このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

Web広告でレンタカー店の集客を成功させるには? 手法やポイントを紹介

「チラシだけでは十分に集客できているか心配」
「Web広告に興味があるけど、レンタカー店に効果があるかわからない」

このような悩みを抱えているレンタカー店の経営者もいるのではないでしょうか。近年では車離れが進み、街の中心部をはじめとした周辺地域の住民を主なターゲットにしている場合、チラシなどを中心に集客している店舗も多いかもしれません。ほかにも、Web広告を使ったオンラインでの集客方法は、レンタカー店でも高い集客効果が期待できます。

本記事では、Web広告でレンタカー店の集客を成功させるための手法やポイントを紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

従来のレンタカー店の集客・広告は?

従来のレンタカー店の集客や広告には、以下のようなものが活用されています。

  • のぼり旗
  • 新聞の折り込みチラシ
  • 地域雑誌・フリーペーパーへの広告掲載
  • ポスティングチラシ

全国展開しているような大手のレンタカー店以外は、基本的に店舗周辺の地域をターゲットに、チラシなどのオフライン集客を実施しているケースが多いです。

あまりコストをかけずに実施できる集客方法のひとつが、のぼり旗です。目立つのぼり旗を立てるとレンタカー店であることがわかりやすく、周辺に住んでいる人に店舗をアピールできます。

特定のエリアにチラシを配布するために使われるのは、新聞の折り込み広告・地域雑誌やフリーペーパーへの広告掲載・ポスティングなどです。コストを抑えるために、ひとつのチラシに複数の広告を掲載する「共同チラシ」を活用しているレンタカー店もあります。

ただしこれらの手法だと、不特定多数の顧客に対して広告を出していることになり、効率的とはいえません

レンタカー店の集客にWeb広告が向いている理由

レンタカー店の集客には、Web広告も効果的です。ここでは、レンタカー店の集客にWeb広告が向いている理由を4つ紹介するので、チェックしておきましょう。

詳細なターゲティングができる

Web広告は、ユーザーの年齢・性別・地域などで詳細なターゲティングが可能です。レンタカー店の場合は、「車を運転できない17歳以下のユーザーは配信対象に含めない」「店舗のある地域のユーザーに絞って掲載する」などの活用方法があります。また、取り扱う車のメーカーやサイズによって、ターゲットとなるユーザー層が異なる場合もあるでしょう。

折り込みチラシやポスティングは特定の地域への配布が可能ですが、年齢や性別などでターゲットを絞ることはできないため、より細かくターゲティングするにはWeb広告が適しています。

ニーズの高いユーザーを効率的に獲得できる

Web広告の種類のひとつに、ユーザーが検索したキーワードに合わせて広告を掲載できる「リスティング広告」があります。レンタカーに関連するキーワードを検索したユーザーに向けて広告を掲載できるため、ニーズの高いユーザーに効率的にアプローチできます

例えば、「〇〇市 レンタカー」と検索したユーザーは、旅行などでその地域のレンタカー店を探している可能性が高いです。このようなユーザーに対して広告を掲載すれば、自社に興味を持ってもらえるかもしれません。

旅行や出張のときにレンタカーを使う方もいるため、全国のユーザーのなかから周辺地域のレンタカー店を探しているユーザーにピンポイントでアプローチできるのは、リスティング広告の大きなメリットです。

低価格で集客できる

「Web広告はコストが高い」と思っている方もいるかもしれませんが、Web広告は低価格で利用できます。Web広告はユーザーが広告を見たり、広告をクリックしたりしたときに費用が発生する仕組みで、ターゲットを絞って掲載するため、余計な広告費がかからない点が特徴です

ターゲット層やニーズの高いユーザーを狙って広告を掲載できるため、不特定多数にチラシを配布するよりも広告の費用対効果を高くできる可能性もあります。

また、入札単価の調整や広告費の上限設定ができるため、予算内で広告を運用したい場合にもおすすめです。

費用対効果を確認することができる

Web広告は管理ツールが用意されており、広告が掲載された回数やクリックされた回数、広告経由の申し込み件数など、多くのデータが確認できます。「クリック1回あたりにかかった費用」「申し込み1件あたりにかかった費用」なども確認できるため、広告の費用対効果を知ることも可能です。

オフライン・オンラインに関係なく、集客施策を実施したときはどのくらいの成果が得られたのかチェックしなければなりません。チラシなどのオフライン広告は効果をデータで測定するのが困難ですが、Web広告は細かいデータが収集でき、課題の発見や改善策の検討に役立てられます

レンタカー店の集客に向いているWeb広告は?

