このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

Web広告でライブ・コンサートの集客を成功させるには? 手法やポイントを紹介

インターネットやスマートフォン、タブレットなどの普及により、エンターテインメント業界でも集客のデジタル化が進んでいます。
ポイントやコツを押さえてWeb広告を活用すれば、ライブやコンサートでも効率よく集客できます。また、集客をデジタル化するとデータを蓄えていけるため、今後の集客対策の改善にもつながります。

本記事では、Web広告を活用して、ライブやコンサートの集客で成功する手法やポイントをご紹介します。

従来のライブ・コンサートの集客・広告は?

これまで、ライブ・コンサートの集客には新聞広告やポスター、チラシなどが主な集客方法として使われてきました。

新聞広告は紙面の広告スペースに掲載される広告です。本や週刊誌、通信講座、通販などさまざまな商品・サービスの宣伝に活用されており、ライブやコンサートの広告も掲載されます。

ポスターの掲示もよく使われる宣伝方法です。イベントをおこなう会場の近くや沿線の駅構内などさまざまな場所に貼ることで、多くの人にイベントを告知できます。
また、電車やバス内に中吊り広告を掲載します。ポスターや中吊り広告は、デザインやキャッチコピーを工夫すると、見る人の興味を引き集客の効果が期待できます。

チラシは、地域住民の家にポスティングをする、駅前など人が集まりやすい場所で配るなどして集客します。投函や配布を広範囲でおこなうのは難しいため、地域に根差した小規模のイベントに向いている手法です。

ライブ・コンサートの集客にWeb広告が向いている理由

近年、Web広告を活用したライブ・コンサートの集客が増えています。ここではその理由をご紹介します。

コストを抑えて効果的に認知拡大できる

インターネットの普及により、仕事や趣味、情報収集など日常生活のあらゆるシーンでWebサイトや検索エンジンが活用されています。利用ユーザーが多いため、より多くの人に告知できます。
また、Web広告は出演者を知らない潜在層にもアプローチできます。Web広告をきっかけに興味を持ち、ライブに来てくれる可能性を高められます。

Web広告の種類によっても異なりますが、例えば検索結果の上部に広告を掲載できるリスティング広告の場合、表示だけでは費用が発生せずクリックされて始めて費用が発生する「クリック課金方式」を採用しています。ユーザーがアクションを起こした時にのみ広告費が発生するため、無駄なコストを抑えながらイベントの認知拡大ができます。

このように、Web広告には「多くのユーザーに対してコストを抑えてアプローチできる」というメリットがあります。

親和性の高いユーザーにアプローチできる

Web広告は、不特定多数の人に届けるマス広告と異なり、ニーズの合ったユーザーに絞ったアプローチが可能です。性別や年齢、地域などターゲティングを細かく設定できるため、ライブ・コンサートの内容によってターゲットを変更すると親和性の高いユーザーに情報が届きやすくなります。

ターゲットを絞って広告を配信すれば、高い効果が見込めるのに加えて無駄なコストのカットにつながります。

ブランディングにもつながる

ブランディングとは、自社の商品・サービスやブランドの価値を訴求し、ユーザーの共感や信頼を得るマーケティング手法です。広告文やデザインをユーザーの印象に残る内容にすると、ライブやコンサートの認知拡大につながるだけでなく、イベント自体のイメージも向上します。コンサートのファンが獲得でき、さらにSNSなどを通して口コミでイベント情報が拡散される可能性もあります。

企画団体への信頼感が高まれば、会員登録やメーリングリストの登録につながり、定期的にライブ・コンサートに来てもらえるかもしれません。

動画を用いれば会場の臨場感を感じてもらえる

Web広告では画像や動画を使って宣伝できます。ライブやコンサートのWeb広告では、動画を用いることで、テキストだけでは伝えられない臨場感や熱気をユーザーに感じてもらえます。
ライブ・コンサートに関心のないユーザーも、動画であればコンテンツに目が留まることがあるでしょう。また、ライブ・コンサートに行こうか迷っている潜在層も、動画を見れば足を運びたくなるかもしれません。このように、ユーザーの意欲を高めやすい手法やクリエイティブでのアプローチが可能です。

ライブ・コンサートの集客に向いている広告は?

Web広告にはリスティング広告、ディスプレイ広告、SNS広告などさまざまな種類がありますが、ライブ・コンサートの集客におすすめなのはリスティング広告とディスプレイ広告です。

訴求したい対象について、既に興味を持っており行動に移したいと考えているユーザーを「顕在層」といいます。顕在層のユーザーは自ら情報を探していることが多いため、検索連動型の「リスティング広告」が適しています。

リスティング広告は、検索エンジンでキーワードを検索する際に表示される広告です。顕在層のユーザーがライブ・コンサートの情報収集をするタイミングで広告を届けられます。
そのため、コンバージョンにつながる可能性も高く、Web広告の効果を発揮しやすいです。

一方、現時点ではまだ認知していない、あるいはそこまで興味を持っていないが将来的にイベント参加者となりうるユーザーを「潜在層」といいます。こうしたユーザーには「ディスプレイ広告」を活用すれば、潜在層に向けて広く認知拡大できます。

ディスプレイ広告は、Webサイトの広告スペースに動画や画像を組み込んだ広告を掲載できる広告手法です。画像や動画を用いて視覚的にアプローチできるため、広告をきっかけに興味を持ってもらえる可能性が高いでしょう。広告をクリックするとランディングページやライブ・コンサート情報のページに遷移し、詳細情報を得られます。

