このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

Web広告でクリーニング店の集客を成功させるには? 手法やポイントを紹介

クリーニング店では、地域に根ざしたサービスを展開していることも多く、従来はチラシや看板などが集客手法として活用されてきました。
しかし最近はインターネットで情報収集をする人が増えており、新たな集客方法として「Web広告」が幅広い業界で活用されています。Web広告はエリアを絞ってターゲティングができるため、実店舗を構えるクリーニング店にも有効な集客方法です。

本記事では、クリーニング店の集客をWeb広告でおこなうポイントをご紹介します。クリーニング店の集客に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

従来のクリーニング店の集客・広告は?

クリーニング業界では、オフラインの手法を主流とした集客対策がおこなわれてきました。代表的な集客方法として、チラシや新聞の折り込み広告、看板、ダイレクトメールなどがあります。

チラシ広告は、クリーニング店に近い地域の民家にポスティングをおこなう集客方法です。似た手法である折り込み広告の場合、地域を絞ったうえで多くの家に新聞と一緒に配布されます。
また、駅前や商店街など人通りの多い場所でチラシが配布されることもあります。価格や店舗へのアクセス、割引クーポンなどが手元に残るため、チラシを見て後日来店してもらえる可能性が高い手法といえます。

看板もよく利用される宣伝方法です。自店舗の看板だけでなく、道路沿いに設置する野立て看板、持ち運びのできるバナースタンドやパネルスタンド、店頭に設置できるロータリー看板などで存在をアピールします。

その他に、来店履歴のある顧客にはがきでダイレクトメールを送ることもあります。キャンペーン情報やクーポン、お礼のメッセージなどを付けて届けられるため、安定したリピーターを増やすための手法としてよく使われます。

クリーニング店の集客にWeb広告が向いている理由

インターネットが普及しているなか、クリーニング店の集客にはWeb広告が向いています。ここでは、その理由をご紹介します。

多くの顧客へアプローチができる

利用者を増やすためにはまず、なるべく多くの顧客に店舗の存在を知ってもらうことが重要です。チラシや看板だと一部の通行人や近隣住民に限られますが、Web広告では多くの異客様にアプローチできます。

Web広告ではクリーニングのサービスを必要としている顕在層のみに留まらず、ニーズはあるのに「クリーニング店を利用する」という意識がない潜在層へのアプローチも可能です。クリーニング店にとっての潜在層は、例えば忙しいビジネスパーソンや、なるべく家事の負担を減らしたい夫婦などが考えられます。

顕在層と潜在層、両方の顧客にアプローチすれば、自店舗の認知拡大や集客につながります。

エリアを絞り込んだ配信ができる

Web広告は、エリアを絞り込んだターゲティングが可能です。そのため、広範囲にわたって展開する大型チェーン店だけでなく、地域密着型のクリーニング店にとっても有効な集客手法です。
店舗に通える地域の顧客を狙うことで、チラシや看板を用いた広告のメリットをそのままWeb広告でも再現できます。

ニーズの高い顧客を効果的に集客できる

Web広告を活用すれば、ニーズの高い顧客にリアルタイムに広告を届けられます。検索キーワードに連動して検索結果の上部に広告を表示する「リスティング広告」なら、顧客が自分自身の悩みやニーズに沿って検索したタイミングで広告を見てもらえるため、「ニーズが高まった瞬間」にアプローチできます。
このように、ニーズの高い顧客に広告を通じて特徴や強みをアピールできれば、同じ地域に複数のクリーニング店があっても、自店舗を選んでくれる可能性があります。

簡単にはじめることができる

Web広告は簡単にスタートできる手軽さも大きなメリットです。チラシや看板は、印刷や製造に時間とコストがかかります。一方でWeb広告はパソコンひとつで簡単にはじめられるほか、リスティング広告であれば特別なデザインは必要ありません。

クリーニング店の集客に向いている広告は?

Web広告にはさまざまな手法があります。その中でもクリーニング店の集客には、リスティング広告やディスプレイ広告がおすすめです。

先述のとおり、顧客は顕在層と潜在層に分けられます。クリーニング店を探している顕在層の顧客を狙う場合は、検索連動型のリスティング広告が適しています。
顕在層の顧客は、クリーニングサービスの利用を検討しており、情報収集している状態です。なかには、すぐにでも利用したいと思っている人もいるでしょう。
タイミングよく広告が顧客に届けば、自店舗へのアクセス方法、サービスの質、価格などの強みをアピールでき、来店してもらえる可能性が高くなります。

クリーニング店の利用を検討していないものの将来的に顧客となりうる潜在層の顧客にアプローチしたい場合は、ディスプレイ広告が効果的です。
ディスプレイ広告はWebサイトの広告スペースに掲載される広告で、「バナー広告」と呼ばれることもあります。テキストだけではなく、画像や動画も使えるため、幅広い潜在層に認知拡大を試みたい場合に最適です。クリーニング店を利用するメリットや自店舗の強みを訴求すると効果的でしょう。

