このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

士業がホームページで集客をおこなうには? メリットや方法を解説

ホームページの利用はもはやビジネスでは定番の集客手法であり、士業でも例外ではありません。実際に検索すると、大手事務所や個人事務所など多くのホームページがヒットします。
しかし、せっかくホームページを持っていても、うまく活用できなければ集客につながりません。

本記事では、士業での集客にお悩みの方向けに、ホームページ活用のメリットと具体的な集客のコツを解説します。

士業の集客にはホームページが重要?

人々の情報収集活動の中心はインターネットにシフトしており、企業がホームページを持つことは当たり前になりつつあります。公式ホームページの開設は、検索で見つけてもらい名前やサービス内容を知ってもらうために必要不可欠です。
また、ホームページがないことで競合に差をつけられてしまう可能性もあります。

加えて、広告戦略の面でもホームページの存在は重要です。
広告を打つことは認知拡大や新規顧客の顧客につながりますが、事業内容や実績を詳しく紹介したホームページがあれば、ユーザーを直接ページに誘導することが可能です。
特にWeb広告の場合は広告をクリックした先のページを指定できるため、ユーザーの悩みに寄り添うようなページやユーザーの意欲を引き上げるようなぺージを作成しておくことで成果アップに繋がります。

もちろんTV・新聞などのマス広告やDM・チラシなどの従来的な集客手法は多数の人々の目に触れやすいですが、コストが割高であることや一度公開したら簡単に修正できないこと、ターゲティングしづらいことがデメリットとして挙げられます。
一方で、WebやSNSを活用した集客戦略は、手軽さや費用対効果の面で人気が高まっています。ホームページを作成してWeb広告に取り組むことは、士業にとっても有効な集客方法といえるでしょう。

士業がホームページで集客をおこなうメリット

では、士業がホームページで集客をおこなうメリットについて見ていきましょう。

販路の拡大

WebやSNSを活用した集客戦略が展開可能となり、販路の拡大につながります。特に、インターネットでの情報検索が当たり前の若い世代へのパイプが確保されることは、今後のビジネス成長の面でも重要なポイントです。

営業の負担軽減

ホームページには、インターネットにおける「営業担当者」のような役割があります。検索上位に表示されるとそれだけ多くの人の目にとまり、アクセスしてもらえる確率が高まります。その分、実際の営業担当スタッフにかかる負担が軽減されます。

対面営業の現場で士業の複雑なサービス内容を噛み砕いて説明するのには、それなり時間と労力を要します。ホームページがあれば、インターネット経由で流入してくる見込み客への説明負担は発生しません。
ユーザーにとっても、所属する先生の顔ぶれや相談可能な項目、実績など、知りたい情報がわかりやすくまとまって整理されているホームページには、高い利用価値があります。

効果的なブランディング

信頼が命の士業にとって、高い専門性と高品質を感じさせる見栄えのよいホームページの存在は、それだけでブランディング効果が期待できます。

士業は取り扱う分野が幅広いものの、特定の領域に強い先生や事務所の場合、ホームページでその特色を全面に出すことで、他の競合との差別化を図ることが可能です。より専門性を色濃く打ち出したい場合は、本体のホームページとは別に、その専門分野に特化したホームページを開設してブランディングを高める方法もあります。

ホームページにユーザーを集めるには?

ホームページへの集客には、SNSやWeb広告の活用やポータルサイトの利用などさまざまな手法がありますが、ユーザーの流入経路は自然検索と広告経由の2つに大別されます。

自然検索はオーガニック検索とも呼ばれ、表示される検索結果のうち、広告枠を除いた検索結果の部分を指します。自然検索での順位が高いほど、ホームページへのアクセス数の増加と集客率の向上が期待できます。

自然検索で上位に表示されるのに役立つ対策として、SEO(Search Engine Optimization、検索エンジン最適化)が挙げられます。ただしSEOには、検索上位に表示させるまでにある程度の時間を要するため、なるべく早く集客したい場合には向いていません。

一方、広告経由の集客はWeb広告を用いた対策になります。Web広告の実施には費用がかかりますが、例えばリスティング広告(検索広告)であれば「指定したキーワードを検索したユーザー」に広告を表示できるため、質の高い集客効果が期待できます。また、SEOよりもはるかに早いスピードで成果を出せるのも魅力です。

これらの施策は、どちらか片方だけではなく併用するのがおすすめです。SEO対策はじっくりと腰を据えておこないつつ、同時にWeb広告を実施して、改善しながら集客をおこなっていくとよいでしょう。

士業の集客と相性がよいWeb広告は?

