このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

起業後の集客はWeb広告がおすすめ! 具体的な施策や成功のためのポイントを紹介

起業するためには取り組まなければならないことがたくさんあります。集客の検討もそのひとつです。会社を立ち上げても顧客に知ってもらえなければビジネスができないため、どのように顧客を獲得するのかを事前に考えておかなければなりません。

起業後の集客には、Web広告の活用がおすすめです。本記事では、Web広告がおすすめな理由や代表的なWeb広告の種類などを解説します。Web広告を運用する際の注意点にも触れるので、参考にしてください。

起業に「集客」が必要な理由

新しく会社を設立するとき、事業内容の検討や法人化のための各種手続きなど、やらなければならないことはたくさんあります。そのため、集客方法の検討まで手が回っていない人もいるのではないでしょうか。しかし、起業時に集客方法を考えることは重要です。

起業する際に集客が重要な理由を理解して、しっかり対策を進めましょう。ここでは、起業に集客が必要な理由を2つ紹介します。

会社を安定させるため

起業直後は、会社を軌道に乗せるまでが一苦労です。どのように集客するのかを検討しておかなければ、思うように顧客を獲得できず、利益を生み出せない可能性があります。

会社を安定させるためには、より多くの人に商品やサービスを利用してもらわなければなりません。起業直後はまだ会社の知名度が低いため、計画的な集客が必要です。

集客を実現させ、商品やサービスを利用してもらえれば、利益を生み出せるので会社が安定します。また、自社の商品やサービスを必要とする人に届けられるため、ひいては顧客のためにもなり、好循環を生み出せます。

金融機関から融資が受けやすくなるため

事業内容や資金調達の状況によっては、金融機関からの融資が必要となるケースもあるでしょう。金融機関から融資を受けるには、利益を出して問題なく返済できる根拠を証明しなければなりません。そのため、集客計画も利益を出せる見込みを証明するひとつの材料になります

また、金融機関に融資の相談をする際、赤字経営では融資してもらえない可能性があるため、集客をしたあと顧客に商品やサービスを利用してもらい、利益を出す必要があります。金融機関からの信頼を得て融資を受けやすくするのも、集客が重要とされる理由のひとつです。

起業直後の集客にWeb広告がおすすめな理由

集客方法は、チラシのポスティングや飛び込み営業、SNSでの情報発信やホームページの作成などさまざまな方法があります。なかでも起業直後の集客におすすめなのが、インターネット上で集客をおこなうWeb広告です。

ここでは、起業直後の集客にWeb広告が適している理由を紹介するので、チェックしておきましょう。

ターゲットユーザーに効率的にアプローチできる

Web広告のメリットのひとつが、ターゲットユーザーに効率的にアプローチできる点です。Web広告にはターゲティング機能が備わっており、ユーザーの属性や検索キーワード、過去のサイトの閲覧履歴など、さまざまな要素で広告を掲載するユーザーを指定できます。

通常、商品やサービスには、利用してほしいターゲットが設定されています。年齢や性別はもちろん、「どのような悩みを抱えているか」「何に興味を持っているか」など、訴求すべきユーザーの属性を細かく想定している企業も多いでしょう。

チラシやホームページなどは不特定多数にアプローチする方法で、特定のユーザー層に絞ったアプローチには向いていません。一方、Web広告は掲載するユーザーを指定できるため、狙ったユーザーに的確にアプローチできます。

広告費用が抑えられる

広告費用が抑えられるのも、Web広告のメリットです。Web広告は、テレビCMを放映したり、新聞の広告枠を購入したりするよりも価格が安いことが多いです。また、Web広告は掲載するユーザーを指定できるため、無駄な広告費が発生しにくいという特徴もあります。

一般的に、Web広告は広告が表示される、もしくはクリックされた際に費用が発生する仕組みです。ターゲティング機能でユーザーを絞ることで、ターゲット以外に広告が掲載されるのを防ぎ、広告の費用対効果を高められます

起業直後は広告や宣伝にかけられる費用に限りがあるケースも多いので、価格を抑えながらターゲット層に訴求できるのは重要なポイントです。

時代にマッチしている

インターネットを日常的に利用する人が増えており、Web広告は時代にマッチした集客方法です。わからないことや興味のある商品などを、インターネットで検索する人も多いでしょう。

利用者が多いインターネット上に広告を掲載すれば、多くのユーザーの目に触れます。そのため、起業直後で認知度を上げたい、新規顧客を獲得したい会社にとって、Web広告は大きな効果が期待できます。

Web広告で起業時に集客する方法

Web広告にはさまざまな種類がありますが、起業時におすすめなのが「リスティング広告」と「ディスプレイ広告」です。それぞれ特徴やターゲットユーザーが異なるため、2つのWeb広告について理解しておきましょう。

ここでは、リスティング広告とディスプレイ広告について詳しく解説します。

リスティング広告

リスティング広告は、検索エンジンの検索結果ページに掲載される広告です。ユーザーが検索したキーワードと関連性の高い広告が自動で掲載されます。インターネット検索をおこなったときに、検索結果ページの上部に「広告」と表示されているのがリスティング広告です。