Yahoo!広告では、リスティング広告とディスプレイ広告のどちらも提供しています。こちらでも詳しく解説しているので、ぜひ併せてご覧ください。

あなたの商品・サービスを探している人に届く!Yahoo!広告について詳しく見る

クリーニング店のWeb広告、成功させるためのポイント

次に、クリーニング店のWeb広告で成功するために気を付けたいポイントをご紹介します。

自店舗が対応できるエリアを指定する

クリーニング店のサービスを利用するには来店して衣服を預ける必要があります。
そのため、利用圏内のエリアに絞って広告を配信するのがおすすめです。Yahoo!広告の場合、検索広告の「地域ターゲティング」機能を活用するのが効果的です。

地域ターゲティングでは、ユーザーの所在地や検索キーワードの情報から対象となる地域を判定できます。市区町村まで指定し、通えるユーザーの範囲をある程度限定した広告の掲載が可能です。

ユーザーニーズを分析する

Web広告を作成する前に、ユーザーのニーズを分析する必要があります。引越してきたばかりの独身男性、出張で忙しいビジネスパーソン、衣替えに合わせて洋服の手入れをしたい主婦、家事の負担を減らしたい共働きの世帯など、具体的にペルソナを設定すれば、ユーザーニーズが明確になります。ニーズとしては、立地、料金、仕上がりの質、スピード感などさまざまなポイントがあるでしょう。

周辺にどのような人が暮らしているのかを分析し、ニーズを掘り下げてみるのも手です。
年代によっても、クリーニング店のニーズは異なります。
細かく分析すれば、より効果的なWeb広告のフォーマットがわかるでしょう。

固定客を獲得するためのリターゲティング

クリーニング店では、優良な固定客がいると経営が安定します。一度来店してくれた顧客が固定客になってくれるように、リスティング広告では「サイトリターゲティング」を活用した広告の掲載が重要です。

サイトリターゲティングとは、過去にWebサイトを訪問したことがあり、かつ検索エンジンでサービスを検索しているユーザーに対し、広告を表示するターゲティングの機能です。再度自店舗の広告を目にしてもらうことで記憶に残り、来店が期待できます。

顧客に刺さるクリーニング店の広告を作成するには

ここでは、顧客に刺さるクリーニング店の広告を作成するコツを3つご紹介します。

消費者動向に注意する

広告作成の方針を決定する際には、消費者動向に意識を向けることが重要です。厚生労働省が発表した「収益力の向上に向けた取り組みのヒント(クリーニング店編)」 ※1 では、クリーニング店を利用する消費者の動向を分析した結果が記載されています。

年代によって、動向は異なります。例えば、20代・30代は料金や仕上がりの早さを重視していますが、60代は仕上がりの良さを重視しています。消費者のニーズに合った広告が作成してみましょう。

提供可能なサービスをアピールする

ユーザーニーズの分析や消費者動向の結果を参考に、自店舗で提供可能なサービスをアピールすると効果的です。クリーニング店といえば、ワイシャツ、スーツ、デリケートな素材のクリーニングサービスなどがイメージされますが、前述した厚生労働省のマニュアルによると、シミ抜き加工や汗抜き加工、撥水加工に興味を持っている顧客が増えていることがわかります。定番のサービスだけでなく、自店舗で提供可能なサービスを積極的にアピールすれば、新規顧客数も向上するでしょう。

その他にも、集配サービス、サイズ修正、季節ものの保管サービスなど、関連サービスで顧客を惹きつけられるものがあればWeb広告に反映しましょう。

広告とサービスに乖離がないようにする

クリーニング店の集客にはWeb広告が有効ですが、実際のサービスはオフラインでおこなわれます。そのため、広告とサービスの内容には乖離がないようにし、一度来店してくれた顧客に満足してもらうことが重要です。

安定した経営を目指すためにも、事実と異なる表記や大げさな表現には注意しましょう。顧客に安心感が与えられると、継続的に来店してもらえるかもしれません。

まとめ

本記事では、クリーニング店がWeb広告で効率的に集客するポイントや広告を成功に導くコツをご紹介しました。従来はチラシや看板などによって集客がおこなわれてきましたが、現在では地域ターゲティングをうまく活用したWeb広告の活用が増えつつあります。

Web広告にはさまざまな種類があり、目的やターゲットユーザーによって使い分けが可能です。ターゲティングも細かく設定できるため、日々変化するユーザーニーズや消費者動向にも対応できます。

Yahoo!広告では、リスティング広告とディスプレイ広告のどちらも利用できるため、顕在層や潜在層など幅広い顧客にアプローチできます。Web広告を効率的に運用して集客したいと考えている方は、ぜひ一度ご相談ください。

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

検索広告3万円分プレゼント!
カレンダーも無料ダウンロード

今すぐ申し込む

広告料金3万円分をプレゼント

詳しくはこちら ≫