このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

Web広告でネイルサロンの集客を成功させるには? 手法やポイントを紹介

日常的なオシャレとして、若い女性を中心に人気があるネイルアート。しかし集客や新しい顧客の獲得に苦戦している方も少なくありません。
変化し続ける市場で他の店舗より収益を上げていくうえで効果的なのが、Web広告を使った集客方法です。

本記事では、ネイルサロンの経営者やスタッフの方々向けに、Web広告の使い方や活用のポイントをご紹介します。

従来のネイルサロンの集客・広告は?

ネイルサロンでの従来的な集客方法には、フリーペーパーに広告を掲載する、チラシを配布する、DMを送付するなどのアナログな手法が一般的です。その他、ネイルサロン専用の集客サービスを利用する、ブログサイトやWebサイト、Instagramなどのデジタルチャネルを利用する手法もあります。

 

しかしフリーペーパーは幅広い層へのアプローチが難しく、チラシは親和性の高いユーザーを狙って配ることができないという難点があります。SNSは画像や動画を用いてネイルアートの作例を見てもらうことができますが、拡散してもらうには地道なファン作りや日々の投稿などが必要です。

 

これらの手法を活用してもなお集客が伸び悩んでいる場合、打開策の1つとなるのがWeb広告です。

ネイルサロンの集客にWeb広告が向いている理由

ネイルサロンはWeb広告を用いた集客に向いています。その理由をポイント別に解説します。

ターゲットを絞って集客できる

ネイルサロンの利用者の中核は20?30代の女性です。ある程度ユーザー層が絞り込めるのは、Web広告での集客には大きなメリットといえます。
年代や性別、居住地などの属性でターゲットを絞って広告を配信することで、費用対効果を高められます。

費用を抑えることができる

Web広告は一般的に、TVや雑誌などの従来的な4マス広告よりは費用を安く抑えられますが、配信対象となるターゲットが不明確な場合は不特定多数のユーザーに表示されるため、コストがかさんでしまいます。
前述のとおり、ネイルサロンはある程度ターゲット層が明確で配信対象が絞れるため、余計な出費を削減できます。

画像や動画を用いて訴求できる

ネイルサロンには、デザイン性や美しさ、芸術性などのイメージがあります。Web広告の中でもディスプレイ広告は、それらのイメージを画像や動画に絡めてビジュアル的に訴求し、見る相手に強い印象を与えられます。

また、これまでの作例やサンプルをベースに画像や動画を作成して活用し、さらなる認知拡大や集客を実現できます。

ネイルサロンの集客に向いているWeb広告は?

Web広告にはいくつかの種類がありますが、ネイルサロンの集客には、ユーザー層に応じて広告を使い分けるのがおすすめです。
ここでは、2つのタイプをご紹介します。

リスティング広告(検索連動型広告)

「ネイルアートが好き」「ネイルサロンを利用してみたい」といった顕在層には、リスティング広告(検索連動型広告)がおすすめです。
リスティング広告とは、ユーザーが検索エンジンに入力したキーワードに連動し、検索結果に表示されるテキスト広告のことです。ユーザーが情報を探しているホットなタイミングで、広告を表示して訴求できることが強みといえます。

ディスプレイ広告

まだネイルサロンへの関心が顕在化していない潜在層には、ディスプレイ広告が向いています。ディスプレイ広告は、Webサイトやアプリ上に設けられた広告枠内に動画や画像を表示させる広告全般を指します。認知向上やWebページへの誘導など、目的に応じて広告を運用できます。魅力的なクリエイティブでユーザーの視線を誘引できるのも、ディスプレイ広告が持つ強みのひとつです。

ネイルサロンのWeb広告、成功のためのポイント

実際にネイルサロンがWeb広告による集客で成功を収めるには、どのような点を押さえるべきでしょうか?

サロンの強みや特徴を整理する

ネイルサロンがお客様に提供できる価値を考えてみましょう。具体的な把握に必要となるのが、お店が持っている強みや特徴を洗い出して整理することです。
店舗のロケーション、 ネイリストの顔ぶれ、メニュー内容、使用する素材、得意とするデザイン、 料金プラン、施術の流れ、競合にはない特徴など、さまざまなポイントからネイルサロンに関わる情報を挙げてみましょう。その中で周辺の競合に勝っている点は何か、アピールしたい強みやお客様に人気のポイントは何かを整理し、広告を用いたアプローチに生かします。

