このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

Web広告でホテルの集客を成功させるには? 効果的な手法を紹介

今後、ホテル業界は外資系チェーンの参入、ゲストハウスの増加、民泊の普及などによって市場での競争が激化するといわれています。

急速に進む少子高齢化や消費者ニーズの多様化など、単に価格では測れない要素も市場動向に大きな影響を与えます。そのため、多くの宿泊客に自社のホテルを選んでもらえる対策が必要です。

本記事では、主にホテルの集客担当者様向けに、Web広告を活用した集客の方法と成功のヒントを解説します。

従来のホテル集客・広告は?

従来的なホテルの集客は、インターネット普及以前は旅行会社のパンフレットや旅行雑誌などのマス広告が中心でした。インターネット普及以後は、デジタル広告の活用やホームページ・SNSでの情報発信に力を入れるケースも多々見られるものの、大半は各種旅行系予約サイトに大きく依存しています。

しかし、ホテル市場が成熟化し、消費者の趣味嗜好が多様化・複雑化している現在、予約サイトのみでの宿泊プラン提供は、ホテルの魅力を効率よく訴求し、乱立する競合を押しのけて顧客を獲得かつリピーターを増やすには限界があります。そのような中でおすすめしたいのがWeb広告です。

ホテルの集客にWeb広告が向いている理由

Web広告は、ホテルとの親和性が高い集客方法です。
インターネット上に表示されたWeb広告をユーザーがクリックすると、独自に準備したWebページ(ホームページ内やキャンペーン専用サイト内など)に誘導される仕組みで、ホテルや宿泊プランの魅力を訴求できます。
なぜWeb広告がホテル業に向いているのか、その理由を見ていきましょう。

少額から始められる

従来のマス広告や旅行会社の店頭に置くパンフレットは、一般的に高額なコストがかかるのに加え、「誰がどれだけ見てくれたか」「アプローチしたいユーザーに見てもらえたか」「どれだけ成果が上がったか」など、改善に繋げるための計測・分析が難しい傾向にあります。
一方でWeb広告は、少額のコストでも掲載が可能です。小規模での広告掲載で様子を見つつ、成果次第でさらに費用を投じて掲載を拡大するなどの調整をかけながら、徐々に掲載規模を広げられます。

宿泊プランのターゲットに絞った訴求ができる

Web広告の場合、家族連れ、カップル、女性グループ、出張者など、宿泊プランに想定される明確なターゲットに絞り広告を掲載できるため、見込み度がより高い層への訴求が可能です。さらに、無駄なクリックも防げるため費用対効果も向上するメリットもあります。

成果をデータで確認でき、改善につなげられる

従来の広告では、掲載中あるいは掲載後の成果を定量化して確認するのは難しい傾向にありました。そのような中で手軽に広告の効果をデータで確認できるのは、Web広告の強みです。掲載スタート後はリアルタイムで掲載の経過を確認し、データをもとに改善策を講じられます。

改善方法は広告の種類にもよりますが、インターネット検索に連動して表示される検索広告であれば、広告文を修正する、関連度が低いキーワードを除外するなどの方法が挙げられます。一方、ディスプレイ広告であればターゲットにより関連性が高い画像や動画に差し替えるなどが可能です。

ホテルの集客に向いているWeb広告は?

さまざまなタイプのWeb広告がありますが、そのなかでもホテルの集客に向いているのは「リスティング広告」と「ディスプレイ広告」です。ターゲットの関心により、2つの広告を使い分けられます。

新婚旅行、ファミリーの夏休み、カップルの記念日など、ニーズが具体化している顕在層にはリスティング広告(検索広告)がおすすめです。リスティング広告とは、検索キーワードに関連した広告がユーザーの検索結果に表示される手法で、テキストベースのWeb広告です。。例えば「京都 一人旅 女性 温泉 紅葉」など、ユーザーが探しているキーワードに関連する広告を、ホットのタイミングで表示し訴求できます。

ニーズが顕在化していない潜在層には、ディスプレイ広告が向いています。ディスプレイ広告とは、Webサイトやアプリ上に設けられた広告枠内に、画像付きで表示される広告全般のことです。認知向上やWebページへの誘導など、さまざまな目的に応じて広告を運用できます。魅力的で印象の強いクリエイティブを目にすると、ニーズがなくても「いつか泊まってみたい」というユーザーの願望が掻き立てられるでしょう。

Yahoo!広告では、Web広告出稿の初心者から経験者まで、さまざまな集客のニーズや課題にお応えできる機能やサービスがそろっています。興味のある方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。

あなたの商品・サービスを探している人に届く!Yahoo!広告について詳しく見る

ホテル集客にWeb広告を活用するポイント

次に、ホテル事業でWeb広告を活用する際のポイントをご紹介します。

出稿エリアを絞り込む

ターゲットの絞り込みと同時に、「近距離・短期宿泊」「長期滞在」など、ユーザーのプラン内容に沿って出稿エリアを絞るのも重要なポイントです。例えば、近距離・短期の宿泊を希望する層なら、ホテルの所在地周辺に在住するユーザーに限定して広告掲載を絞り、短期宿泊向けのメリットや特典を訴求する広告を出稿します。

