このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

若者向け広告の種類は? Web広告がおすすめな理由と活用方法を解説

若者をターゲットにした広告を出したいけれど、どの媒体がよいのか悩んでいる方もいると思います。広告媒体にもWeb広告をはじめ、SNS広告やテレビやラジオなどのマス広告とさまざまあり、判断に迷うかもしれません。

本記事では、若者向け広告の種類を紹介します。その理由や活用方法も詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

日本の若者の数と傾向

まずは、現在の日本国内の若者世代分布を把握しておきましょう。2021年10月1日現在、日本の若者の人口は3,716万人です。細分化すると以下のとおりです。

  • 10歳 - 14歳 532万人
  • 15歳 - 19歳 555万人
  • 20歳 - 24歳 631万人
  • 25歳 - 29歳 631万人
  • 30歳 - 34歳 642万人
  • 35歳 - 39歳 725万人

参照:総務省統計局「人口推計 ー2021年(令和3年)10月報ー

若者向けの広告配信に力を入れると、多くの若者に効率よくアプローチできます。自社の認知拡大をはじめ、商材の問い合わせや購入につながりやすくなるでしょう。

また若者の傾向としては、子どもの頃からパソコンなどデジタルが身近にあるため、Webを活用して情報収集をする傾向です。趣味嗜好も多様で、Web以外にもSNSやフリーペーパーなどさまざまなコンテンツに触れている機会が多いことが挙げられます。

【媒体別】若者向け広告の種類

若者向けの広告には何があるのか、広告の種類を把握しておきましょう。媒体別に特徴、メリット、注意点を紹介します。

Web広告

Web広告とは、インターネットの媒体上に掲載される広告です。スマートフォンやタブレットの普及率が高まっていることから、新聞や雑誌、ラジオなどのマス広告からWeb広告へと切り替える企業が増えています。

またWeb広告には、ターゲットを絞って掲載できる、効果測定がしやすい、広告出稿にかかる費用を抑えられるなどのメリットがあります。少額から簡単に始められる点もWeb広告の魅力です。

SNS

SNSの媒体上に掲載される広告です。若者の多くはSNSを利用し、1日に何度もチェックしている傾向が見られます。そのため若者へのアプローチに適しており、効果的な広告運用が可能になるでしょう。

SNS広告の主なメリットには、自社の認知拡大が挙げられます。自社を知らないユーザーにもアプローチでき、知ってもらうきっかけになります。気に入ってもらえればフォローや拡散など、さらなる認知拡大につながるでしょう。

雑誌・フリーペーパー

定期的に発行される雑誌やフリーペーパーを媒体とした広告です。読者は、自分の意志で媒体に興味をもって雑誌やフリーペーパーを手にするため、広告も好意的に読んでくれる可能性が高いです。

若者が多く集まる場所に、若者向けのフリーペーパーを設置することで手にとってもらいやすくなります。 また、街中で配られるチラシとは異なり、捨てられにくく何度も読み返される傾向が見られます。雑誌・フリーペーパーは反復効果が高く、情報を残しやすいのが特徴です

ただし、雑誌もフリーペーパーも効果測定はできません。どれほどの人が広告を目にし、どのようなアクションを起こしたのかを読み取るのは困難です。また、若者の雑誌も多種多様で、雑誌媒体によって読者層や趣向が違うことにも注意しましょう。

デジタルサイネージ

デジタルサイネージ広告とは、さまざまな情報コンテンツをディスプレイに掲載し発信する広告です。主に駅や電車内、ショッピングモール、家電量販店など、多くの人が行き来する場に設置されています。

デジタルサイネージ広告のメリットは、動的コンテンツを提示できるため、従来のポスターよりも強いインパクトを残せる点です。また、設置場所によってはターゲット層を絞りやすいため、アピールしたいユーザーに対して宣伝できます。

ただし、デジタルサイネージは効果測定が難しく、どれほどの人が広告を見ているのか詳しい情報までは得られません。情報発信に特化したいときに、デジタルサイネージ広告は有効です。

若者向けにWeb広告がおすすめな理由

SNSなどを活用する若者が多い中、Web広告の活用は必須となるでしょう。他の媒体と併用すると、広告効果の向上が期待できます。ここでは、若者向けにWeb広告がおすすめな理由を説明します。