Yahoo!広告では、リスティング広告とディスプレイ広告のどちらも提供しています。こちらでも詳しく解説しているので、ぜひあわせてご覧ください。

あなたの商品・サービスを探している人に届く!Yahoo!広告について詳しく見る

ライブ・コンサートのWeb広告、成功させるためのポイント

Web広告を用いて効率的に集客するためにはコツを押さえる必要があります。ここでは、ライブ・コンサートのWeb広告を成功させるポイントをご紹介します。

ライブ・コンサートの特徴や注目ポイントを分析する

広告を作成する前に、ライブやコンサートの特徴や注目すべきポイントを分析すると、広告でのアピールポイントが明確になります。キャッチコピーを使ってユーザーを引きつけたり、コンサートのイメージに合った画像や動画を利用すると、広告を見た人にイベントの価値を伝えやすくなるでしょう。

広告文や動画・画像などのコンテンツに、特徴や注目ポイントを分析して盛り込めば、幅広い層のユーザーや潜在層に効果的に認知拡大できます。

ライブ・コンサートのターゲットを明確にする

Web広告で集客を成功させるには、Web広告の特徴でもあるターゲティングの設定を的確におこなうのがコツです。そのためには「そもそもどんなユーザーがメインターゲットなのか」を明確にする必要があります。
前述した「ライブ・コンサートの特徴や注目ポイント」の整理とともに、年齢層や性別、普段どのような興味関心があるのかなど、ターゲットユーザーの特徴を洗い出しましょう。そうして洗い出したターゲットユーザーに適した広告を配信することで、より高い広告効果を得られるようになります。

ターゲットユーザーに合わせて訴求方法を変える

ターゲットを明確化したら、狙うユーザー層に合わせて訴求方法を変え、Web広告を作成します。
例えば、既に意欲が高まっているユーザーに情報を届けるためにはリスティング広告、潜在層に認知拡大していくにはディスプレイ広告など、集めたいターゲットユーザーに合わせて広告を選びます。ディスプレイ広告の中でも、男性向けなのか女性向けなのか、年齢層はどのくらいかなどターゲットユーザーによって広告を掲載すべきサイトが異なってきます。
集客したいユーザーの特徴にあわせて、広告の訴求方法を考えてみましょう。

ユーザーに刺さるライブ・コンサートの広告を作成するには

ユーザーの心に刺さる広告を作成するには、どのような点に気をつければよいのでしょうか。ここでは、ユーザーの心を動かす広告作成のコツを4つご紹介します。

ライブ・コンサートの特徴を広告に落とし込む

事前に分析したライブ・コンサートの特徴を広告に落とし込むと、内容が伝わりやすくなります。「注目の新進気鋭バンドを集めたライブ」「有名指揮者のクラシックコンサート」「結成10周年記念」など、公演によって押し出すべきポイントは異なるはずです。
ライブやコンサートの特徴や特に注目してほしいポイント、ユーザーの目をひくようなポイントをキャッチフレーズに落とし込んで訴求すると、特徴やコンセプトが伝わりやすいです。

ユーザーの期待感を高める内容にする

Web広告やクリック後に遷移するランディングページを作る場合は、単に日時やプログラムなどの情報を掲載するだけでなく、ターゲットユーザーの興味を引きつけ、期待感を高める訴求をする必要があります。

例えば、握手やサイン会などの特典があれば盛り込みましょう。また、イメージ写真や動画を活用すると、イベントの雰囲気を効果的に伝えることができます。

参加・申し込みのハードルを下げる

Web広告の内容に惹かれても、クリック後の申し込み手続きが複雑だと、ユーザーは途中で離脱する可能性があります。
Web広告を使って集客をおこなう際には、広告をクリックした先で簡単に申し込みができるか、ユーザーが欲しい情報がまとまっているかを考えるのも非常に重要です。

ライブ・コンサートの反響を次回に生かす

イベント後にアンケートを実施して「何を見てチケットを購入したか」や「何が一番楽しみで来たか」などユーザーの声を集めて分析すると、次回の集客戦略に活用できます。

また、アンケートや集客結果と併せてWeb広告のデータを分析すると、ユーザーの傾向を把握できるため、将来の宣伝戦略に役立つでしょう。どの広告文やバナーが最も効果的だったか、いつ申し込むユーザーが多かったか、途中で離脱してしまうユーザーは特にどこで離脱しているかなどを分析して改善していきましょう。

まとめ

本記事では、Web広告を使ってライブ・コンサートの集客をする手法やポイントをご紹介しました。従来、音楽イベントの宣伝にはチラシやポスター、新聞広告、中吊り広告などが利用されてきましたが、インターネットや電子デバイスが普及する現代ではWeb広告による集客が効率的です。

Web広告は、目的やターゲットユーザーにより適した広告の種類が異なります。顕在層にはリスティング広告、潜在層にはディスプレイ広告などターゲットによって使い分ければ、効果的に運用できるでしょう。また、会場でのアンケートやWeb広告のデータ解析などを通して、改善を繰り返しながら集客戦略を立てることが大切です。

Yahoo!広告ではリスティング広告とディスプレイ広告のどちらも提供しているため、顕在層や潜在層にアプローチできます。ライブ・コンサートに向けてWeb広告で効果的な集客をおこないたい方は、Yahoo!広告の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード