このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

Web広告でリフォーム事業の集客を成功させるには? 手法やポイントを紹介

「自社のことを認知してもらえていない」「チラシを配布しているのに集客が伸びない」などの悩みを抱えているリフォーム会社の方も多いのではないでしょうか。地域に根ざした会社の場合、チラシや訪問営業などの方法でしか集客ができていない企業もあるかもしれません。

リフォーム事業の集客アップのためには、Web広告の活用がおすすめです。本記事ではリフォーム事業の集客にWeb広告が向いている理由や、Web広告による集客を成功させるポイントなどを解説するので、参考にしてください。

従来のリフォーム事業の集客・広告は?

従来のリフォーム事業の集客は、チラシや訪問営業など、インターネットを使わないオフライン集客といわれるものが主流でした。

チラシは、ポスティングで各住宅に配布したり、新聞に折り込んだりしてターゲットとなる地域にアプローチします。タイミングよくリフォームを検討している人にチラシが届けば集客につながりますが、時間や手間がかかるのがデメリットです。

訪問営業は、営業担当者が住宅を一軒一軒回って売り込みをする集客方法です。地域密着型のリフォーム業者の場合、定期的に訪問営業を実施するところもあるでしょう。自社の強みや特徴を詳しく説明できるのがメリットですが、インターホンに応答してくれないといった効率の悪さがデメリットです。

インターネットを使ったオンライン集客では、自社ホームページの運営をしている企業が多い傾向です。ほかにも、SNSを活用しているリフォーム会社もあります。

リフォーム事業の集客にWeb広告が向いている理由

リフォーム事業の集客には、Web広告が適しています。ここでは、リフォーム事業の集客にWeb広告が向いている理由を紹介します。

これまでオフラインのみの集客をおこなっていた会社は、Web広告の活用を検討してみてはいかがでしょうか。

ターゲットを絞った広告配信ができる

Web広告は、ターゲットを絞って広告を配信できるのが特徴です。年齢や性別、地域などのユーザー属性を指定し、その条件に当てはまるユーザーにピンポイントで広告を届けられます。

リフォーム事業の広告では、年齢層でターゲットを設定するケースがあります。住宅の購入から一定期間が経過し、リフォームを検討しはじめる年齢層を狙って広告を掲載できれば、集客アップが期待できます。

例えば、一般社団法人住宅リフォーム推進協議会による調査では、リフォームの潜在需要がもっとも高いのは50代でした。このような各種機関が実施している調査や自社の受注履歴などを分析すれば、リフォームニーズのある年代のユーザーに向けた広告掲載が可能です。

参考:一般社団法人住宅リフォーム推進協議会「住宅リフォーム潜在需要者の意識と行動に関する調査

顕在層のユーザーへ訴求できる

Web広告のひとつに、「リスティング広告(検索広告)」があります。リスティング広告とは、Webの検索結果の一覧ページに掲載される広告です。ユーザーが検索したキーワードと関連度の高い広告を掲載できるので、顕在層へのアプローチに活用できます。

「リフォーム キッチン」「リフォーム 〇〇県〇〇市」など、リフォームに関する具体的なキーワードを検索しているユーザーは、購買意欲が高いと予想されます。購買意欲の高いユーザーは、広告に興味をもってくれる可能性が高く、チラシなどの不特定多数に向けた広告よりも効率的な集客が可能です。

リフォーム事業の集客に向いているWeb広告は?

リフォーム事業の集客でWeb広告を活用する場合、アプローチしたい層に合わせて広告の種類を使い分けましょう。顕在層にはリスティング広告、潜在層にはディスプレイ広告の活用が有効です。

リスティング広告は、検索結果ページに掲載できる広告です。具体的に検索して調べるほどニーズが高いユーザーに向けて広告を掲載できます

ディスプレイ広告は、Webサイトなどに設置された広告枠に掲載する広告です。「いつかリフォームしてみたい」「家の設備の調子が悪いと感じている」など、具体的なリフォームの予定はないが潜在的なニーズがある層へのアプローチに適しています

特にリフォームに関しては、ある程度ニーズが顕在化しているユーザーが情報を求めて検索するケースが見受けられます。そのため、顕在層に訴求できるリスティング広告の活用が重要です。

Yahoo!広告なら、利用者の多いYahoo! JAPANの検索結果ページに広告を掲載できます。リスティング広告の導入なら、Yahoo!広告の活用をご検討ください。

リフォーム事業のWeb広告、成功のためのポイント

Web広告を導入するなら、成功のためのポイントもチェックしておきましょう。リフォーム事業のWeb広告では、意識しておくべきいくつかのポイントがあります。

ここでは、リフォーム事業のWeb広告成功のポイントを4つ紹介するので、参考にしてください。

リフォーム事業の特徴を紹介する

リフォームを具体的に検討しているユーザーは、申し込みまでの心理的ハードルが低いと思われるかもしれません。しかし実際には、リフォーム需要者の9割以上がリフォームに関して何かしらの不安を感じています。