キーワードを検索するほどの関心や購買意欲の高いユーザーにアプローチできるため、高い広告効果が期待できます。ニーズが明確になっている顕在層への訴求に活用されるWeb広告です。

多くの場合、リスティング広告は広告がクリックされたときに費用が発生します。広告が掲載されてもクリックされなければ費用はかからないため、低予算でも広告を出稿できるのがポイントです。

1回のクリックにかかる費用は、ターゲットとするキーワードに応じて決まります。検索回数が多い人気のキーワードや、競合の多いキーワードの場合は、クリック単価が高い傾向にあるため注意してください。リスティング広告の費用対効果を高めるには、キーワードの選び方が重要です。

リスティング広告について、こちらの記事でも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。
リスティング広告とは? 初心者でもわかる特徴や費用、運用方法」を読む

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、Webサイトやスマホアプリなどに設置された広告枠に掲載する広告です。「バナー」と呼ばれる画像や動画を活用するケースが多いため、ディスプレイ広告自体を「バナー広告」と呼ぶ人もいます。

広告を掲載するターゲットユーザーは、年齢や性別、地域や過去の検索履歴などで指定します。条件に合うユーザーに広く広告を掲載できるため、認知度を高めたいときやニーズが明確になっていない潜在層にアプローチしたいときなどに活用すると効果的です

画像や動画でユーザーに視覚的にアピールできるのもポイントです。テキストだけの広告よりイメージが伝わりやすく、多くの情報を広告に含められます。

ディスプレイ広告では、自社サイトを訪れたことがあるユーザーに広告を掲載する「リターゲティング広告」も利用可能です。一度閲覧したサイトの広告が頻繁に表示されるようになった経験のある人も多いのではないでしょうか。自社サイトの閲覧履歴があるユーザーに広告を掲載すると、再度サイトを訪れてくれる可能性があります。

ディスプレイ広告は、リスティング広告と同様にクリックが発生したときに課金される場合と、広告の掲載回数に応じて課金される場合があります。どちらの課金方式になるかは、広告を掲載する媒体によって異なります。

ディスプレイ広告について、こちらの記事でも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

ディスプレイ広告とは? リスティング広告とどう違う? 成功させるコツも解説」を読む

Web広告で起業時に集客をする際の注意点

起業時にWeb広告を活用する場合、注意しておくべきポイントがあります。ここでは、Web広告を使って集客する際に気をつけたい2つのポイントを紹介するので、確認しておきましょう。

受け皿になるWebページを充実させる

Web広告運用では、訴求力の高い広告文やバナーを作成するだけでなく、広告の受け皿となるWebページ(ランディングページ)の作成にも力を入れなければなりません。広告の目的は集客だけでなく、商品やサービスを利用してもらい利益を出すことです。

広告に興味を持ってクリックしたユーザーがいても、リンク先の内容に満足してもらえなければ、すぐにサイトから離脱されてしまいます。いくら広告が魅力的でも、受け皿となるページの内容が不十分だったり、広告の内容と齟齬があったりすると成果にはつながりません。

Web広告の効果を高めるには、受け皿となるWebページの拡充を目指しましょう。サイトの商品紹介ページだけでなく、商品やサービスの購入、資料請求や問い合わせなどの行動を起こしてもらうことを目的としたランディングページなど訴求力の高いコンテンツを用意するのがおすすめです

ランディングページについては、以下の記事で詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

ランディングページ(LP)とは? メリット・注意点やWeb広告と相性がよい理由」を読む
効果的なランディングページはどうやって作る? 作成の流れやポイントを解説」を読む

ユーザー心理を意識する

ユーザー心理を意識して広告運用をおこなうのも、Web広告を活用する際には重要なポイントです。インターネットを頻繁に利用しているユーザーは、それだけ多くのWeb広告を目にしています。インターネット上には情報が溢れているので、効率的に広告を掲載してもユーザーが興味を持ってくれるとは限りません。

広告文やバナーなどのクリエイティブを作成する際は、掲載する文言や画像に注意が必要です。ありふれた表現ではユーザーにスルーされるおそれがありますが、アピールが過剰な広告は「怪しい」と思われる可能性もあります。

広告がユーザーに与える印象を考えて、効果的なクリエイティブになるように工夫しましょう。

まとめ

起業を検討している人や、起業後の集客方法に悩んでいる人は、Web広告の活用を検討してみてください。顕在層に効果的にアプローチできるリスティング広告や、認知度を高められるディスプレイ広告など、集客に役立つ広告が利用できます。ただし、Web広告での集客は注意点もあるので、特性を理解したうえでの運営が大切です。

Web広告を導入するなら、Yahoo!広告がおすすめです。多くのユーザーが利用するYahoo! JAPANの検索結果ページやコンテンツページに広告を掲載できるので、高い集客効果が見込めます。導入前に無料で相談もできるので、お気軽にお問い合わせください。

 

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード

資料をダウンロード

資料をダウンロード

お申込み