作成するために、意識したいポイントをご紹介します。

ターゲットごとに文言を変更する

Web広告ではターゲットの細かい設定が重要です。同じ文言を使いまわすのではなく、ターゲットごとに的確な文言に変更しましょう。広告の内容がユーザーの印象に残り、アクションにつながるメッセージを記載します。

キャンペーン告知や商品紹介など自社が伝えたい情報を一方的に伝えるだけでなく、ユーザーが抱える悩みやニーズ、関心を示すポイントに合わせて文言を変えてみてください。難しい場合は、ペルソナを設定して文言を作ってみるのもおすすめです。

価格訴求の場合は価格が目立つようにする

インターネットで商品を検索する人のなかには、価格の安さを優先する人が多いです。価格を訴求ポイントとする場合は、価格が目立つように表示しましょう。通常価格や市場価格との差をわかりやすく示したり、競合に比べてお得感がある点を訴求したりするのがコツです。特に、全国で商品を展開するネットショップでは、価格の安さで勝負する必要もあります。

ただし、価格の安さや割引キャンペーンなどをアピールし続けると、ブランドイメージが下がってしまう可能性があります。長期的なスパンで考えると、価格訴求のみに頼るのは避けたほうがよいでしょう。

ブランディングは写真が大切

ディスプレイ広告など写真を使えるWeb広告では、写真素材もこだわって選びましょう。視覚イメージで訴えかけることができるため、写真はターゲットの印象に残りやすくなります。写真や商品のコンセプトにマッチする写真を使用すると、ブランドに好感を抱いたり憧れをもったりするきっかけになるでしょう。 いつも同じ広告だとユーザーに飽きられてしまうこともあるため、季節感やトレンドを取り入れてみるのもおすすめです。

まとめ

アパレルの集客では、ネットショップでも店舗型でもWeb広告が活用できます。
パソコンやスマートフォンで目にしたWeb広告がきっかけで、お気に入りのアパレルショップを見つけるユーザーは数多いです。競争の厳しい業界で勝ち抜くためには、コツを押さえて戦略的に集客に取り組む必要があります。今回ご紹介した情報を参考に、Web広告を運用してみてはいかがでしょうか。

月間アクティブユーザーがトップクラスのYahoo!広告では、大きな集客力が見込め、ブランドの認知拡大や新規顧客の獲得につなげられます。地域ターゲティングを含め細かいターゲティングが可能なため、効率よく広告を掲載できます。ぜひご検討ください。

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

検索広告を始めると広告料金
25,000円分プレゼント

今すぐ申し込む

広告料金25,000円分をプレゼント

詳しくはこちら ≫