このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

Web広告で不動産の集客を成功させるには? 手法やポイントを紹介

不動産会社の集客には、これまでチラシやパンフレットといった紙媒体の広告が活用されてきました。しかし近年では、Web広告やSNS広告といったインターネットを使って集客につなげる手法も多く見られます。「自社でもWeb広告を出稿してみたい」と考えている担当者もいるのではないでしょうか。

本記事では、Web広告を活用した不動産の集客について解説します。不動産のWeb広告を成功させるポイントも紹介しているので、参考にしてみてください。

従来の不動産の集客・広告は?

従来の不動産の広告は、チラシやパンフレットなど紙媒体の広告が広く使われていました。新聞の折り込みチラシやポスティングなど、不特定多数の人に広告を届ける手法です。不動産会社は取り扱う物件のエリアが決まっていることが多いため、物件周辺のエリアに限定したアプローチとして紙媒体の活用は効果があります。

全国の物件情報を掲載したポータルサイトへの物件掲載も、よく使われる集客方法です。Yahoo!不動産などの大手ポータルサイトに依頼し、自社の取扱物件を掲載してもらいます。実際に物件を探しているユーザーがエリアや金額、間取りなどを指定して検索できるため、購買意欲の高いユーザーの目に触れやすいのがメリットです。

不動産の集客にWeb広告が向いている理由

不動産の集客には、チラシやポータルサイトのほかにWeb広告も有効です。Web広告は多くの人の目に触れるのはもちろん、費用対効果やターゲティング精度が高いメリットもあります。

ここでは、不動産の集客にWeb広告が向いている理由を3つ紹介します。

ニーズの高いユーザーを集客できる

Web広告は、ユーザーのWeb閲覧履歴や年齢・性別といった属性など、あらゆる情報をもとに広告を作成できる特徴があります。過去に自社サイトを訪れたことのある人や、住宅に関する情報を検索した人など、不動産のニーズが高いと思われるユーザーに絞って広告を配信できます

紙媒体の広告は不特定多数に向けて配布するケースが多かったのに対し、Web広告は地域や生活スタイルなどをふまえ、自社で取り扱う不動産にマッチするユーザーに絞ったアプローチが可能です。

費用を抑えて効率的に集客できる

Web広告にかかる広告費は、ユーザーが広告をクリックした回数や、広告が掲載された回数などによって決まります。Web広告を導入しても課金の条件に満たなければ費用は発生しないため、費用を抑えながら効率的に集客できます

予算が限られている場合は、広告費の上限設定も可能です。広告を掲載するだけで高額な費用が発生するマス広告と比べ、費用対効果が高い点が特徴です。このように、Web広告なら無駄なく自社の不動産情報をアピールできます。

広告の費用対効果を可視化できる

Web広告と紙媒体の広告の大きな違いは、広告の成果をデータとして得られるかどうかです。チラシや看板はどれくらいの人の目に止まったのか正確に知ることはできませんが、Web広告なら管理ツールを使って効果を分析できます。

クリック数や広告経由での申し込み数など広告の成果が目に見えるので、現状の課題や改善すべきポイントなどがわかりやすくなります。掲載して終わりではなく、常に改善しながら広告の効果を高めていけるのもWeb広告の強みです。

不動産の集客に向いているWeb広告は?

不動産の集客に向いているWeb広告は、リスティング広告とディスプレイ広告です。リスティング広告とディスプレイ広告はアプローチに適したターゲット層が異なるので、上手に使い分けましょう。

リスティング広告は、検索エンジンの検索結果一覧ページに掲載される広告です。ユーザーが検索したキーワードと関連度の高い広告が掲載できるため、物件を探している顕在層へのアプローチに有効です。物件のエリアや価格、間取りなどを具体的に検索しているユーザーは不動産への興味が高いと考えられるので、広告に目を止めてもらえる可能性が高いでしょう。

ディスプレイ広告は、Webサイトやアプリの広告枠に掲載されます。不動産に興味はあるが、具体的なアクションはまだ考えていない潜在層への訴求に使われます。画像や動画が使用できるため、魅力的な物件の写真やキャッチコピーでユーザーの潜在ニーズを引き出せるでしょう。

Yahoo!広告では、Yahoo! JAPANの検索結果ページに掲載できる「検索広告」や、Yahoo! JAPANのサービスやパートナーサイトの広告枠に掲載できる「ディスプレイ広告」などが利用できます。Web広告の導入を検討しているなら、ぜひYahoo!広告にご相談ください。

不動産のWeb広告、成功のためのポイント

不動産のWeb広告を成功させるためには、いくつかのポイントがあります。チラシやパンフレットによる集客とは意識すべき点が異なるので、Web広告の特徴を理解して運用しましょう。

