このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

Web広告でネットショップの集客を成功させる秘訣は? 手法やポイントを紹介

「ネットショップを運営しているけれど、思うように集客が伸びない」といった悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。簡単にネットショップを始められるサービスが増えていますが、お店を開設しただけではお客さんはなかなか訪れてくれません。
多くのユーザーにネットショップを知ってもらうために、Web広告を活用してみてはいかがでしょうか?
本記事では、ネットショップの集客にWeb広告を活用するメリットや成功させるためのポイントなどについて解説します。ネットショップの集客や売上をアップさせたいと考えている人は、参考にしてください。

ネットショップの集客にWeb広告が向いている理由

Web広告は、ネットショップの集客にも適した広告です。ここでは、ネットショップの集客にWeb広告が向いている理由をご紹介します。

意欲が高いユーザーにアプローチできる

例えばWeb広告の種類のひとつに、「リスティング広告」という検索連動型の広告があります。これはユーザーが検索したキーワードに関連する広告を表示する仕組みです。
ユーザー自身がキーワードを検索しているので、商品に関心がある、または購入を検討しているユーザーが多くなります。 リスティング広告はそうしたユーザーに意欲が高まったタイミングで広告を表示できるため、関心を持ってもらいやすいという特徴があります。

ターゲティング性能が高い

広告の効果を高めるには、性能の高いターゲティングが求められます。Web広告はユーザーの年齢や性別などを設定して掲載できるため、ネットショップで扱っている商品のターゲット層に効率的にアプローチできます。

ユーザーの属性だけでなく、リスティング広告なら検索キーワード、ディプレイ広告なら過去のWebサイト閲覧履歴などもターゲティングに利用可能です。過去に自社サイトを訪れたことがあるユーザーに広告を表示する「リターゲティング広告」があります。

Web広告は、種類に応じてさまざまなデータをもとに精度の高いターゲティングがおこなえるのもメリットです。

広告出稿の効果がわかりやすい

Web広告は表示回数やクリックされた数、広告から購入につながったユーザー数などがリアルタイムで確認できます。そのため、広告出稿の効果がわかりやすい点もメリットです。

効果測定ができると、データを分析した今後の対策の検討が可能です。例えばあまり広告がクリックされていない場合、広告内容やターゲットを見直すなど改善策を検討しなければなりません。

ネットショップ運営サービスのなかにはアクセス解析機能が備わっているものもあり、新規訪問者数や平均滞在時間など取得できるデータがたくさんあります。そのため、Web広告のデータと併せてさらに細かく分析すれば、より効果的な広告運用を目指せるでしょう。

ネットショップの集客に向いているWeb広告は?

一口にWeb広告といっても、さまざまな種類があります。そのなかでネットショップの集客に向いているWeb広告は、リスティング(検索連動型)広告とディスプレイ広告です。それぞれアプローチするターゲット層が異なるので、うまく使い分けましょう。

顕在層に向けて広告を掲載する場合は、リスティング広告がおすすめです。広告から直接商品の購入につなげられます。

ディスプレイ広告は、Webサイトの広告枠に表示する広告です。ユーザーの年齢や性別、サイトの閲覧履歴などを使ってターゲティングします。潜在層に向けてショップや商品を知ってもらうために使われます。

ディスプレイ広告で幅広いユーザーにアピールして顕在層を増やし、リスティング広告で購買意欲の高いユーザーに確実にアプローチしましょう。

ネットショップのWeb広告、成功のためのポイント

Web広告を掲載するだけで簡単に集客できるわけではありません。Web広告の効果を少しでもアップさせるためには、いくつかのポイントを押さえておきましょう。

ショップの強みや競合との差別化ポイントを整理する

個人でも簡単にネットショップを開設できるサービスが充実しており、ネットショップの数はどんどん増えています。
たくさんのネットショップがあるなかで多くの集客を目指すには、自社の強みを押し出して競合との差別化を意識しなければなりません。

まずは、商品のアピールポイントや自社独自の取り組みなどを整理して明確にしておきましょう。実際に広告を作成するときの参考にもなります。

ターゲットユーザーを見極める

「なるべくいろんな人に広告を見てもらいたい」といった気持ちから、ターゲット層を広く設定したいと思っている方もいるかもしれません。しかし、Web広告はターゲットを絞ったほうが効果的です。

なぜなら、ターゲット属性にピンポイントでアプローチしている広告のほうが、ユーザーが「自分のための情報だ」と当事者意識を感じて興味を持ちやすいからです。ターゲットが不明確な状態では、どの層にも響かない広告になってしまいます。
また、広告によって「この条件に当てはまるユーザーにのみ広告を表示する」というターゲティング設定ができます。うまく活用すれば低いコストで、ネットショップと親和性の高いユーザーに的確に広告を表示させることができます。

