このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

Web広告でブライダル・結婚式場の集客を成功させる秘訣は? 効果的な手法を紹介

ブライダル業界は「結婚」や「結婚式」に対する価値観の多様化により、サービスのバリエーションも大きく広がっています。そんな中で他社に先んじて集客に成功し、利益を上げていくための効果的な集客戦略が欠かせません。

本記事では、数ある集客方法のなかから、Web広告を活用した集客の秘訣をポイントごとにご紹介します。

従来のブライダル集客・広告は?

ブライダル事業で従来的に活用されてきた集客や広告手法は、結婚式相談所から結婚情報誌へと移行し、今では結婚情報誌の代わりに結婚情報サイトが主流となっています。
結婚情報サイトは、式場探しや衣装探し、二次会会場の選定など、実際のユーザーが投稿した口コミも含めて手軽に情報を検索できます。また、花嫁のレポートや結婚式に関わるアイディアなど、さまざまな情報が手軽に得られるサービスもあります。

 

また、実際に結婚式を挙げた新郎新婦がSNSで発信する情報も、結婚式のアイデアやトレンド情報を収集できるのでユーザーに重宝されています。

結婚情報サイト以外では、独自にホームページやSNSの運営、Web広告やSNS広告を活用して集客に力を入れているブライダル事業者も少なくありません。

ブライダルの集客にWeb広告が向いている理由

ブライダル事業ではさまざまな方法が宣伝活動に利用されており、なかでもWeb広告はブライダル事業の集客に適しています。その理由をポイントごとに説明します。

ターゲットの居住地に左右されない

一見、地域密着型のイメージが強いブライダル事業ですが、そうとは限りません。地元での挙式にこだわらず、遠方のリゾート地などで親しい関係者を交えて挙式するケースもあれば、新郎新婦だけでフォトウェディングのみ済ませるケースなど、結婚式のあり方やニーズは多様化しています。
また、旅行先など式場から遠く離れた場所で結婚式場の情報を検索するケースもあります。

こうした背景を踏まえた際、ユーザーがいる場所に左右されず広告を表示させることができるWeb広告は居住地に関係なく訴求できる強みがあります。
逆に「このエリアにのみアプローチしたい」という戦略がある場合も、エリアを限定して広告を配信できます。広く訴求したい場合と絞って訴求したい場合、両方に対応できるというメリットがあります。

顕在層だけでなく潜在層にもアプローチできる

Web広告では、「これから結婚する予定があり、情報を収集している」という顕在層はもちろん、「今のところ結婚する予定はないが将来的に結婚する可能性がある」という潜在層に対してもアプローチしやすいメリットがあります。
まだニーズが顕在化していないものの結婚式やブライダルにまつわるサービスと親和性が高い属性のユーザー、つまり将来の見込み客向けに認知を高めていくのも、今後の成長を見据えた成長戦略として重要です。
Web広告では、配信のしかたによって顕在層、潜在層どちらか一方のみではなくどちらに対してもアプローチできるため、狙いたいターゲットに的確に働きかけられる強みがあります。

費用対効果を計測しやすい

一般の雑誌や結婚情報誌への広告出稿は、一定の効果は得られるものの、費用が割高になる傾向があります。また、実際にどれだけの広告効果があったかを測定しづらく次回以降の広告戦略を改善しにくいデメリットもあります。

一方Web広告の場合、実際に広告経由でどれだけの人々がクリックし、申し込みに至ったかなどをリアルタイムで把握できます。費用対効果が測定しやすいのは大きなメリットといえるでしょう。

ブライダルの集客に向いているWeb広告は?

さまざまなWeb広告があるなかで、どのWeb広告がブライダル業界に向いているのでしょうか。

結婚の予定があるなど、ニーズが具体化している顕在層には「リスティング広告」がおすすめです。
リスティング広告では、インターネット上の検索に具体的なキーワードを使用するため、ユーザーが検索したキーワードに連動してテキスト広告が表示されます。例えば「沖縄 フォトウェディング」と検索したユーザーには、沖縄のフォトウェディングに関連する広告が表示されます。
ユーザーの意欲が高まっているタイミングで広告を表示させることができるため、費用対効果が高いのが特徴です。

一方、結婚のニーズが顕在化していない潜在層には「ディスプレイ広告」が向いています。
ディスプレイ広告は、Webサイトやアプリ上に設けられた広告枠内に動画や画像付きで表示される広告全般を指します。
認知向上やWebページへの誘導など、目的に応じて広告を運用できます。また結婚にまつわる華やかな雰囲気のクリエイティブで興味や願望を掻き立て、クリックへと導けるという点でも潜在層向きの広告といえるでしょう。

Yahoo!広告では、検索広告・ディスプレイ広告の両方で、さまざまな客層向けに多種多様なターゲティングの機能を提供します。具体的なサービス内容は以下をご覧ください。

あなたの商品・サービスを探している人に届く!Yahoo!広告について詳しく見る

ブライダルのWeb広告、成功のためのポイント

では、実際にブライダルでWeb広告を活用する際、どのようなポイントを押さえればいいのでしょうか。ここでは、成功のためのポイント別に解説します。

訴求ポイントを整理し盛り込む

自社のブライダル事業で訴求したい特徴を考えてみましょう。
例えばハウスウェディング会場では、おいしい料理やきめ細やかなおもてなし、フォトジェニックな内装やガーデンなど、さまざまなポイントが考えられます。
そうした訴求ポイントを盛り込み、キーワードの選定や広告文、広告デザインの作成に活用することで、ニーズが合致するユーザーが検索した際に広告が表示される確率が高まります。

