このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

Web広告で引越し業者の集客を成功させるには? 手法やポイントを紹介

引越し業者で集客を担当している方のなかには、もしかしたら従来の集客方法では行き詰まりを感じているケースもあるかもしれません。そのような場合に活用したい手法がWeb広告です。現在、引越しを考えているユーザーの多くは、インターネットで情報収集をおこなっています。情報検索のタイミングでユーザーにWeb広告を表示できれば、集客につながる可能性 が高まります。

本記事では、Web広告が引越し業者の集客に向いている理由、Web広告を活用した集客のポイント、ユーザーに刺さるWeb広告作成のポイントなどを解説します。

従来の引越し業者の集客・広告は?

引越し業者が利用する従来的な集客・広告手法には、どのような種類があるでしょうか。従来からある代表的な方法をまとめたのが、以下の表です。

種類 目的 具体例
潜在層への広告 ・認知度向上
・ブランディング
・テレビCM
・新聞広告
・雑誌・フリーペーパーへの広告掲載
・ラジオCM
・看板
・チラシ
・ポスティング
顕在層への広告 ・興味・関心の促進
・問い合わせや資料ダウンロードなど行動の促進
・自社サイト
・見積り比較サイト

まずは、特に大手の引越し業者でよく活用されるテレビCMや新聞・雑誌・ラジオ広告です。マスメディアを利用した宣伝広告は、不特定多数へのリーチが可能です。

また、ポスティングなどを利用したチラシ配布、フリーペーパーへの広告掲載などもよく見られる集客手法です。これらの手法は特定の地域に集中できる、より確実に相手の目にとまりやすいなどの特徴から、一定の集客効果が期待できます。

現在はインターネットの普及により、パソコンやスマートフォン、タブレットなどで情報収集をおこなう消費者が増加しています。そのため、引越し業者でもWebサイトやSNSの運用が一般化しています。

ただし、Webサイトはあくまでユーザーに訪問してもらうのが前提のため、そこに至るまでの導線の確保が必要です。Webサイトに進むための入り口として有効な手法がWeb広告です

引越し業者の集客にWeb広告が向いている理由

引越し業者の集客にWeb広告が向いているのはなぜでしょうか。理由をポイント別に解説します。

費用を抑えて広告を出稿できる

Web広告では、マスメディアを活用した広告に比べて費用を抑えることができます。 そのため、大手業者をはじめ中小規模の引越し業者でも手軽に活用できる点がメリットです。

Web広告には、少額のコストで出稿できるものなどさまざまな種類があります。予算が低額の場合は、費用を抑えての出稿が可能です。さらに、引っ越し需要が増えるハイシーズンと需要が少ないローシーズンで広告単価も変えられるため、無駄な出費を抑えながら広告を運用できます

細かなターゲティングができる

Web広告では、ユーザーの属性や関心に基づく細かなターゲティングが可能なため、特定の対象に絞って広告を掲載したい場合に便利です

年齢、性別、居住エリアなどの基本情報をはじめ、検索履歴や閲覧履歴に基づく興味関心など、膨大な属性・行動データを利用できます。これらのデータを活用して細かなターゲティングをおこない、配信対象を絞り込めます。

ターゲティングが細かいほど、配信対象の絞り込みの精度が上がり、自社の引越しサービスの利用ニーズが高いユーザーへのアプローチが可能になるため、Web広告の運用効果も高まります。

自社サイトへの導線にできる

引越しを検討している多くのユーザーは、なるべく多くの引越し業者の価格やサービス内容を比較して、自分にとって最もメリットが高い業者に依頼します。

マス広告の場合は、スペースや尺の限界から掲載できる内容の範囲が限られています。一方、Web広告では、クリック後の受け皿となる、ユーザーに行動を起こしてもらうことを目的としたランディングページの設計次第で、より多くの情報をユーザーに届けられる利点があります

ユーザーが必要としている情報をなるべく多く届けるためにも、Web広告を活用して、ランディングページへの導線を作ることが大切です。

ランディングページについては、以下の記事で詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

ランディングページ(LP)とは? メリット・注意点やWeb広告と相性がよい理由」を読む
効果的なランディングページはどうやって作る? 作成の流れやポイントを解説」を読む

引越し業者の集客に向いているWeb広告は?