ターゲット像を詳細に決定する

次におこなうのが、ネイルサロンを利用する顧客がどのような人物かを細部にわたるまで特定し、詳細なターゲット像を描く作業です。

例えば、中核となる顧客層から「20?30代の未婚あるいは既婚女性で、東京在住の会社員」という大まかな切り分けをしましょう。そこからさらに詳しい人物像を洗い出してみます。
例えば家族構成、悩み、趣味や嗜好、好きな雑誌、ネイルアートの目的、好きな色、好みのデザイン、スマホ派・パソコン派、情報収取をおこなうタイミングなどを考えてみましょう。

具体的なターゲット像(ペルソナ)の詳細は、広告出稿時のターゲット設定で活用し、配信対象を絞り込むことで運用効率向上が期待できます。

店舗があるエリアに配信を絞る

ネイルサロンを探しているインターネットユーザーは、仕事帰りや休日などに通いやすいサロンを求めている可能性があります。店舗のあるエリアに配信範囲を設定すれば、ユーザーの目に触れる機会が増え運用効果が高まります。
例えば東京であれば、23区内のうち店舗がある区、あるいは店舗の最寄り駅周辺地域などのターゲティングが可能です。

広告を表示させる時間帯や曜日を調整する

Web広告は、24時間配信し続けるとコストがかさんでしまいます。そのため、ターゲットとなるユーザーがインターネットを利用する可能性が高い日時に絞って配信し、運用効率を高める必要があります。
通勤電車の中や昼休み中のスマホチェック、平日の夜や休日の午後のネットサーフィンなど、さまざまな行動パターンが想定されます。ターゲットの行動パターンを参考に配信日や時間帯を設定しましょう。

新規顧客とリピーターをバランスよく獲得する

Web広告を使った集客では新規顧客獲得も重要ですが、肝心なのは新規顧客をリピーターに転換できるかどうかです。新規顧客とリピーターの両方をバランスよく獲得できると、収益と経営の安定化につながります。

Yahoo!広告のサイトリターゲティングは、上記を実践するうえで効果的な手法のひとつです。
サイトリターゲティングでは、過去に店舗のネイルサロンのWebサイトを訪問し、かつ検索エンジンでサービスを検索したことがあるユーザーに対して検索広告を表示します。
広告を目にしたユーザーには、Webサイトを再訪してみる、また実際にサービスを利用してみるなどの欲求を喚起できるため、リピーター獲得に向けた有効な手段といえます。

ユーザーに刺さるネイルサロンの広告を作成するには

最後に、魅力的なネイルサロン広告作成のコツをご紹介します。

サロンの強みや特徴を広告に盛り込む

ネイルサロンが持つ強みや特徴を広告に落とし込み、他のサロンと差別化しましょう。検索広告であれば、サービスの特徴を的確に言い表す言葉をキーワードに盛り込みます。ディスプレイ広告であれば、サロンが持つイメージと直に結びついたクリエイティブを作成しましょう。工夫次第でユーザーへの訴求力が高まります。

デザイン性の高いバナーを作成する

高いデザイン性と技術力は、顧客がネイルサロンに求める重要な価値です。バナーを使ったWeb広告なら、特徴を盛り込み魅力的なバナー画像や動画を作成することで、実際に広告を目にしたユーザーに好印象を与えられます。

成果を確認して広告をブラッシュアップしていく

Web広告は種類やサービスにもよりますが、配信途中でも運用の成果を確認し、広告の内容をブラッシュアップできます。

例えば、配信中の広告効果の伸びがよくない場合、それぞれ以下の改善が考えられます。

【リスティング広告(検索連動型広告)の場合】

  • 関連性が低いキーワードを対象外にする
  • 表示スケジュールを別の日時に変更する

【ディスプレイ広告の場合】

  • 使用中の画像を別のものに差し替えて経過観察する

さらに配信終了後も、効果レポートのデータ分析で明らかになった改善ポイントを踏まえて、次回の広告運用に活用できます。

まとめ

ネイルサロンはユーザー層が絞りやすく、サービスに直結したデザイン性や美しさなどの要素をWeb広告で引き出せます。

Web広告を準備するには、ネイルサロンが持つ強みと特徴を把握し、ターゲット像を詳細に特定する必要があります。広告の配信エリアや配信スケジュールなどの設定、検索キーワードの絞り込みやクリエイティブの作成に適切に反映させることで、広告がより多くの人々の目にとまり、運用効果が高まります。また、配信中でも運用効果の改善に向けて内容をブラッシュアップできます。

Yahoo!広告では、検索広告とディスプレイ広告の両方で、ネイルサロンのご要望にお応えする多種多様な選択肢を提供しています。また、初心者と経験者の別を問わず専門家からのアドバイスが受けられるなどサポート体制も充実しています。ぜひネイルサロンの集客にご検討ください。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード

資料をダウンロード

資料をダウンロード

お申込み