このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

Web広告で住宅(ハウス)メーカーの集客を成功させるには? 手法やポイントを紹介

「広告を出しても問い合わせが増えない」
「集客アップを狙うには、どのような広告を打ち出せばよいのかわからない」

このような悩みを抱えている住宅メーカーの広告担当者も多いでしょう。広告にはさまざまな手法があり、何から手を付ければよいのか迷うことがあると思います。

本記事では、住宅メーカーの集客手法におすすめのWeb広告から集客成功のためのポイントまで詳しく解説します。効果的なWeb広告を出稿したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

従来の住宅(ハウス)メーカーの集客・広告は?

種類 目的 具体例
潜在層への広告 ・認知度向上
・ブランディング
・新聞折り込みチラシ
・電車の中吊り広告
・看板
・折り込みチラシ
・DM(ダイレクトメール)
・雑誌・情報誌への広告掲載
・テレビCM、ラジオCM
顕在層への広告 ・興味・関心の促進
・問い合わせや資料ダウンロードなど行動の促進
・住宅情報紙への広告、記事掲載
・パンフレット・会社資料の配布
・住宅展示場

住宅メーカーでは、主にオフラインの手法で集客がおこなわれてきました。代表的な手法としては、新聞の折り込みチラシ や電車の中吊り広告、看板、DM(ダイレクトメール)などが挙げられます

新聞の折り込みチラシや電車の中吊り広告、看板などは、住宅メーカーがある地域を対象に宣伝できる集客方法です。ユーザーの訴求と合致すれば、住宅見学へとつなげられます。

また、大手の住宅メーカーはテレビ、ラジオ、雑誌などのマス広告に力を入れているところもあります。

ただし、従来の集客方法(広告)には注意点もあります。折り込みチラシやマス広告をはじめとした方法は、見込み顧客に絞ってアプローチしづらいため、効果的な広告運用ができない点が挙げられます。また、出稿した広告に対して、どのくらい効果があったのかを測定するのも簡単ではありません。

住宅(ハウス)メーカーの集客にWeb広告が向いている理由

集客を目的とした施策には、いくつかの方法があります。なかでも、住宅メーカーの集客にはWeb広告が適しています。ここでは、その理由を詳しく解説します。

細かなターゲティング設定ができる

Web広告の最大の魅力は、ターゲットを絞って掲載できる点です。テレビやラジオなどのマス広告よりも、年齢、性別、居住地域など細かなターゲティング設定ができます。特定のキーワードで検索して住宅情報を探しているユーザーなど、ニーズが高い人に自社の住宅情報を届けられます。

Web広告では見込み顧客になる可能性の高いターゲットに絞れるため、的確かつ効果的な広告掲載が可能です。

短期間で効果を得られる

Web広告は短期間でインターネット上に広告掲載ができるため、掲載開始から効果が出やすいメリットがあります

例えば、Web広告以外の集客方法のひとつにSEO対策があります。自社のWebページの上位表示を目的におこなうSEO対策は、効果がでるまで時間がかかりやすく、一般的には数ヵ月の時間を要します。

一方、Web広告はターゲティングなどが適切に設定されていれば、SEO対策よりも早く効果を得られるでしょう。

またWEB広告をクリックすると、商品・サービスのお問い合わせや申し込みなどを目的としたランディングページに飛び、「相談予約」「資料請求」など具体的なユーザー行動までつなげられます。そのため、興味を示すユーザーはストレスなく行動にうつせるので、Web広告は効果を得られやすいです。

ランディングページについては、以下の記事で詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

ランディングページ(LP)とは? メリット・注意点やWeb広告と相性がよい理由」を読む
効果的なランディングページはどうやって作る? 作成の流れやポイントを解説」を読む

広告の費用対効果を可視化できる

Web広告は出稿するだけでなく、管理ツールを活用した効果分析も可能です。

クリック数やコンバージョン数などの可視化がおこなえるため、広告の現状の課題や改善すべき点を把握できます。その結果、さらに効果的な広告運用につなげられます。効率的にPDCAを回せるので、運用次第では高い費用対効果が期待できます。

住宅(ハウス)メーカーの集客に向いているWeb広告は?

