このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

Web広告で保険代理店の集客を成功させるには? 手法やポイントを紹介

保険代理店は取り扱う保険商品の種類が多く、どのような集客方法 が効果的なのかわからない担当者も多いのではないでしょうか。保険代理店ではユーザーの悩みや属性によっておすすめする保険商品が異なるので、広告に掲載する内容を細かく変えなければなりません。

そんな保険代理店の集客方法として活用できるのが、Web広告です。本記事では、保険代理店の集客にWeb広告が向いている理由や、Web広告で集客を成功させるためのポイントを紹介するので参考にしてください。

従来の保険代理店の集客・広告は?

保険代理店の従来の集客方法は、ダイレクトメールやチラシなどです。顧客リストなどを活用してダイレクトメールを発送したり、チラシをポスティングしたりする紙媒体の広告を活用する保険代理店が多くあります。

チラシのポスティングは不特定多数の人に情報を届けられるので、知名度の向上や効率的なチラシ配布方法として効果的です。ただし、チラシは一方的な情報提供になるので、取扱商品 が多い場合は、ユーザーが自分で最適な保険商品を選ぶのが難しいデメリットもあります。

チラシやパンフレットといった紙媒体を使った集客以外に、セミナーやイベントを開催している保険代理店もあります。店舗での対面営業よりも、一度に多くの人にアピールできるのがメリットです。

保険代理店の集客にWeb広告が向いている理由

保険代理店の集客には、Web広告が向いています。従来の集客方法にWeb広告をプラスすることで、これまで訴求できていなかった層に広告を届けることができ、集客効果をより高められるメリットがあります。

ここでは、保険代理店の集客にWeb広告が向いている理由を紹介します。

詳細なターゲティングが可能

Web広告は、詳細なターゲティングができる点が大きなメリットです。ユーザーの年齢や性別といった属性ごとに掲載する広告を変えられるので、効率的に広告を出稿できます。性別や家族構成などによっておすすめする保険商品が変わるので、細かくターゲットを設定できるWeb広告は保険代理店の集客方法として適しています。

販売手法の多様化

以前は営業社員による対面営業が主流でしたが、近年では電話やインターネットで契約できるダイレクト型保険も増えています。そのため、ホームページやWeb広告などで集客する保険代理店もあり、保険のインターネット販売は新たな顧客の獲得に有効です。ダイレクト型保険を扱っているなら、Web広告の活用で契約数の増加が期待できるでしょう

店舗型の保険代理店の場合も、Web広告が有効です。インターネット経由で保険商品を販売していなくても、Web広告からホームページにユーザーを誘導できれば、来店予約や実店舗への来店につなげられます

意欲のあるユーザーにアプローチが可能

Web広告のひとつに、リスティング広告があります。リスティング広告とは、Webの検索結果一覧ページに掲載できる広告です。ユーザーが検索したキーワードと関連度の高い広告が表示される仕組みで、購買意欲のあるユーザーにアプローチできます。例えば、「30歳 男性 保険」など、ターゲット層が検索しそうなキーワードに合わせた広告を掲載できるので、効率的な広告運用が可能です。

保険代理店の集客に向いているWeb広告は?

Web広告はいくつか種類があるので、アプローチしたいユーザー層に応じて広告の種類を使い分けるのがポイントです。代表的なWeb広告として、リスティング広告とディスプレイ広告があります。

リスティング広告は、ユーザーの検索したキーワードに合わせて広告を掲載します。そのため、具体的に契約したい保険商品を探している顕在層へのアプローチに効果的です。前述したとおり、「女性 保険 おすすめ」「保険料 安い 30代」など、ターゲットユーザーが検索しそうなキーワードに合わせて広告を掲載できます。

保険に興味はあるものの、具体的な保険商品の検討まではしていない潜在層へのアプローチには、ディスプレイ広告が有効です。ディスプレイ広告は、Webサイトやアプリの広告枠に掲載する広告です。ユーザーの年齢や性別、過去のWebサイトの閲覧履歴などに合わせて広告を掲載するので、潜在層のユーザーの目に止まりやすいメリットがあります。

Yahoo!広告では、Yahoo! JAPANの検索結果ページに掲載できる「検索広告」や、Yahoo! JAPANのサービスやパートナーサイトの広告枠に掲載できる「ディスプレイ広告」などが利用できます。Web広告の導入を検討しているなら、ぜひYahoo!広告にご相談ください。

保険代理店のWeb広告、成功のためのポイント

保険代理店のWeb広告の効果を最大限に発揮するには、いくつかのポイントがあります。

ターゲットユーザーを明確にする

Web広告の運用では、ターゲットユーザーの明確化が大切です。インターネット経由での申し込みが目標なら、それぞれの保険商品のターゲットを具体的に設定し、その層に響く広告を作成しましょう。また、「店舗への来店」をWeb広告の目的にするのであれば、地域を絞った広告の掲載も大切です。

