このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

Web広告で人材紹介会社が集客を成功させるには? 効果的な手法を紹介

インターネットで情報収集をおこなうユーザーの増加に伴って、さまざまな業界が集客方法のデジタル化を進めています。
なかでもWeb広告は注目を集めており、特に求職者の集客に力を入れることで多様な人材の登録が実現でき、他社との差別化を図れるでしょう。

本記事では、人材会社の集客にWeb広告が活用できる理由や、成功に導くためのポイントなどをご紹介します。Web広告で集客を成功させたい方は、ぜひ参考にしてください。

従来の人材紹介会社の集客・広告は?

従来の人材紹介会社の集客では、主にスカウトメールが活用されてきました。スカウトメールは、人材紹介会社が求職者にダイレクトに送信するメールのことで、ヘッドハンティングなどにも使われる方法です。業界や職種などを設定し、自動配信される場合もあります。
人材紹介会社では、求職者に対して「一度相談をしてみないか」と提案するケースが多く、ユーザーに人材紹介サービスを利用してもらうきっかけになります。

また、コネクションや口コミなどの人のつながりを利用した紹介方法も集客に活用されています。特に地域に特化した人材紹介会社は、現地のコネクションで信頼度の高い人材を獲得できる可能性があります。この場合は集客にかける費用を抑えられますが、規模が限定されます。

他には、求職者が読む求人誌や求人広告に自社のサービス内容やメリットを載せて登録を促すという手法も一般的です。今まさに求人を探している人材に届く方法といえるでしょう。

人材紹介会社の集客にWeb広告が向いている理由

現在では、従来の集客方法に加えてWeb広告を活用する人材紹介会社が増えています。ここでは、人材紹介会社の集客にWeb広告が適している理由を説明します。

求職ニーズの高いユーザーにアプローチできる

Web広告の利点として、ユーザーが検索するキーワードに関連性の高い広告をタイムリーに表示できる点が挙げられます。「就職」や「転職」、さらには具体的な職種名など、ユーザーが検索するキーワードに関連した広告を表示できるため、ニーズにマッチしやすくなります。
自分で検索しているユーザーは、就職や求人に関する情報を自発的に収集していると考えられます。そのため高い意欲をもって求職活動をするユーザーにアプローチしやすいでしょう。

目的に応じて広告を出し分けられる

Web広告にはリスティング広告やディスプレイ広告、SNS広告など、さまざまな種類があります。そのため、それぞれの特徴や得意とする分野を生かし、人材紹介会社の目的に合わせた広告の掲載が可能です。

また、問い合わせ、資料請求、メルマガ・サービスへの登録など、Web広告で達成したいコンバージョンを設定し、目的に合わせて広告キャンペーンを作成することが可能です。何に重点を置いて訴求したいのか、どんな目標を達成したいのかによって戦略を立てて運用していきます。

成果が確認しやすく、改善につなげられる

広告の成果を数値化して確認しやすいのも、Web広告を利用する大きなメリットです。Web広告ではリアルタイムに成果を確認できるほか、計測したデータをもとに改善が可能です。
データに基づいてPDCAを回していけるのは、集客をデジタル化する大きなメリットです。

人材紹介会社の集客に向いているWeb広告は?

Web広告にはさまざまな種類がありますが、人材紹介会社の集客では、「リスティング広告」と「ディスプレイ広告」を活用するのが効果的です。

リスティング広告は、「検索連動型広告」とも呼ばれ、検索エンジンでキーワードを検索する際に表示される関連性の高い広告のことです。すでにニーズのある顕在層ユーザーに、効率よく広告を届けられます。
ユーザーが求人を探す際には、狙っている業界や職種をキーワードとして入力することがよくあります。業界や業種に特化した人材紹介会社の場合は、リスティング広告を利用すれば、ポテンシャルの高いユーザーに直接アプローチできます。

ディスプレイ広告は、Webサイトやアプリなどの広告スペースに表示される広告です。画像やイラスト、テキストなどを使った宣伝が可能で、潜在層に広くアプローチできます。
求職者への認知拡大が目的の場合や、まだ具体的に転職活動をはじめていない層に広告を届けたい場合などに活用できます。ランディングページを用意し、自社のサービス内容や強みを説明すれば、サービスへの登録につなげられる可能性があります。

Yahoo!広告について、こちらの記事でも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

あなたの商品・サービスを探している人に届く!Yahoo!広告について詳しく見る

人材紹介会社のWeb広告、成功のためのポイント

Web広告による集客を成功させるためには、どういった点に気を付ければよいのでしょうか。ここでは、人材紹介会社がWeb広告を運用する際のコツを3点ご紹介します。

求職者と親和性が高いキーワードを洗い出す

ニーズの高い求職者に情報を届けるためには、「求職者が実際に検索しているキーワード」の洗い出しが重要です。

キーワードを洗い出すためにはまず、メインターゲットとするユーザーを定めましょう。獲得したいユーザーがどのような人物で、どういった悩みを持っているのかを考えてみましょう。例えば、未経験の業種に転職したい20代がターゲットの場合、「20代」「未経験歓迎」「研修制度」「資格手当」「異業種」などのキーワードが挙げられます。このように具体的な人物像(ペルソナ)を設定すれば、適切なキーワードを見つけられるでしょう。