「どのリフォーム業者を選べばいいのかわからない」と感じているユーザーも少なくありません。広告では自社の特徴をアピールし、他社との差別化を図りましょう。自社の特徴や依頼するメリットがわかりやすい広告を作成すると、ユーザーに効果的に訴求できます。

参考:一般社団法人住宅リフォーム推進協議会「住宅リフォーム潜在需要者の意識と行動に関する調査

ターゲットとなるユーザー層を明確にする

Web広告は、ユーザー属性を絞って広告を掲載できる特徴があります。そのため、自社のリフォーム事業のターゲットとなるユーザー層を明確にすることで、Web広告の効果を最大限に発揮できます

住宅リフォーム推進協議会の調査によると、リフォームへの意欲がもっとも高まるのは50代のユーザーです。また、同調査では30〜40代の若年層でもリフォーム意向が伸びているなどの結果も出ているので、各年代に合わせた広告を作成するのもポイントです。

参考:一般社団法人住宅リフォーム推進協議会「住宅リフォーム潜在需要者の意識と行動に関する調査

広告配信の曜日や時間帯を指定する

Web広告は、ユーザー属性や検索キーワードだけでなく、掲載する曜日や時間帯も指定できます。ターゲットとなる年齢層のユーザーがインターネットを利用する時間帯を想定して広告を配信すれば、集客効果をさらに高められます。

年齢層だけでなく、ターゲットの属性を意識した掲載時間の設定も重要です。例えば、住宅のリフォームなら個人、オフィスのリフォームなら企業の担当者がターゲットになります。前者なら平日の夕方から夜間や土日、後者なら平日の日中にリフォームに関する情報収集をする可能性が高いでしょう。

ユーザーの年齢や属性を考慮して、広告の掲載時間や曜日も意識してみてください。

デザイン性の高さをアピールする

「自宅をリフォームするなら、デザイン性にもこだわりたい」と考える人も多いでしょう。リフォーム事業の広告は、デザイン性の高さのアピールも重要です。写真がない簡素な広告では、ユーザーが「おしゃれなリフォームにならないのでは」と感じてしまう可能性があります。実際の施工例の写真を使うなど、ユーザーの不安感を払拭できる広告を作成しましょう

ユーザーに刺さるリフォーム事業の広告を作成するには

Web広告を活用しているリフォーム会社も多いので、自社を選んでもらうためにはユーザーに刺さる広告を作成しなければなりません。しかし、具体的にどのような広告がユーザーに刺さるのかわからないと感じる担当者もいるでしょう。

ここでは、ユーザーの目に止まりやすいリフォーム事業の広告を作成するポイントを紹介するので、Web広告作成時の参考にしてください。

自社の強みや特徴を盛り込む

リフォームの申し込みのハードルを下げるには、自社の特徴や強みがわかりやすい広告の作成が大切です。他社との違いや自社のメリットを分析して、広告に盛り込みましょう

ただし、Web広告は表示できる文字数や広告エリアのサイズが決まっているため、情報を盛り込みすぎるとかえって伝わりにくい広告になります。ターゲット層に伝えたいポイントを絞ることで、魅力的な広告が作成できるでしょう。

信頼感が出るように工夫する

上述のとおり、一般社団法人住宅リフォーム推進協議会の調査によると、リフォームを検討している人のおよそ9割は、何かしらの不安を抱えています。具体的な不安の内容としては、見積もりの相場や適正価格、施工の適正さなどが挙げられています。

そのため、信頼感のある広告作成を意識しましょう。必要以上に安さをアピールした広告や色使いが派手すぎる広告などは、ユーザーに不信感を与える可能性があるので注意してください。

参考:一般社団法人住宅リフォーム推進協議会「住宅リフォーム潜在需要者の意識と行動に関する調査

実績がわかるようにする

ユーザーに信頼感を持ってもらうためには、これまでの実績がわかるような広告を作成するのが効果的です。特に、実際に施工した物件のビフォーアフターがわかる広告は、ユーザーの目を引きます。実績がわかると問い合わせや申し込みへの心理的ハードルも下がるので、実際の写真を広告に取り入れましょう。

まとめ

リフォーム事業の集客には、Web広告をうまく活用してみましょう。特に、リフォームを具体的に検討しているユーザーに訴求できるリスティング広告は、チラシなど従来の広告よりも効率的な集客が見込めます。リフォームを考えているユーザーは不安を抱えているケースも多いので、信頼感のあるWeb広告を作成するよう意識してみましょう

Web広告を導入するなら、Yahoo!広告がおすすめです。日本最大級のメディアであるYahoo! JAPANの検索結果ページに広告を掲載できるので、多くのユーザーに自社をアピールできます。導入前のサポートやアフターフォローも手厚いので、ぜひ一度お問い合わせください。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード
資料をダウンロード