Web広告といっても多種多様ですが、住宅メーカーの集客には「リスティング広告」と「ディスプレイ広告」がおすすめです。

リスティング広告とは、検索結果に連動して表示される広告で、「検索連動型広告」とも呼ばれています。リスティング広告は、住宅購入やリフォームを検討しており、すぐに情報を知りたい顕在層のユーザーに対して効果的なWeb広告です。すでに興味を持ったユーザーにタイミングよく自社の広告を表示できるため、スムーズな問い合わせや住宅見学につながるでしょう。

一方ディスプレイ広告は、Webサイトやアプリ上の広告枠に表示される画像、動画やテキスト形式の広告のことです。「バナー」と呼ばれる画像や動画を活用するケースが多いため、ディスプレイ広告自体を「バナー広告」と呼ぶ人もいます。 現状では住宅購入やリフォームの検討はしておらず、将来的に顧客となりえる可能性のある潜在層のユーザーに対して効果的なWeb広告です。認知拡大に加え、ユーザーのニーズを掘り起こせる可能性があります。

なお、Yahoo!広告ではリスティング広告とディスプレイ広告のどちらの運用も可能です。

住宅(ハウス)メーカーのWeb広告、成功のためのポイント

住宅メーカーに効果的なWeb広告を把握したうえで、ここでは成功するために押さえておきたいポイントをご紹介します。

自社のターゲットを明確にする

まずは、Web広告を作成するにあたってターゲットを明確にしましょう。ターゲットが決まっていないWeb広告は、漠然とした内容になりがちです。どのユーザーにも刺さらないコンテンツになってしまう可能性が高いため、成約率は一向に上がらないでしょう。

自社の住宅をどのようなユーザーに販売したいのか、ターゲットのイメージをつくることが重要です。例えば、性別、年代、家族構成、年収など具体的に考えてみましょう。

Web広告で狙う検索キーワードを決める

ターゲットが明確になったら、狙う検索キーワードを決めます。商品やサービスに合わせてキーワードを登録すると、適切なユーザーへの広告表示が可能です

また検索キーワードは、なるべく具体的なものを選びましょう。例えば、展示場への訪問を目的としたWeb広告を出す場合は、「住宅 見学」「住宅展示場 場所」など、ピンポイントの検索キーワードを狙います。

競合のWeb広告をチェックし差別化を図る

インターネット上にはたくさんのWeb広告があふれています。そのため、他社と似たWeb広告を出稿してもユーザーの心には残らず、成果につながらない可能性があります。

類似したWeb広告の作成を避けるためにも、まずは他の企業がどのような広告を出しているのかを確認しましょう。効果のあるWeb広告を作成するためには、他社との差別化を図り、より魅力的な訴求が欠かせません。

例えば、「最大◯◯%OFF」「先着◯名様」など特別感や限定感を出し、競合サイトよりもクリックしたくなる内容にするとよいでしょう。

成果を見ながら定期的に改善を図る

Web広告は出稿して終わりではありません。最適化するためには、掲載後も成果を見ながら定期的な広告の改善が必要です。費用対効果をこまめに分析し、必要に応じて改善を図りましょう。

キーワードの見直しのほかに、広告文の改善や入札単価の見直しもおこないます。場合によっては、Web広告の出稿先を見直す必要性も出てくるでしょう。

継続的に改善を繰り返し、効果を高めていくことが大切です。

ユーザーに刺さる住宅(ハウス)メーカーの広告を作成するには

最後に、ユーザーに刺さる住宅メーカーの広告を作成するポイントを3つご紹介します。

自社の強みを広告文に入れる

広告文には、自社の強みを積極的に入れましょう。例えば、天然の無垢材使用、デザイン性の高さ、比較的低額の予算で家を建てられるなどのメリットを記載すれば、ユーザーは興味を持ちやすくなります。

他社と差別化をすることも重要です。他社が持っていない自社ならではの強みを伝えるように意識してみてください。

訴求内容の重複を避ける

広告のタイトルや説明文が重複しないように注意しましょう。広告はタイトルと説明文がセットで成り立っているため、同じ訴求内容を入れるのは避けたほうがよいです

タイトルには狙う検索キーワードや自社のメリットを記載し、説明文には商品やサービスの詳細を含めるとよいでしょう。

過去の実績を目立つ場所に入れる

前述したとおり、広告には自社の強みを伝えることが重要です。そのため、過去の実績を目立つ場所に入れるのも、ユーザーに刺さる広告を作成するためのポイントです

例えば、「業界◯年のスタッフが対応」や「創業以来◯件の販売実績」など具体的な数字を目立つ場所に入れましょう。また、経験豊富な住宅メーカーであることを伝えると、ユーザーの安心感にもつながります。

まとめ

住宅メーカーの集客方法にはWeb広告が効果的です。Web広告なら細かいターゲティング設定ができるため、住宅やリフォームなどに興味のあるユーザーへ的確に訴求できます。また、短期間で効果を得られやすく、広告の費用対効果が可視化でき、Web広告の内容を改善しやすいのもWeb広告のメリットです。

Yahoo!広告では、リスティング広告やディスプレイ広告など、さまざまな広告フォーマットでWeb広告を出稿できます。さらに、設定から運用まですべて代行できるため、Web広告の知識がない方も安心してはじめられます。Web広告を検討されている方は、ぜひ一度お問い合わせください。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード
資料をダウンロード