逆に訴求したいポイントが不明瞭なまま広告を出稿しても、ブライダルに対するニーズが多様化している昨今ではアプローチしたいユーザーに届きにくくなってしまいます。
まずはサービスや式場、事業にどんな特徴があり、どんなユーザーを獲得したいのかを洗い出して整理していきましょう。

限定感や特別感のある特徴を洗い出す

Web広告を作成する際は、限定感や特別感を盛り込むことでさらに訴求力がアップします。

例えば、フォトウェディングでは期間限定のアルバム制作料金割引、高原のチャペルでの挙式プランは気候のよい初夏などの季節感、離島での結婚式プランは絶景ロケーションでの撮影ポイントなどが考えられるでしょう。
結婚式場の特徴やその時期だけのオファーが色濃く出る要素を洗い出して広告のテキストやクリエイティブに盛り込むと、ユーザーが興味を引く広告に仕上がります。

競合との差別化ポイントを整理する

自社のブライダル事業を見直して、競合との差別化ポイントを洗い出しましょう。
例えば、同じリゾート地に位置するホテルのウェディングでも、有名な写真スポットのビーチが敷地内にある、本場フランスで有名なシェフの料理が堪能できるなど、他のホテルにはない価値があると思います。競合よりも優位に立てる差別化ポイントを活用しましょう。

ユーザーに刺さるブライダルの広告を作成するには

次に、ユーザーに刺さるWeb広告作成のポイントをご紹介します。

会場の魅力を訴求する

結婚式場の魅力が全面に伝わるように広告内容を工夫することで、ユーザーへの訴求力が高まります。
例えば、同じ式場でも神前式を提供できる会場と、教会式が挙行できる会場ではセールスポイントが異なるはずです。
また、「成功のためのポイント」で整理した訴求したいポイントや競合と比べた際の強みも交えて魅力が伝わる広告を作ることで、他の式場との差別化をはかるとともに「ここがいい」と思ってもらえる広告に仕上がるはずです。

ユーザーに刺さりやすいキーワードを意識する

ユーザーが使用するキーワードに連動して表示される検索広告では、キーワードの的確な選定が重要です。自社のブライダル事業で訴求したい魅力を言い表すキーワードを考えましょう。
例えば、離島のチャペルでこぢんまりした結婚式がアピールポイントなら、「少人数」「ビーチ」「アットホーム」「リゾートウェディング」「宿泊プラン」など、ターゲットユーザーの使用頻度が高いキーワードを選定します。

効果測定をしながら広告を改善する

Web広告の特徴として、掲載中あるいは掲載終了後など好きなタイミングで広告の内容を変更し、改善につなげられる柔軟性があります。効果が悪ければ改善して再度掲載するといったスピード感ある取り組みができるのもWeb広告の強みです。

効果測定をおこなう場合に重要なのは、広告を通じてユーザーに喚起したいアクション(コンバージョン)の明確な定義、そしてアクションの発生を示す指標の明確な定義です。

例えば、ディスプレイ広告の動画を通じて式場の知名度を広めたいなら、コンバージョンは動画の視聴になり、その発生を示す指標として再生回数が使用できます。あるいは、検索広告で式場を宣伝するなら、コンバージョンはブライダルカウンセリングの申し込みになり、その発生を示す指標は申し込みフォームの送信数です。

このように、広告で喚起したい行動と見るべき指標が明らかになれば、広告の効果の推移をリアルタイムで把握できます。

さらに、効果測定を通じて広告の効果の伸び悩みが判明した場合は、改善策をしたあとに経過観察が可能です。

検索広告では、ヒットしていないキーワードを検索対象から外す、ユーザーのインターネット利用時間を考慮して表示スケジュールを別の曜日・時間に変更するなどの調整ができます。ディスプレイ広告では、それまで使用していた画像や動画を別のものに差し替える、ユーザーのターゲティング設定を変えるなどの対応も可能です。

Web広告では掲載終了後も、効果レポートのデータ分析で明らかになった改善点を踏まえ、次回広告を出稿する際に意識すべきポイントとして活用できます。

まとめ

ブライダル業界は近年縮小傾向が続いていますが、親和性が高いWeb広告をうまく活用すると、新たな顧客開拓につながります。Web広告には、ターゲットの居住地に左右されることなく顕在層・潜在層の両方に訴求できる、費用対効果が測定しやすいなど、従来の広告にはないメリットがあります。

ユーザーに刺さる広告に仕上げるには、訴求ポイントや他社との差別化ポイントを反映し、魅力的な広告内容に仕上げ、ターゲットとの関連度を上げる必要があります。また、掲載中の広告はリアルタイムで効果測定をおこない、新たな改善へとつなげることで運用効果が高まります。

Yahoo!広告では、各種ブライダル事業に適したさまざまなWeb広告サービスを、手厚いサポートとともにご用意しています。興味のある方はぜひお問い合わせください。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード

資料をダウンロード

資料をダウンロード

お申込み