このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

効果的な広告とは? 具体例や効果の出し方を紹介

「自社に効果的な広告の種類とは?」
「どのように活用すれば、広告を効果的なものにできる?」

このような疑問や悩みを抱えている方は多いと思います。商品やサービスをアピールできる広告は、プロモーション戦略における施策のひとつです。効果的な広告でなければ集客が見込めず、売上にも響いてしまいます。

本記事では、効果的な広告の定義や種類を解説します。また、効果を高めるポイントも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

効果的な広告とは?

効果的な広告に絶対的な定義はありません。アピールする商材やターゲット層などにより、効果が期待できる広告は異なります。大切なのは、広告を出す目的を明確にし、目的に見合った手法を定めることです。例えば、自社の商品を知らないユーザーに対しては、テレビやラジオなど大勢の人にアピールできる広告が効果的かもしれません。

また、ターゲットの年齢に合わせて、広告の種類を変えるのもポイントです。総務省情報通信政策研究所「令和元年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」によると、インターネットは今や子どもから大人まで多くの方が使うメディアになりましたが、年代によって利用時間はまちまちです。ターゲットユーザーの接触時間が長いメディアに広告を配信するのも、効果的な広告手法のひとつです。
他にも、商品やサービスの情報をたくさん盛り込みたい場合は、動画広告がおすすめです。商材の理解度を深め、より具体的にイメージできるようになります。

広告を作成するときは、商材やターゲット層、目的などから、どのような広告が最も効果を発揮するのかを考えましょう。

広告運用で最適な効果を発揮するための流れ

広告を出稿するだけでは、効果を見込むのは難しいです。出稿したあとの運用方法によって、広告の効果は変わります。ここでは、広告運用のポイントを詳しく説明します。

自社の目標を確認する

まずは何のために広告を出すのか、自社の目標を確認しましょう。

例えば、自社の商品・サービスを知らないユーザーに対しての認知獲得が目的であれば、幅広い層にアプローチして印象を残せる広告でなければなりません。一方、自社の商品・サービスは知っていても、購入・利用までは検討していないユーザーに対しては、認知度を深めて利用を促す広告を、さらに購入・利用を検討中のユーザーには、後押しするための広告が適しています。

目的が明確になれば、出稿すべき広告の種類が把握でき、さらなる効果も期待できます。

目標に合ったターゲティングをおこなう

目標を確認できたら、続いてはターゲティングをおこないます。ターゲティングとは顧客層を絞り、広告を出すユーザーを特定するプロセスです。不特定多数にアプローチするよりも、ユーザーを特定したほうが無駄なく効果的にアプローチできます。

顧客層は、性別や年齢、趣味趣向など、さまざまな属性で細分化するのがポイントです。

ターゲティングの実施は、企業とユーザーそれぞれにメリットがあります。企業にとっては広告の効果を高めて収益の増加につながり、ユーザーにとっては探していた商品・サービスを見つけやすくなります。

ターゲットとなる顧客層を誤らないよう、慎重に選定しましょう。

効果測定し、PDCAサイクルを回す

実際に広告を打ったあとは、効果測定によって得られた情報をもとに、PDCAサイクル(計画→実行→評価→改善)を回していきます

広告出稿前と出稿後で、売上げなどの数値を比較し、どの程度の成果があったのかを把握します。効果測定で得られた分析結果をまとめ、今後も継続していく施策、改善が必要な施策、追加で検討する施策に分類し、次に出稿する広告へとつなげていくことが重要です。

広告の主な手法

次に、広告の主な手法を紹介します。どのような手法があるのか、オンライン広告とオフライン広告に分けて説明するので、広告を作成するときの参考にしてください。

オンライン広告

オンライン広告とは、インターネット上で出稿できる広告です。「ネット広告」や「デジタル広告」とも呼ばれており、導入する企業が増えています。

オンライン広告は狙ったユーザーに対してピンポイントで広告を届けられるため、ターゲティングしやすい特徴があります。自社サイトへの集客を目的に、活用されるのが一般的です。

また効果測定がしやすいこともメリットです。成果を確認しながら運用・改善できるため、ターゲットとなるユーザーに適した広告へと改善・変更が可能になり、さらに効果的な広告を出稿できるのも特徴です。オンライン広告の一例としては、リスティング広告やディスプレイ広告などがあります。

リスティング広告は、Yahoo! JAPANなどの検索結果の一覧ページに表示される広告です。ユーザーが検索したキーワードに応じて表示されるため、商品・サービスを購入する見込みのあるユーザーにアプローチできます。

ディスプレイ広告は、Yahoo! JAPANをはじめとした検索エンジンサイトに掲載される広告です。自社の商品・サービスと親和性がありそうな潜在層のユーザーに向けて表示されるため、認知してもらえるきっかけにもなります。