まずは、自社の商品のターゲットとなるユーザーがどのような人なのかを見極めましょう。
年齢はどのくらいなのか、メインのターゲットユーザーは男性なのか女性なのか、また地域に特化した商品やサービスなら地域も有効なターゲティング要素となります。

ターゲットユーザーのニーズを分析する

ユーザーが抱える悩みや課題と、商品やサービスで得られる効果がマッチしたとき、購買意欲が高まります。そのため、ターゲットユーザーのニーズをしっかり把握し、それを満たせる商品であることをアピールできれば集客アップが見込めます。

例えば、「なるべく安く買いたい」という人と「高くても質のいいものを買いたい」という人のどちらに訴求したいかで、広告の内容を変えなければなりません。どのようなニーズに応えられる商品なのかを明確にし、広告文やクリエイティブに取り入れることが大切です。

集客後の導線を改善する

魅力的な広告を掲載して集客に成功しても、使いにくいネットショップでは商品を購入する前にサイトから離脱してしまうかもしれません。広告からアクセスしたユーザーを逃さないように、導線を改善しましょう。

購入ボタンの位置や大きさ、1ページの情報量、類似商品のレコメンドなど、ユーザーが商品購入に至るまでの行動を予測して、ストレスなく使えるネットショップを目指してください。

アクセス解析機能でユーザーの実際の行動を分析し、随時サイトの導線を見直すことも重要なポイントです。

ユーザーに刺さるネットショップの広告を作成するには

ここでは、ユーザーに刺さるネットショップの広告を作成するポイントを解説します。商品購入につながる広告を作るために、参考にしてみてください。

ショップの強みや特徴を訴求する

Web広告は、ユーザーが内容に魅力を感じなければスルーされてしまいます。どこかで見たような内容の広告では、ユーザーの目を引きません。自社ならではの強みや特徴を、広告文やバナーにしっかり入れ込みましょう。

ただし、情報を詰め込みすぎるのはよくありません。バナーにたくさん文字を入れると読みづらくなって内容が伝わりませんし、リスティング広告は表示できる文字数に限りがあります。アピールポイントを厳選して、内容が的確に伝わるような広告を作成しましょう。

広告と実際の商品の乖離がないようにする

広告では商品の魅力をアピールしなければなりませんが、広告の内容と実際の商品に乖離があっては顧客の信用を失ってしまいます。リピーターの獲得も難しいでしょう。

あまりにも広告の内容と商品が異なっていると、法律違反になるおそれもあります。景品表示法で、以下のような広告は優良誤認表示として禁止されています。

(1)実際のものよりも著しく優良であると示すもの
(2)事実に相違して競争関係にある事業者に係るものよりも著しく優良であると示すもの

故意に表示を偽った場合はもちろん、誤って表示してしまった場合でも優良誤認に当たることがあるので、注意してください。

引用:消費者庁「優良誤認とは」

成果を確認し、定期的に広告を改善する

Web広告は成果がデータでわかりやすく確認できます。得られたデータをチェックして、定期的に広告の改善を実施しましょう。

目標のクリック数に達していない」「購入数が少なくて広告の費用対効果が低くなっている」など、具体的な課題を洗い出して改善策を検討します。そして、改善策を実施して一定期間が過ぎたら再度効果を検証し、PDCAを回すことが大切です。

ネットショップ広告の事例紹介

Yahoo!広告は、多くのネットショップが利用しているWeb広告です。ここでは、実際に売上が上がったネットショップ広告の事例をご紹介します。

事例1:鈴市商店様(落花生専門店)

ネットショップをオープンしたものの集客が振るわず、Yahoo!広告のリスティング広告を導入しました。その結果アクセス数が伸び、ネットショップの売上の約3割がYahoo!広告経由です。

鈴市商店様の事例について、こちらの記事でも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。
鈴市商店「Yahoo!広告をはじめてオンラインショップの売上があがりました」

事例2:ヨシヤス株式会社様(装飾付属品卸)

2009年にYahoo!ショッピングにネットショップを出店し、その翌年からYahoo!広告のリスティング広告を長く利用しています。サポートセンターをうまく活用して、日々の広告運用を実施されている事例です。

ヨシヤス株式会社様の事例について、こちらの記事でも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。
ヨシヤス株式会社 「検索広告をはじめて、売り上げが1.7倍になりました」

まとめ

今回は、ネットショップに適したWeb広告の種類や成功のポイントなどについて解説しました。ターゲットを絞って掲載できるWeb広告は、ネットショップと相性のいい広告です。ネットショップの数はどんどん増えているので、Web広告でターゲット層にしっかりアプローチし、集客に結びつけましょう。

本記事でご紹介したように、Yahoo!広告では効果を実感されているネットショップがたくさんあります。専門スタッフによる無料カウンセリングや広告掲載後の無料サポートも実施しているので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード
資料をダウンロード