このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

工務店の集客を成功させるには? 成功のポイントや手法を紹介

工務店の集客でも、チラシやポスティングなど従来の手法に加えて、Web広告が重要になってきました。

この記事では、工務店の集客にWeb広告を取り入れるメリット、集客に向いているWeb広告の種類、広告運用を成功させるポイントなどを解説します。ぜひ自社へのオファーを増やす広告運用の参考にしてください。

従来の工務店の集客・広告は?

集客のための広告は、潜在層への認知向上を目的とした広告と、何らかのニーズを持っている顕在層への広告に分けられます。従来からある代表的な方法をまとめたのが、以下の表です。

種類 目的 具体例
潜在層への広告 ・認知度向上
・ブランディング
・看板
・チラシ
・ポスティング
・新聞折り込みチラシ
・雑誌・情報誌への広告掲載
・テレビCM
・現場シート
顕在層への広告 ・興味・関心の促進
・問い合わせや資料ダウンロードなど行動の促進
・住宅情報紙への広告、記事掲載
・パンフレット・会社資料の配布
・住宅展示場

これらの施策は現在も有効です。しかし、従来の集客方法(広告)には注意点もあります。

まずは、工務店に興味がない人にも広告を届けるため、効率的な広告運用ができない点です。もうひとつは、新聞、雑誌、テレビなどに関心が低い人が増えてきているため、見込み顧客へのアプローチがしにくくなってきている点です。例えば、新聞読者は高齢化が進んでおり、工務店に関心のある若い顧客層に効率よく届けることが難しくなってきています。

そのため、従来のオフライン中心の広告手法からオンライン施策への移行が進んでおり、工務店の集客でもWeb広告の導入が欠かせなくなっています

工務店の集客にWeb広告が向いている理由

Web広告はさまざまなメリットがあります。詳しく紹介するので、参考にしてみてください。

ニーズのあるユーザーへアプローチできる

Web広告は従来の広告と比べて、ニーズのあるユーザーにアプローチしやすいことが特徴です。工務店を利用したい顧客は限られるため、ターゲットを絞って効率的に広告掲載できるのは大きなメリットです。

Web広告の掲載は、Web広告のプラットフォームが提供する機能を使用して、さまざまなターゲティングを実現できます。例えば、Yahoo!広告のターゲティング設定の例は下記のとおりです。

・年齢・性別
・広告を配信する地域(都道府県、および市区郡単位)
・特定のキーワードを検索した人
・特定のWebサイトやページに訪れた人
・特定のカテゴリーに興味・関心がある人
・掲載する曜日、時間帯
など

ターゲティングの条件を組み合わせると、特定のニーズを持ったユーザーに最適なWeb広告を、ピンポイントで届けられます。

エリアを絞った配信ができる

エリアを絞ることで、地域に密着した広告配信が可能です。工務店のような地域に根ざしたビジネスでは、地域ターゲティングが非常に有効です。

Web広告の地域ターゲティング機能を使用すると、特定の地域に広告を配信できます。地域ターゲティングは、ユーザーの登録情報やデバイスの位置情報、過去の検索キーワードなどの情報をもとに実現します。エリア設定は、管理画面で都道府県や市区町村を1つまたは複数選択できるため、広告運用も比較的簡単です。

費用を抑えられる

ユーザー属性や地域ターゲティングで広告の掲載先を絞り込むことで、広告費を抑えられます。また、広告効果を得やすいユーザーや広告出稿先を選んで掲載するため、費用対効果も高まります。

Web広告は看板制作や雑誌掲載などに比べると、費用が低いことが特徴です。チラシやポスティングなどと比べても、紙代や人件費がかからない分コストを抑えられます。

工務店の集客に向いているWeb広告は?

潜在層への集客に向くのは「ディスプレイ広告」、顕在層の集客に向くのは「リスティング広告(検索連動型広告)」です。以下は、それぞれの特徴です。

目的 目的に向く広告 特徴 メリット
潜在層の集客 ディスプレイ広告 ・Yahoo! JAPANのトップページやWebサイトの広告枠などに掲載される
・画像や動画付きで表示できる
画像や動画で訴求力を高められる
ユーザー属性や地域、広告枠などで細かくターゲティングできる
顕在層の集客 検索連動型広告 ・Yahoo! JAPANなどの検索結果ページの上部や下部に掲載される 関心が高まったタイミングで見込み顧客に広告掲載できる
キーワード選定によって特定のニーズを持つユーザーに広告掲載できる