アプローチしたいターゲットの種類を整理する

ファミリー、ビジネス利用、カップル、友人(女子会)、団体客(ツアーや卒業旅行)など、アプローチしたいターゲットが複数存在する場合、まずはどのターゲットに接触したいのか優先順位を整理しましょう。
優先順位が決まれば、あとはそれにしたがって広告予算を割り振る、出稿の比重を決めるなどの道筋が立ちます。

ニーズに刺さるポイントや強みを洗い出す

集客対象のターゲットユーザーには、それぞれ特徴があります。
年齢、性別、居住地、家族構成、旅行目的、趣味嗜好などを考え、ターゲットユーザーの人物像を整理しましょう。そうすれば、どのような訴求ポイントならターゲットの心に刺さり、満足感を与えられるかが見えてきます。

ターゲット像の具体化と同時に、自社のホテルが持つ強みをあらためて整理するのも重要です。作業するなかで、競合ホテルとの違いが見えてきます。具体化された差別化ポイントは、ターゲット像とあわせて広告を作成する際に活用できます。

ユーザーに刺さるホテルの広告を作成するには

ユーザーが一目見た瞬間に刺さる広告の作成ポイントをご紹介します。

ターゲット層に合わせて広告を作成する

ターゲットが複数存在する場合、ターゲットごとに広告を作成・出稿するのが、運用成果を高める秘訣です。
汎用的なメッセージではターゲットユーザーに刺さらない可能性が高くなります。ターゲットを絞らないと、見込み度の低いユーザーのクリックが増え無駄なコストが発生する可能性もあります。

例えば、顕在層向けのリスティング広告ではターゲットごとに対策キーワードと広告テキストを変える、ディスプレイ広告の場合ではターゲットごとに関連度の高い内容でクリエイティブを用意する、などの方法があります。獲得したいユーザーや訴求したいポイントを絞り、関心の高いユーザーに見てもらえるよう広告を作成しましょう。

ターゲティングを活用する

Web広告ではユーザーの属性や閲覧環境にあわせて広告の出し分けをすることが可能です。こうしたターゲティング設定を活用するのも有効な手段のひとつです。

なかでもエリアターゲティングは、特定の地域に限定して広告を掲載する、または掲載を除外する機能です。ユーザーの所在地や検索キーワードなどの情報をもとに地域を割り出し、掲載エリアに該当するユーザーのみに広告を表示できます。

ターゲティングができる項目には、性別や年齢を含めて複数あります。
ただし、広告の種類や広告掲載サービスごとに利用可能なターゲティング項目に細かな違いがあるため、注意が必要です。

例えば、同じYahoo!広告でも、リスティング広告とディスプレイ広告では共通しているターゲティング項目、共通していないターゲティング項目があります。
年齢・性別でのターゲティングはディスプレイ広告で利用可能ですが、リスティング広告では利用できません。一方、使用デバイスに合わせて掲載対象を絞り込むデバイスターゲティングは、ディスプレイ広告とリスティング広告の両方で利用可能です。

競合との差別化ポイントを広告に含める

ターゲットごとの訴求ポイントや競合ホテルとの差別化ポイントを、広告に使用するテキストやクリエイティブに反映しましょう。

ユーザーニーズとの関連性が高い内容であるほど、表示された瞬間に相手に刺さり、反応率も高まります。

ホテル集客の事例

Yahoo!広告を活用した成功事例をご紹介します。

伊豆長岡のホテル「ホテルサンバレー伊豆長岡」様では、Yahoo!広告を導入したところ、公式ホームページからの予約が1.5倍に増えました。また、旧YDN(Yahoo! ディスプレイアドネットワーク、現在はYDA)のコンバージョンが6倍に改善したそうです。

詳しくは、下記のインタビュー動画をぜひご視聴ください。

Yahoo!広告 公式「【Yahoo!広告を使った成功事例】Yahoo!広告を使って、公式ホームページからの宿泊予約が1.5倍になりました!

まとめ

従来的な旅行系予約サイトをメインにした集客では、新たな顧客層を拡大し、リピーターを増やしていくうえで限界があります。Web広告なら、ターゲットユーザーに関連度の高い情報を訴求して相手のニーズに応えられるため、成約率が高まります。

効果的なWeb広告を掲載するためには、ターゲットへの訴求ポイントや他のホテルにはない差別化ポイントを具体化し、テキストや画像に盛り込んで広告の訴求力を高める工夫が不可欠です。同時に、ターゲティングの活用などで広告の運用効率を高めましょう。

Yahoo!広告なら、企業のニーズや課題に合わせて、Web広告出稿で適切な選択肢やサポートを提供できます。広告サービスを活用する際の選択肢のひとつとして、ぜひご検討ください。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード
資料をダウンロード