このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

Web広告で新卒採用を成功させるには? 成功のポイントや広告の作成方法

新卒採用は、働き方や価値観の多様化、オンライン採用の普及にともない、採用方法のバリエーションが広がっています。その分、欲しい人材を効果的に集めるために取るべき手法も多様化しており、しっかりと戦略を練って取り組む必要性が高まっています。

本記事では、新卒採用をおこなう人事担当の方に向けて、Web広告を活用して新卒採用を成功させるポイントと、実際の広告の作成方法をご紹介します。

従来の新卒採用の集客・広告は?

従来の新卒採用の集客・広告手法をとして最初に挙げられるのは、学生たちが就職活動をする際に登録する大手求人サイトの活用です。企業にとっては、一度に多くの学生に自社を知ってもらえる機会をつくれます。

次に、合同説明会や学内説明会などの採用イベント経由での集客です。一度に多くの学生と対面し、自社の魅力や特色をアピールできるため、多くの企業に利用されています。

自社ホームページでの採用情報の拡充も、近年多くの企業が力を入れています。新卒採用専用サイトを立ち上げる企業も少なくありません。制限がないので自由に情報を掲載できますが、Webサイトに訪れてもらう導線をどう確保するかが課題です。

このほかにも、新卒専門の人材紹介サービスやハローワークの利用、近年多くの企業が力を入れているインターンシップを通じての採用活動が、一般的な方法として挙げられます。

従来の新卒採用の集客・広告は?

従来の新卒採用の集客・広告手法をとして最初に挙げられるのは、学生たちが就職活動をする際に登録する大手求人サイトの活用です。企業にとっては、一度に多くの学生に自社を知ってもらえる機会をつくれます。

次に、合同説明会や学内説明会などの採用イベント経由での集客です。一度に多くの学生と対面し、自社の魅力や特色をアピールできるため、多くの企業に利用されています。

自社ホームページでの採用情報の拡充も、近年多くの企業が力を入れています。新卒採用専用サイトを立ち上げる企業も少なくありません。制限がないので自由に情報を掲載できますが、Webサイトに訪れてもらう導線をどう確保するかが課題です。

このほかにも、新卒専門の人材紹介サービスやハローワークの利用、近年多くの企業が力を入れているインターンシップを通じての採用活動が、一般的な方法として挙げられます。

新卒採用の集客にWeb広告が向いている理由

新卒採用の集客にはさまざまな方法があることをご紹介しましたが、Web広告との親和性も高いです。その理由を、ポイント別にご説明します。

企業の認知拡大やブランディングにつながる

Web広告を効果的に活用して自社のブランディングを図ることで、企業の認知拡大やイメージ向上につながります。
より多くの学生たちに自社を知ってもらうきっかけになり、新卒の学生の応募者数も増える可能性があります。

低コストではじめることができる

テレビ、雑誌、新聞などの従来のマス広告には莫大な制作費・広告費が必要です。また求人サイトへの掲載や採用イベントへの参加にも相応の費用がかかります。Web広告なら低コストでスタートできます。Web広告初心者でも少ない金額から手軽にスタートし、反応率の変化を見ながら改善策を施しつつ、徐々に掲載を拡大できるメリットがあります。

成果を確認しながら自分で運用できる

一般的な従来の広告では、広告効果の可視化が難しい傾向にあります。
一方Web広告なら、掲載開始後すぐに「どれだけクリックされたか」「広告経由でどれだけ成果が上がったか」を数値で確認できます。
反応が思わしくない場合でも、広告内容の一部を差し替える、キーワードを見直すなどの対策をしながら何度でも改善できます。低コストでPDCAをまわせるのは大きなメリットといえるでしょう。

内容の改善方法は広告の種類にもよりますが、インターネット検索に連動して表示される検索広告であれば、広告文を修正する、関連度が低いキーワードを除外する、などが挙げられます。ディスプレイ広告であれば、ターゲットにより関連性が高い画像や動画に差し替える、などの対応が可能です。

新卒採用に向いている広告は?

Web広告にもさまざまなタイプがありますが、新卒採用に向いているのは「リスティング広告」と「ディスプレイ広告」です。その理由を詳しくご紹介します。

志望する業界、業種、あるいは具体的な企業など、就職のニーズが具体化している顕在層の学生には、リスティング広告が適しています。例えば「新卒採用 出版業 東京」など、ユーザーが情報検索をする際、リアルタイムでキーワードに関連する広告を表示し訴求できます。

志望する業界や業種が決まっていない、まだ就職へのニーズが具体化していないなどニーズが潜在的な学生にはディスプレイ広告が向いています。ディスプレイ広告は、Webサイトやアプリ上に設けられた広告枠内に、テキストや画像などを表示する広告全般のことです。認知向上やWebページへの誘導など、さまざまな目的に応じて広告を運用できます。魅力的で印象の強いクリエイティブを掲載すれば、潜在層の学生に興味を持ってもらえるでしょう。