Web広告には表示の仕方や課金方式の違いなどにより、さまざまなタイプがあります。なかでも士業との親和性が高いのが、リスティング(検索)広告です。

リスティング広告は、検索キーワードに連動して検索結果に表示されるテキスト広告です。
ユーザーがインターネット検索をおこなうタイミングで検索上位に広告が表示されるため、質の高い見込み客に周知でき、収益に結びつける効果が期待できます。

また、他のWeb広告と同様、リスティング広告は低予算で出稿できます。クリックが発生するたびに課金されるので、無駄な出費を防げます。成果が思わしくない場合は、内容を調整して改善につなげるほか、すぐに配信停止も可能です。

Web広告で士業の集客を成功させるポイント

では、士業でWeb広告を使用して集客を試みる場合、どのような点に注意すればいいのでしょうか。ここからはポイント別にご紹介します。

ターゲットや訴求したい内容を明確にする

前準備として、ターゲットとする顧客の人物像を具体的に描き出しましょう。ターゲットが特定されないままだと、Web広告で訴求する内容も的が絞れず、集客効果が薄れる恐れがあります。

年齢や性別、家族構成、居住地、職業、収入、関心事や課題感など、洗い出すポイントは多岐にわたります。
これはターゲットが法人の場合も業種や規模、業績、所在地、ビジネス展望など、さまざまなポイントが考えられます。

ターゲットの特定と同時に明確にしておきたいのが、広告で訴求したい内容です。
所属する先生の経歴や得意な専門分野、対応可能な相談内容、競合との差別化ポイントなど、事務所が持つ特徴や強みを洗い出して整理しましょう。独自の価値提供を考えながら、訴求するメッセージを具体化します。

信頼感・安心感のある内容にする

ユーザーに「この事務所なら自分の問題を解決してくれる」と感じてもらうことが大切です。相手のニーズに役立ち、信頼感や安心感をもたらす広告内容に仕上げる必要があります。

難解な専門用語を避け、わかりやすい表現を用いて広告文を作成しましょう。

一方で、その道の専門家であることをアピールするのも、信頼感を抱かせるうえで重要なポイントです。例えば弁護士の場合、交通事故や離婚問題、債券処理など、特定分野での実績が豊富な点を訴求し、プロに依頼できる安心と信頼を伝えましょう。

エリアターゲティングを活用する

リスティング広告では、広告の配信対象を特定の地域に絞れるエリアターゲティングが重要です。検索ワードに含まれる情報やユーザーの所在地などの情報をもとに、広告の配信対象を絞り込むことで、配信コストを抑え運用効率を高められるなど、より効率的な集客が期待できます。

また、事務所がある地域を重点的に営業したい場合もエリアターゲティングが役立ちます。

拡張クイックリンクオプションを活用する

Web広告の表示方法の1つで、広告枠の下部に広告のリンク先(最終リンク先URL)とは異なるURLへのリンクを表示できる機能のことを、「クイックリンクオプション」と呼びます。この機能を使用して、ホームページのトップだけでなく、ほかの関連度の高いWebページにも広告から直接アクセスできる入り口を設置できます。

さらに、「拡張クイックリンク」と呼ばれる、クイックリンクオプションで表示されるURLリンクに説明テキストを表示できる機能があります。テキスト文があれば、ユーザーがリンク先ページの内容を端的に把握できるため、広告の成果向上が期待できます。

電話番号を掲載する

Web広告の運用効果をさらに高める手段の1つとして、Web広告内に電話発信が可能なリンクを設置する方法があります。このリンクをスマートフォン上でタップすると、直に電話発信が可能になるため、電話での申し込みや問い合わせの増加が期待できます。

クリック先のランディングページを最適化する

Web広告の運用効果を高めるうえで有効な手段の1つに、、広告をクリックした先にあるWebページ(ランディングページ)の内容を最適化する方法があります。

Web広告の訴求内容とランディングページの実態が乖離している印象を与えた場合、せっかくユーザーがアクセスしても、期待外れと感じて離脱する恐れがあります。
ランディングページの内容を充実させることで、広告を通じてターゲットに喚起したい行動、例えば特定の相談への集客やセミナーへの申し込みが増えるなどの効果が期待できます。

魅力的な画像や動画を配置する、読み手の関心をつかめるようキャッチコピーを工夫する、安心感と信頼感を与えられるよう先生の経歴の見せ方を工夫するなど、ランディングページの最適化で調整可能なポイントは多数存在します。

成果をもとに改善を繰り返す

Web広告には、運用を開始したあとも見直しができます。運用の成果をリアルタイムで把握し、経過が芳しくない場合は内容を調整して、様子を見ながら改善に向けて徐々に効果を高めていく柔軟性を広告主に提供してくれます。

例えばリスティングの広告の場合、関連性が低いキーワードをOFFにする、広告文の見直しをするなどが可能です。調整可能な項目は、広告の種類や広告配信サービスにより異なるので、詳細は各広告配信サービスに確認しましょう。

まとめ

インターネットを駆使した情報検索行動が主流となった今の時代、ホームページは士業にかぎらずあらゆるビジネスにとって必要不可欠な存在です。ホームページには、新たな販路の獲得、営業力の向上、ブランディングの促進などたくさんのメリットがあります。

ホームページへの集客には、即効性と品質の面でWeb広告の活用、なかでも士業との親和性が高いリスティング広告が有効な手段です。Web広告は、ターゲティングと訴求する内容を明確化し、信頼感と安心感を与える内容に仕上げ、最新の機能も利用しながら改善を重ねることで運用成果の向上が可能です。

Yahoo!広告では、士業の集客に適したリスティング広告を通じて、お客様のご要望を叶える多種多様なサービスを提供しています。また、専門家からのアドバイスが受けられるなどサポート体制も充実しているので、ぜひご検討ください。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード

資料をダウンロード

資料をダウンロード

お申込み