引越し業者の集客に向いているWeb広告には、顕在層向けのリスティング広告と、潜在層向けのディスプレイ広告の2種類があります。それぞれの違いをご紹介します。

リスティング広告(検索連動型広告)は、ユーザーが検索エンジンで使用した検索キーワードに応じて、検索結果に表示される広告です。そのため、引越しのニーズや関心が具体化している顕在層に適しています。ユーザーがインターネットで情報収集をおこなっているタイミングで表示できるため、顕在層へのリーチが期待できます。

一方、ディスプレイ広告は、Webサイトやアプリなどに設けられた広告枠に表示される画像や動画の広告全般を指します。ディスプレイ広告を活用すれば、工夫したビジュアルのクリエイティブを使ってユーザーの目線を誘引し、クリックを促して、より詳細な情報が掲載されたランディングページへと誘導できます。そのため、まだサービスを知らないユーザーや、明確なニーズを持たない潜在層への認知拡大に役立ちます

Yahoo!広告では、引越し業者の方々が抱える集客ニーズに応じて、上記のリスティング広告やディスプレイ広告を含め、さまざまな広告によるアプローチをご用意しています。

引越し業者のWeb広告、成功のためのポイント

引越し業者がWeb広告活用で成功を収めるには、どのようなポイントを押さえるべきでしょうか。ここでは、3つのポイントを解説します。

集客したいターゲットを決める

自社の引越しサービスは、どのような顧客をターゲットに運営しているのかを明確化することが大切です。

顧客によって、引越しに関する悩みやニーズは異なります。例えば、引越し費用をできるだけ安く抑えたい人もいれば、多少コストはかかってもすべて業者に任せたい人もいます。こうした悩みやニーズは、年齢や性別、職業、居住地、家族構成などの属性の違いによっても変わってきます。

自社のサービスで集客したいターゲットを明確化しておけば、顧客の悩みや希望も絞り込めるため、Web広告施策に関するアイデアも出しやすくなります。ターゲットの属性を細かく洗い出して特定しておきましょう。

遷移先のページと一貫性を持たせる

Web広告と遷移先のランディングページに一貫性を持たせることも重要です。せっかくユーザーがWeb広告に魅力を感じてクリックしてくれても、ランディングページに対してWeb広告とは異なる印象を受けた場合、すぐに離脱する可能性が高まります。

Web広告の最終的なゴールは、申し込みや問い合わせにつなげることです。広告と遷移先のページのメッセージ内容はもちろん、デザインなどの雰囲気も揃えて、一貫性を持たせるようにしましょう。

出稿後の効果測定をおこなう

Web広告の大きなメリットは、出稿後の効果測定をリアルタイムにおこなえる点です。出稿前と出稿後の集客状況を比較して、具体的にどのような成果が出ているのかを効果測定しましょう。Web広告には、効果測定ツールがあるので、手軽に確認できます。

広告の効果を把握すれば、次に何をするべきかを容易に判断できます。例えば、見積もり依頼が増加しているなど、Web広告の最終目的にあたる成果が確認できれば、特に何も変えず広告を継続する判断ができるでしょう。一方、Web広告の成果があまり見られない場合は、広告テキストを変更する、キーワード設定を見直す、画像や動画を変更するなどの改善策をおこない、成果の向上につなげられます。

的確な判断をするためにも、効果測定は必ずおこないましょう。

効果測定について、以下の記事で詳しく解説しています。併せてご覧ください。

リスティング広告の効果測定をするには? 具体的な指標を解説」を読む

ユーザーに刺さる引越し業者の広告を作成するには

ユーザーに刺さる引越し業者の広告を作成するには、何を意識すればよいのでしょうか。ここでは、3つのポイントをご紹介します。

自社ならではの強みを記載する

Web広告に自社サービスが持つ強みを記載すると、より魅力的な広告が作成できます。

「オンライン見積もりでカンタン」「地元で選ばれ続けて30年」「低料金で高品質」など、自社サービスの魅力が端的に伝わる一言がWeb広告にあれば、ユーザーによるクリック率の向上やWebサイトへの流入増加が期待できます。目に入った瞬間にクリックしたいと思ってもらえるような一言を添えましょう。

キャンペーン情報を広告に入れる

キャンペーン情報をWeb広告に含めるのも、広告の魅力度を上げるうえで有効な方法です

例えば「今なら引越し料金が最大50%オフ」「引越しお祝い金最大5万円プレゼント」など、ユーザーが思わずクリックしたくなるような、魅力あるキャンペーン情報を広告に入れましょう。クリック率の向上とコンバージョン獲得が期待できます。

顧客にしてほしいアクションを記載する

顧客に喚起したいアクションを広告文に記載するのも、コンバージョンを向上させる効果があります

例えば「資料請求」「お見積もり申し込み」などの記載があれば、ユーザーは広告をクリックした先のランディングページに何があるのか簡単に予想できます。すでに問い合わせや申し込みの意欲があるユーザーなら、すぐにクリックし、コンバージョンにつながるでしょう。

まとめ

Web広告は、引越し業者にとって従来のマス広告よりも低料金で利用できます。また、細かなターゲティングが可能で、自社サービスの認知向上、見積もり依頼の増加などの成果が期待できる集客方法です。本記事でご紹介した、実際のWeb広告運用で抑えておくべき成功のポイントや作成のコツをぜひ参考にしてみてください。

Yahoo!広告では、引越し業界の方々にご活用いただけるWeb広告の実績・ノウハウを豊富に蓄積しています。Web広告の出稿がはじめての場合でも、専門家がしっかりサポートいたします。広告の利用をご検討の方はお気軽にお問い合わせください。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード
資料をダウンロード