このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

【アパレルショップ×インターネット集客】魅力的な商品を知ってもらう方法を考えよう!

魅力的な商品をいくら仕入れても、それを知ってもらえなければなかなか集客が見込めないアパレルショップ。店頭に目玉商品を置いて道行く人に訴求したり、チラシを配ったりする以外で、新規のお客様に来店していただくにはどのような方法があるのでしょうか。

ここでは、アパレルショップのインターネット集客手段について解説します。

どんなキーワードで検索される?アパレルショップのリスティング広告(検索広告)

リスティング広告は、お客様が検索エンジンで使用するキーワードに応じて、検索結果にテキスト広告を表示するものです。「検索」は意欲的なお客様が行うアクションであり、商品の購入や問い合わせなどにつながりやすい傾向があります。広告をクリックすれば自社のWebページを表示しますので、キャンペーンや商品に関する情報を伝えて来店を喚起しましょう。

リスティング広告を出稿するには、広告文とともにキーワードを指定しなければいけません。キーワードはお客様の立場になって考えると色々なものが思いつくでしょう。ブランド名や洋服の種類など様々です。例えば、「ニット」を求めるお客様を想定すると「ニット」と「セール」を組み合わせて検索するかもしれません。素材を指定して「カシミア」を組み合わせる可能性もあります。また、お客様によっては「ニット」ではなく「セーター」と検索するケースも考えられます。

このように、お客様の検索意図やパターンを具体的に想像してみましょう。なかなか難しいことに感じるかもしれませんが、Yahoo!広告の場合、「キーワードアドバイスツール」を提供しており、お客様が実際に検索するキーワードを誰でも簡単に見つけ出すことができます。

また、リスティング広告は、広告を表示する地域を市区町村レベルで絞り込みできるため、商圏内のお客様を狙ってプロモーションが行えます。1日の上限予算を守りながら、モチベーションの高いお客様を逃さない計画的な運用が可能です。

お客様の日常に溶け込むSNS広告

TwitterやFacebook、Instagramなどに広告を表示するのがSNS広告です。中でもInstagramはビジュアルによる訴求と相性がよく、ファッション分野において使いやすい広告媒体と言えるでしょう。

ただし、ビジュアルによる訴求が有効であるがゆえに、ユーザーを魅せるハイクオリティなクリエイティブの用意は必須なのです。クリエイティブが成果に及ぼす影響は、とても大きいと覚えておきましょう。複数の画像を広告に使う場合、多数の商品を紹介するのも一つですが、商品とコーディネート例をセットにするといった工夫もできます。動画を使うことも可能ですので、アイテムの使い方を見せるなど、工夫次第で様々な訴求が可能です。

また、SNS広告は、ターゲティングを細かく設定できるところが強みです。性別や年齢、興味関心などユーザーの情報をもとにしたターゲティングができるほか、自社のWebサイトにアクセスしたことがあるなど、何らかの接点を持った人を指定することもできます。このターゲティングがSNS広告のパフォーマンスを高めるポイントなのです。

設定したSNS広告はユーザーの投稿一覧(タイムライン)などに表示されます。ユーザーが広告をクリックするとWebページを見せられますので、そこでキャンペーンやイベント、商品について伝えられるでしょう。SNS広告の課金方式は、広告の表示回数に伴うインプレッション型や広告のクリック回数によるクリック型などが存在します。上限予算を決めて計画的に運用できますので、曜日により予算を上げるなど戦略的な配信が可能です。

SNS広告とアパレルの相性の良さを活かせば、購買意欲の高いお客様を店舗に集められるでしょう。

次のページへ

アパレルショップの公式SNSアカウントを開設

  • 1
  • 2

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

検索広告を始めると広告料金
25,000円分プレゼント

今すぐ申し込む

広告料金25,000円分をプレゼント

詳しくはこちら ≫