オンライン広告は、少額の予算から出稿できるため、オフライン広告よりもはじめやすい広告といえます。

オフライン広告

オフライン広告とはテレビ、新聞、雑誌、街頭にある看板やモニター、電車の中吊りなどの媒体を利用し、インターネットを介さずに展開する広告です。主要となるオフライン広告手法には、マス広告・交通広告・屋外広告があります。

マス広告とは、テレビや新聞、雑誌、ラジオのマスメディアに出稿する広告です。費用はかかりますが、幅広い層にアプローチできます。

交通広告は、電車やバス、タクシーを利用した広告です。駅構内やバス停、電車の中吊りなどに広告が張られており、毎日利用する人は繰り返し何度も目にするため、強い印象を残せます。

屋外広告は、道路沿いにある看板や建物の壁に設置された広告です。一定の場所に中長期にわたり掲載できるため、住民への効果的なアプローチが可能です。昔からある広告手法ですが、近年は地図以外にも、検索ワードを記載して自社Webへと誘導する屋外広告も増えています。

オフライン広告は特定の地域に絞ったエリアターゲティングがしやすく、露出量に長けています。しかし、費用は高額になりやすいため、予算の確保が課題となるでしょう。

効果的な広告の作成方法

商材やターゲットなどに合わせて広告手法を選ぶだけでは、効果的な広告とはいえません。広告を効果的にするためには作成段階から気を付けるポイントがあります。

訴求文言を最適化する

訴求文言の最適化(見直し)は、効果的な広告を実現するのに不可欠です。

ユーザーは訴求文言から、自分に必要かどうかを判断します。訴求文言がユーザーに最適化されていないと、興味を持ってもらえない可能性があります。自社商品・サービスの特徴や訴求ポイントを考え、印象に残る文言を作成しましょう

訴求文言の書き方に悩んだときは、リスティング広告の広告文を参考にしてみるのもおすすめです。

リスティング広告の広告文について、こちらの記事でも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

リスティング広告の文字数と広告文を解説! 作成方法や改善方法を紹介」を読む

ブランド・企業のイメージを上げる

広告効果を最大化するには、ブランドまたは企業のイメージ向上が欠かせません。

認知度が高く印象がよいブランドや企業の商品・サービスは、好意的に見えるものです。知らない、または印象がよくないブランドや企業が同じ商品・サービスを売り出しても魅力的には感じないでしょう。

イメージ向上のためには、ターゲットユーザーと親和性の高い著名人を起用する、SDGsやエシカル消費など近年世界的に注目が集まるトピックを切り口として広告を作成するなど、さまざまな手法があります。

さらに、ブランドや企業のイメージを上げる広告手法としては、ブランディング広告が効果的です。ブランドや企業の認知度を高めるための手法で、消費者や市場に対する存在感が強固となります。

ブランディング広告について、こちらの記事でも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

ブランディング広告とは? メリットや効果測定の指標、レスポンス広告との違いを解説」を読む

広告出稿先を的確に選定する

ターゲットや商材との相性を考えながら、効果的な広告出稿先を選定しましょう

広告出稿先を選定する際は、はじめに広告手法を決める必要があります。リスティング広告やディスプレイ広告、動画広告など、広告の種類はさまざまあるので、どの広告手法を活用すれば期待する効果が見込めるのかを検討しましょう。

広告手法から出稿先をいくつか絞り込み、それぞれの特徴や予算を確認しながら的確に選定します。

広告出稿先のなかには、広告を出すだけでなく、効果的な広告を掲載するためのアドバイスやアフターフォローなどのサービスを提供している場合があります。サービス内容まで踏まえて比較すると、より相性のよい広告出稿先を見つけられるはずです。

Yahoo!広告で効果的な配信が可能

Yahoo!広告は、効果的に広告を配信できる条件が揃っています。具体的な条件としては、下記の3点が挙げられます。

・ユニークユーザーが多く潜在している
・質の高いターゲティングができる
・さまざまな機能がある

またYahoo!広告では、広告掲載後も無料でサポートしてくれます。広告の効果を高めるためのアドバイスや設定代行など、広告運用を効果的かつスムーズにおこなえるでしょう。

効果的な広告を掲載できる自信がない方は、Yahoo!広告のサービスをぜひ活用してみてください。

まとめ

効果的な広告を出すためには、入念な準備が必要です。自社の目標を確認したうえで、目標に合ったターゲティングや広告手法の決定、広告出稿先の選定までおこなわなければいけません。また、効果的な広告を作成するのは決して容易ではありません。そこでおすすめなのが、効果的なリスティング広告やディスプレイ広告を簡単に作成・運用できるYahoo!広告です。

Yahoo!広告では、広告掲載に必要な初期設定をプロが無料で代行しています。広告掲載後のサポート体制も整っているため、効果的な広告を作成して運用したい方はぜひ一度お問い合わせください。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード
資料をダウンロード