Web広告は、広告を表示させるユーザー属性を細かく設定できるのがメリットなので、ターゲット層が明確になっていなければ、効果を最大限に発揮できません

また、ターゲットの絞り込みが不十分で「保険 おすすめ」などざっくりしたキーワードを狙うのも要注意です。価格はオークション形式で決まるので、キーワード単価が高騰する可能性があります。ターゲットは適度に絞り込むことが重要です。加えて、自社で取り扱う商品以外を求めるユーザーにも広告が表示されてしまう可能性があります。

ユーザーへ不信感を与えないようにする

Web広告のメリットであるターゲットを細かく絞って掲載できる点は、個人データの用途に関してユーザーに不信感を与えかねないデメリットもあります。特に保険商品に関しては、疾病に関する検索履歴など、プライバシーに関する情報でターゲットを設定するケースもあります。

不信感を与えないよう、広告内容やユーザーへのアプローチ方法などには注意しましょう。

自社の強みや特徴を認識する

現代には、多様な保険商品があります。保険代理店の数も多いため、Web広告でも他社との差別化が重要です。そのためには、自社の強みや特徴を認識するところから始めましょう。取り扱い保険商品の種類やアフターフォローの内容、店舗数など、自社の強みを理解すれば、訴求の切り口が見つけられます

ユーザーに刺さる保険代理店の広告を作成するには

どのような広告がユーザーに刺さるのかを知っておけば、Web広告の作成に役立ちます。多くのユーザーに響く保険代理店の広告を作成するために、ここで紹介するポイントを参考にしてください。

表示規制に注意する

保険代理店の扱う商品は、広告を出稿する際の注意点が多くあります。保険代理店は立場上、広告に関しては保険会社の審査・承認を得なければならない契約を結んでいるケースが少なくないでしょう。保険会社と取り決めた契約に違反しないよう、広告を作成する際には注意しなければなりません。

また、景品表示法や保険業法の規制対象なので、違法な広告にならないように気をつけましょう。実際より著しく優良であると誤認する恐れのある内容や、客観的事実に基づかない数値などの掲載は禁止されています。

保険代理店のWeb広告を作成する際には、事前に法律やガイドラインを確認することが大切です。

参考:生命保険協会「生命保険商品に関する適正表示ガイドライン

信頼感が伝わるように工夫する

インターネットを日常的に利用するユーザーは、毎日多くのWeb広告を目にしています。そのような状況で自社の広告をクリックしてもらうためには、広告に信頼感を持ってもらわなければなりません。

特に保険商品は万が一のときに備えて加入するもので、加入時には健康状態などプライバシーに関わる情報を聞くケースもあります。そのため、信頼のおける担当者や保険代理店からを加入したい方が大半です。広告を作成する際には、代理店名の明示や実績の掲示など、信頼感が伝わるように工夫しましょう

申込みへの心理的ハードルを下げる表示を心がける

保険代理店のWeb広告は、成果をあげたい目標(コンバージョン)を保険の申し込みにするケースが多いです。広告の効果を上げるには、ユーザーが相談もしくは申込みを考えてもらえるように、広告のテキストなどを工夫することが重要です。保険商品には細かい条件があり、難しいイメージを持っているユーザーもいるので、心理的ハードルを下げる表示を心がけましょう。

コンバージョンまでの導線を整理する

Web広告の費用対効果をあげるには、コンバージョンまでの導線整理も大切です。広告の表示回数やクリック数が多かったとしても、コンバージョンにつながらなければ意味がなく広告の費用対効果が下がってしまうためです。

特に、広告をクリックしてからコンバージョンまでの動線整備がされていないと、ユーザーは途中で離脱する可能性が高まります。広告から誘導するサイトは、見やすさや操作のしやすさを意識して作成しましょう。

成果の確認と定期的な改善をおこなう

Web広告には、広告の成果をデータとして確認できるメリットがあります。広告経由で申し込みをした人の数や広告の表示回数、クリック数、クリック率などが明確にわかるため、配信結果を元にして広告の改善を重ね、費用対効果を高めることも可能です。

定期的に広告の成果をチェックし、思ったような成果が得られていない場合は対策を考えましょう。複数の広告を出稿していれば、成果が出ている広告のポイントを見直して、成果がいまいちな広告の改善に役立てるなどデータを活用しましょう。

まとめ

保険商品は種類が多く、販売手法も増えているため、保険代理店はWeb広告を使った集客が有効です。インターネット経由で保険を契約するユーザーもいるので、Web広告の導入で新たな層の顧客を獲得できる可能性もあります

Yahoo!広告では、保険代理店の集客に向いているリスティング広告やディスプレイ広告などが利用できます。日本最大級のメディアであるYahoo! JAPANの検索結果ページやコンテンツページに広告を掲載できるのがメリットです。専門スタッフが無料で相談を受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード

資料をダウンロード

資料をダウンロード

お申込み