工務店のWeb広告、成功のためのポイント

ここでは、工務店のWeb広告を成功させる3つのポイントを解説します。

ターゲットを明確にする

工務店がWeb広告で集客数を増やすには、ターゲットを絞り込むことが重要です。そのためには自社の事業内容に関心を持つユーザーや、技術や価格などに魅力を感じるユーザーのリサーチが欠かせません。リサーチをもとにペルソナを作成し、ターゲットを設定しましょう。

例えば、ヤフーのディスプレイ広告のオーディエンスカテゴリーでは、家族構成や世帯年収などを用いてターゲティングできます。また、プレースメントターゲティングでは特定のWebサイトを複数選択し広告掲載ができます。

地域の特徴を意識した集客をおこなう

工務店が対応可能な地域について、気候やライフスタイルなどを深く理解したうえで広告を掲載しましょう。地域の特徴を押さえたうえで、広告の訴求ポイントを調整すれば、成果につながりやすくなります。 例えば、豪雪地帯なら高気密高断熱が重視されます。また、東京都や大阪府などの都心部では人口が密集しているため、防音性を気にする方が多い傾向です。顧客の目線で広告内容を見直すと、集客率が高まるでしょう。

自社サイトの信頼性を高める

Web広告で誘導する自社サイトの信頼性を高めることも大切です。いくら自社サイトに誘導できても、すぐに離脱されてしまえば、クリック課金で広告費が増すばかりで成果が上がりません。もともと信頼度が高い大手企業に流れてしまうケースもあるでしょう。

Webサイトの信頼性を高めるために、最低限実施しておきたいのは以下の3点です。

対策 理由
SSL(データ暗号化)の対応 見積もりや資料請求などで個人情報を扱うため、セキュリティを高める
マルチデバイス対応 スマートフォンやタブレットで、正しいレイアウトで表示される
トップページのデザイン水準の向上 デザイン水準が高いと、施工技術の信頼性も上がる

このほか、自社の理念を丁寧に説明し、顧客の声や実績を紹介するなど、自社サイトのコンテンツを充実させることも重要です

ユーザーに刺さる工務店の広告を作成するには

最後に、ユーザーの心を動かすための広告運用のポイントを3つ解説します。

地域名との掛け合わせキーワードを狙う

顕在層をメインターゲットにするリスティング広告では、行動につながる確率が高いキーワードの選択が重要です。工務店の場合、「地域名×工務店」がよく選ばれます。なぜならユーザーは、すでに工務店を認知しており、「連絡先を知りたい」など具体的な行動に移ろうとしている可能性が高いからです。

他にも、「地域名×新築」「地域名×リフォーム」「地域名×木造住宅」などが、工務店に関心を持っているユーザーが検索する可能性の高いキーワードです。こうしたキーワードで検索している人は、ニーズが具体的であるため、広告から望んでいる反応を起こしてくれるでしょう。

ただし、これらのキーワードは、競合他社もほぼ確実に狙ってきます。そのため、自社の強みとマッチするキーワードを含めることも考えましょう。例えば、「地域名×耐震補強工事」「地域名×狭小地×3階建て」などです。

自社の実績を紹介する

ユーザーの申し込みに対する心理的ハードルを下げるには、自社の実績を打ち出すことが効果的です。ディスプレイ広告では積極的に施工実績数を掲載したり、施工事例を画像で紹介したりしましょう。

検索広告ではテキストのみで文字数も限られるため、「創業100年」「ZEHビルダー/プランナー登録」などのように、簡潔に表現します。詳しい情報は誘導先の自社サイトに掲載し、信頼度を高めましょう。

定期的な効果検証と改善をおこなう

広告掲載数やクリック数、動画再生数などを定量的に計測して、効果検証に活用しましょう。例えば、文言や画像の一部を変えた複数のパターンを作成してABテストを実施すると、ユーザーがクリックしやすい広告の特徴がわかります。

最終的には自社データも用いて、問い合わせや資料請求、見積もりなどの1件あたりの広告費を把握できている状態がベストです。効果検証を継続することで、より効果の高い広告制作と運用に改善されるでしょう。

ABテストについて、以下の記事で詳しく解説しています。併せてご覧ください。

ABテストでディスプレイ広告を改善するには? 方法とポイントを紹介」を読む

まとめ

工務店の集客でもWeb広告の重要性が増してきています。工務店の集客では、潜在層にはディスプレイ広告、顕在層にはリスティング広告が有効です。定期的な効果検証をおこないながら、効率的な広告運用を続けていきましょう。

Yahoo!広告ではディスプレイ広告とリスティング広告を運用できます。月1万円程度からスモールスタートでき、豊富なターゲティング機能や成果測定機能を追加料金なしで利用できます。自社の集客数アップに役立ててください。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード
資料をダウンロード