ここでは、不動産のWeb広告の成果を高めるために知っておくべきポイントを紹介します。

自社のターゲットを明確にする

不動産会社の中でも、取り扱う物件やサービスによってターゲットとなる層が大きく変わってくるので、まずは自社サービスのターゲットを明確にしましょう。

メインとなるターゲットの年代・性別・家族構成・ニーズなどを明確に設定し、ターゲット層に響く内容の広告を作成します。ターゲットが不明確な広告はどの層にも刺さらない可能性があるので、特定の層に絞った広告を配信するのが成功のポイントです

また、Web広告は属性によって広告を配信するユーザーを設定できます。ターゲットが明確になっていないと広告配信の設定基準も決められないので、メインターゲットの検討は重要です。

エリアごとのキーワードを設定する

物件を探しているユーザーは、おおよそのエリアを決めて検索しているケースが多いです。そのため、よりニーズが高いユーザーに広告を届けるためには、地域名や路線名などのキーワードを設定し、ターゲットを細かく絞って広告を配信するのがポイントです

広いキーワードから誘導したユーザーは細かい条件がマッチしないと成果につながりませんが、はじめから細かいニーズにマッチしたユーザーは契約や申し込みにつながる可能性が高いです。よりニーズに合わせたユーザーに広告を届けることで、集客効果のアップが期待できます。

継続的に広告効果を分析して改善を図る

Web広告は、配信して終わりではありません。配信後は、広告の成果や費用対効果をデータで可視化します。より高い成果を求めるなら、こまめにデータを分析し、結果に応じて改善を重ねることが大切です。

Web広告を運用する際には、さまざまな項目が設定できます。キーワードやユーザー属性、広告文やバナーなども重要ですが、広告を掲載するための入札単価も掲載可否に大きな影響を与えます。キーワードなどの見直しはもちろん、思ったように広告の配信ができないときは入札単価も見直してみましょう。

Web広告の成果を上げるには、得られたデータを参考に、継続的に改善を重ねることが重要です。

不動産広告の表示規約に注意する

不動産広告を作成する際は、表示規約に注意しなければなりません。不動産広告に対する規制もあるため、事前に把握しましょう。例えば、宅建業法では広告の内容や広告開始時期、表示規約では物件と各施設までの距離や所要時間の測定方法、使用する用語などについて細かく指定があります。

違反行為が発覚した場合、業務停止や罰金などの罰則があるため注意しましょう。

参考:宅地建物取引業法
不当景品類及び不当表示防止法

ユーザーに刺さる不動産の広告を作成するには

日常的にインターネットを利用しているユーザーは、多くのWeb広告を目にしています。多数のWeb広告のなかから自社の広告に興味を持ってもらうためには、ユーザーに刺さる広告を作成しなければなりません。

ここでは、ユーザーに刺さる不動産広告がどのようなものなのかをみていきましょう。

自社のアピールポイントを記載する

広告には、自社のアピールポイントをわかりやすく記載することが大切です。「駅近」「ファミリー向け」「リフォーム済み」など、取り扱う物件の魅力や自社ならではのサービスが感じられるような広告を作成しましょう

Web広告は掲載できる文字数や広告エリアの大きさに制限があります。限られた枠内でいかに情報を伝えられるかを意識してください。ユーザーの目を引くように、アピールポイントを目立たせることが必要です。

物件の写真を広告に使う

ディスプレイ広告は画像を掲載できるため、保有している物件の写真を広告に採用するのがおすすめです。外観や内装の雰囲気がわかるので、ユーザーが視覚的なイメージをしやすくなります。

写真は印象に残りやすいだけでなく、ユーザーの興味を引いてクリックを誘導できるメリットもあります。例えば、物件の外観の写真を見て「内装も見てみたい」と思い、広告をクリックしてくれるユーザーもいるでしょう。

写真や間取り図などを使った物件の情報が視覚的に伝わる広告は、不動産の広告として効果的です。

まとめ

不動産の集客アップには、Web広告の活用が効果的です。Web広告なら、チラシや看板などでは訴求できなかった層にも、ターゲットを的確に絞って広告を掲載できます。エリアを絞った広告掲載も可能なので、不動産の広告として有効活用できる機能が多くあります。

Web広告の活用を検討しているなら、Yahoo!広告がおすすめです。日本最大級のメディアであるYahoo! JAPANの検索結果ページに広告を掲載できるため、多くの方に自社のことを知ってもらえるでしょう。導入前の相談や広告運用中のサポートも充実しているので、はじめてWeb広告を利用するという人も安心です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード
資料をダウンロード