一方、「転職」や「就職」などのキーワードは検索数が多く、競合性も高くなります。広告がなかなか表示されなかったり、広告費用が高くなったりする可能性があるため、自社が狙っている業界や職種の名前、勤務先の特徴など、ターゲットが検索しそうなワードを細かく決めるのがポイントです。

ターゲティングを活用する

Web広告の強みは、ターゲティングを細かく設定して誰に広告を表示させるかをコントロールできる点です。人材紹介会社で広告を運用する際も、ユーザーを絞って戦略的に広告を届けることが重要です。

広告によってターゲティングできる指標は異なりますが、主に性別や年齢、地域や曜日・時間、閲覧しているデバイスなどが挙げられます。自社の強みや特徴にマッチするターゲティングを設定すれば、ニーズが合致してコンバージョン率のアップにつながります。特に地域ターゲティングは、特定のエリアに特化している場合に有効です。

他社と比較した際の強みを整理する

人材紹介会社のWeb広告では、自社の分析をおこなったうえで競合他社との差別化を図ることが重要です。自社のポジショニングや強みが把握できると、広告で何を伝えたらよいかが明確になります。

他社との違いや、ユーザーにとってのメリットをわかりやすく示してあげることで、広告をきっかけに問い合わせやサービスへの登録につながります。

ユーザーに刺さる人材紹介会社の広告を作成するには

Web広告でユーザーの印象に残る広告を作成するために、参考にしたい4つのポイントをご紹介します。

得意な領域や強みを明記する

ひとくくりに人材紹介会社といっても、得意とする業界や業種、地域などさまざまな特徴があります。自社の得意な領域や強みをWeb広告で伝えられると、相性のよい求職者に刺さる広告となるでしょう。

また、競合他社がもっていない強みや特徴を分かりやすく伝えましょう。これまでの実績やノウハウ、コンサルタントの教育、求職者へのサポート体制、業界に特化した専門性など、アピールできるポイントをはっきり記載します。
例えば「金融業界専門の求人多数」や「パート・アルバイト専門」、「理美容専門」などの短いフレーズを入れることで、こうした分野にニーズを持っているユーザーを引き込めます。

ニーズの高い働き方をキーワードに盛り込む

Web広告で達成したい目先の目標だけでなく、ユーザーの視点に立ったキーワードを盛り込むのも大切です。
例えば、提案できる働き方を明記するのも有効です。少子高齢化が進む中、フレキシブルな働き方を求めて求職活動をする人も多いでしょう。そのため、「5時間/日」「週4〜OK」など働き方の条件を入れてみると、求職者に興味を持ってもらいやすくなります。

競合の広告と比較してみる

Web広告での集客は、競合他社との差別化がとても重要です。そのため、同業者や競合となる企業がどのような広告施策を打ち出しているか研究するのも有効といえます。

自社の立ち位置をはっきりと認識し、差別化を図るためにも、市場において自社や他社のサービスがどんな位置づけにあるかを整理する「ポジショニングマップ」などを用いて競合分析を定期的におこなうのがおすすめです。自社の強みや弱みを明確にすることで、進むべき方向や導入すべき対策がみえてくるでしょう。

成果を確認し、継続的に改善する

Web広告では、広告を掲載して終わるのではなくデータの確認と分析が大切です。Web広告を通して集客をはじめたら、継続的に解析をおこない改善策を考えていきましょう。

自社の集客戦略や広告の目的と照らし合わせて、PDCAを回しながら効果的にWeb広告の運営をおこなうことで、費用対効果の改善にもつながります。

まとめ

本記事では、人材紹介会社がWeb広告を活用するメリットや、効率的に運用するためのコツなどをご紹介しました。顕在層にはリスティング広告、潜在層にはディスプレイ広告といったように、Web広告は目的やターゲットによって使い分けられます。
また、求人誌への掲載やスカウトメールなどの従来の集客方法との併用も可能です。Web広告の運営を開始したら、データを活用し、PDCAを回しながら改善を重ねていくとよいでしょう。

Yahoo!広告は、届けたいユーザーに対して効率的に広告を訴求できます。充実したサポートが用意されているため、Web広告の経験があまりない方でも安心して運営をはじめられます。人材紹介会社の集客アップのために、検討してみてはいかがでしょうか。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード

資料をダウンロード

資料をダウンロード

お申込み