若者向けのメディアに広告を出せる

メディアごとに利用者の年齢層は変わりますが、若者に特化したメディアも多数あります。若者に特化したメディアで広告をうまく掲載できれば、数多くの若者に情報を届けられます。認知拡大につながり、自社の商材を把握してもらうきっかけになるでしょう。

また若者は、気に入ったものがあると情報を拡散し、周囲の友人・知人に広める傾向が見られます。短期的な効果が得られやすいのも、Web広告のメリットです。

ターゲットを絞って配信できる

Web広告は、高い精度でターゲットを絞った広告配信ができることが特徴です 。若者のなかでも、年齢(10代・20代・30代)、性別、学生・社会人などの属性、Webの検索履歴や行動履歴から細かいターゲティングが可能です。

総務省情報通信政策研究所「令和元年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」によると、10代~20代のネット利用率は他年代と比べて高い水準にあります。そのため、若者向けのWeb広告を出稿することで、ターゲットとなる若者に対して効果的なアプローチが可能です。

テレビやラジオ、雑誌などのマス広告と比較しても、的確にターゲティングをおこなえます。そのため、さらに高い広告効果が期待できるでしょう。

若者に向けてWeb広告を配信する際の注意点

若者向けの広告出稿を検討した場合、Web広告が適している理由とともに注意点も押さえておきましょう。

若者のなかでも細かくターゲットを絞る

Web広告を作成する際には、ターゲティングが必須です。自社の商品やサービスに興味を持ってもらいたいターゲットを明確にすると、効率よくアプローチできます

また、年齢や性別によって好まれやすいデザインや訴求ポイントは異なります。ターゲットを「若者」と大まかに絞るのではなく、年代や性別、学生か社会人かなどでより細かく絞りましょう。

Web広告で得たいゴールを明確にする

ゴールのないWeb広告は、余分なコストと時間の消費につながります。自社の認知度を高めたいのか、それとも売上を上げたいのかといったゴールが明確でなければ、ユーザーは何のアクションも起こさないでしょう。

広告を掲載する目的が決まっていれば、その目的に向かって効率のよい広告運用の戦略を立てられます

トレンドを取り入れて競合他社との差別化を図る

若者がクリックしたくなるようなトレンドを取り入れてみましょう。Web上にはさまざまな広告があるため、興味のない広告はスルーされてしまいます。そのため、いかに若者がクリックしたくなるように作られているかが成功のポイントです。

若者はトレンドに敏感な傾向が強いため、広告文や画像にトレンドを取り入れると興味を引きやすくなります。なるべく競合他社との差別化を図り、オリジナリティのある表現で、若者の関心を集めましょう。

若者向けのWeb広告の効果的な活用方法

広告効果を出すためには、Web広告を効果的に活用することも重要です。ここでは2つのポイントを紹介します。

広告配信後の状況をこまめに確認する

Web広告は掲載後の成果を分析しやすい特徴があります。成果が上がらない場合は、検証をして改善につなげるために、こまめな状況の確認が必要です。効果測定をおこなうことで、効果的な広告運用へとつなげられます。

効果測定については、以下の記事で詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

リスティング広告の効果測定をするには? 具体的な指標を解説」を読む

ランディングページを作成する

広告をクリックしたユーザーが最初に訪れ、商品やサービスの購入、資料請求や問い合わせなどの行動を起こしてもらうことを目的としたページ(ランディングページ)を作成しましょう。ランディングページがあると、自社の商品やサービスを知らないユーザーに対しては認知、すでに知っているユーザーに対しては知識をさらに深める効果が期待できます

情報の少ない商品やサービスは、なかなか購入につながりません。ランディングページの内容が充実していれば、ユーザーがより購入したくなる可能性を高められます。

ランディングページについては、以下の記事で詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

ランディングページ(LP)とは? メリット・注意点やWeb広告と相性がよい理由」を読む
効果的なランディングページはどうやって作る? 作成の流れやポイントを解説」を読む

まとめ

若者をターゲットに商品やサービスをアピールしたいときは、Web広告を活用しましょう。Web広告なら若者向けのメディアに広告を出せるので、効率よく宣伝できます。さらに、ターゲットを絞りやすい、コストパフォーマンスがよいなどのメリットもあります。

Yahoo!広告なら、広告配信の初期設定を申し込みから配信までを代行できるため、はじめての方でも簡単に活用できます。また、広告掲載後のサポート体制も整っており、安心して運用していただけます。気になる方はぜひ一度お問い合わせください。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード

資料をダウンロード

資料をダウンロード

お申込み