あなたの商品・サービスを探している人に届く!Yahoo!広告について詳しく見る

新卒採用のweb広告、成功させるためのポイント

Web広告を用いて集客をおこなうにあたり、どのように運用すれば成功できるのかを解説します。

新卒採用の傾向を分析する

まず初めに、最近の新卒採用の傾向分析をしましょう。自社の効果的なWeb広告運用の方針を決定するには、新卒採用市場の動向把握が重要です。インターンシップやオンライン化といった就職活動の変化、競合他社の採用活動などの採用傾向を分析しましょう。

採用したい人物像を設定する

次におこなうのが、自社で採用したい人物像の設定です。設定した人物像に基づく広告や求人情報に反映すると、広告を目にした学生自身が、その企業で働く具体的なイメージが描きやすくなります。広告もターゲットとの関連性が高い内容に仕上がり、訴求力が高まるでしょう。

人物像設定の際は、性格、スキル、長所、短所、趣味や嗜好、家族構成などをイメージして細かい属性を決め、実在する人物像を創り出します。

広告配信のターゲティング機能を活用する

Web広告では、ターゲティング機能を活用して、不特定多数ではなくユーザーを絞って広告を掲載できます。Web広告の種類にもよりますが、年齢、居住地、性別など多様なターゲティングが可能です。

新卒採用の広告は、表示させたいターゲットユーザーの年齢が限られます。アプローチしたいユーザーに絞って配信することで無駄なコストを最低限に抑えることができます。また、店舗の集客と違って就職活動の場合は現住地以外の地域の会社を志望することもあるため一概に言えませんが、エリアを絞って広告を配信したいような場合にもターゲティングが便利です。

また、役立つターゲティング機能に「サイトリターゲティング」があります。サイトリターゲティングを活用すると、過去に自社のWebサイトを訪問したユーザーに対して広告を配信できます。自社に興味や関心を示している学生にターゲットを絞れるため、広告効果の向上が期待できます。

学生に刺さる新卒採用の広告を作成するには

次に、実際に広告を目にした学生に刺さる広告作成の方法を、ポイント別に解説します。

学生に合わせた言葉を選ぶ

広告文言は、学生の注意や興味関心を瞬時にひくようなインパクトが必要です。冗長な表現は避けて短い文言を心がけ、学生目線で興味をひかれるようなコピーを作成しましょう。

例えば、業界の専門的な言葉を選んでしまうと、その業界や業種の知識を持たない学生からは最後まで見てもらえない可能性があります。学生の立場に立ち、どのような知識レベルの人にも伝わるような文言を考えましょう。

自社の強みや特徴を強調する

自社の強みや特徴を洗い出し、競合他社と差別化するのも大切です。差別化する際も、学生の視点から考えてみましょう。例えば、新卒の場合は商品やサービスよりも「働きやすさ」を重要視している可能性があります。働きやすい環境をつくっているのであれば、どのように働きやすいのかを見せることで興味を持ってもらえるでしょう。

会社説明会への参加・申し込みのハードルを下げる

Web広告は、会社説明会への参加・申し込みの玄関口です。より多くの学生に参加してもらうためにも、なるべくハードルを下げ、広告でアピールしましょう。例えば、「服装自由」や「オンラインの参加可」などが考えられます。
また、広告クリック後の申し込みが簡単であることも重要です。途中で離脱してしまわないようサイト内で迷わないよう導線を設計するほか、申し込み完了までなるべく少ない工程かつ短時間で終わるようにしましょう。

イベントごとの反響を分析する

会社説明会をはじめとする採用イベントで参加者から得られた反響は、広告づくりの貴重な参照データになります。よい点や悪い点、反応などを分析し、見えてきた傾向や特徴を広告に反映することで広告の訴求力が高まります。

まとめ

Web広告には、企業の認知拡大やブランディング効果があり、低コストでスタートできます。
また、掲載後の分析や広告の改善が可能なのもメリットです。新卒採用での集客に適しているため、効果的な広告を掲載したい人は検討してみましょう。

新卒採用のWeb広告で成功するには、採用市場の傾向をつかみ、自社で採用したい人物像の設定が大切です。また、学生に合わせた言葉選び、自社の特徴や強みを打ち出した文言、会社説明会へのハードルを下げる工夫、イベント後の反響分析などを意識すると、魅力的な広告内容に仕上げられます。

幅広い業界・業種での豊富な実績があるYahoo!広告は、充実のサポート体制が整っています。効果を高めながら簡単にWeb広告の出稿をお考えの方は、ぜひご検討ください。

【出稿開始にはいくら必要?】検索広告 料金お見積りサービス(無料)

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

検索広告を始めると広告料金
25,000円分プレゼント

今すぐ申し込む

広告料金25,000円分をプレゼント

詳しくはこちら ≫