レンタカー店の集客に向いているWeb広告は、リスティング広告とディスプレイ広告です。

リスティング広告は検索結果の一覧ページに掲載される広告で、ユーザーが検索したキーワードと関連度の高い広告が掲載されます。ニーズが明確になっている顕在層に対してアプローチできるので、レンタカー店を探しているユーザーにピンポイントで広告を掲載できる点が特徴です

ディスプレイ広告は、Webサイトなどに設置された広告枠に掲載される広告です。ユーザーの年齢・性別・地域などを指定して広告を掲載できるため、ターゲット層への認知拡大のために活用できます。リスティング広告はテキストの広告を使用しますが、ディスプレイ広告は画像を使用したバナー広告でユーザーにアピールできます。

ディスプレイ広告は、検索履歴やWebサイトの閲覧履歴でターゲットを指定できるのも特徴です。過去に自社サイトを訪れた人への広告掲載が可能で、リピーター育成を狙った広告運用も可能になります。

Yahoo!広告では、リスティング広告とディスプレイ広告の両方が利用できます。Web広告の導入を検討している方は、ぜひご活用ください。

レンタカー店のWeb広告、成功のためのポイント

レンタカー店がWeb広告による集客を成功させるには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。

ここでは、Web広告の成功のためのポイントを3つ紹介するので、チェックしておきましょう。

広く認知を拡大させる

集客力を高めるためには、自社を広く認知してもらうことが重要です。レンタカーの利用を検討しているフェーズでも、自社を知らない人には顧客になってもらえません。

ニーズが高いユーザーへのアプローチも大切ですが、長いスパンでの集客アップを目指すためにディスプレイ広告も活用しましょう。自社がターゲットとする層に広く広告を掲載できるため、認知度のアップが期待できます。

認知を拡大することで、今はレンタカーを借りる予定がない人も、ニーズが発生したときに自社のことを思い出してくれるかもしれません。

エリアごとにキーワードを設定する

先述のとおり、Web広告は地域でターゲティングが可能です。レンタカー店は車を借りるために店舗に足を運んでもらう必要があるため、エリアを絞ったターゲティングが有効です。店舗がある周辺地域に絞って広告を掲載すると効率的な集客が可能で、費用対効果の向上も期待できます。

競合他社との違いを明確にする

ユーザーが利用するレンタカー店を選ぶとき、複数店舗を比較してから利用する店舗を決めるケースが多いです。そのため、自社独自のオプションサービスや、競合他社に勝てるポイントをわかりやすく広告に盛り込まなければなりません。まずは、自社と競合他社を比較して、ユーザーにアピールしたい自社の特徴を洗い出してみてください

ユーザーに刺さるレンタカー店の広告を作成するには

Web広告は多くの企業が活用しているため、広告文や画像、運用方法を工夫しなければ広告の効果が十分に発揮できません。ここでは、ユーザーに刺さるレンタカー店の広告を作成する方法を紹介します。

エリアキーワードを活用する

リスティング広告のキーワード設定をおこなうときは、店舗がある地域をキーワードに含めましょう。レンタカー店について検索するユーザーの多くは「〇〇市 レンタカー」「〇〇駅 レンタカー」など、エリアとかけ合わせてキーワード検索しています。これらのキーワードで検索しているユーザーは、レンタカーの利用を具体的に検討している可能性が高いため、広告経由の申し込みが期待できます。

自社おすすめのプランをクリエイティブに盛り込む

Web広告に使用する広告文やバナー画像は、競合他社との違いを明確にするよう意識して作成しましょう。先述のとおり、ユーザーはサービスを選ぶとき複数の店舗を比較するケースが多いです。また、ユーザーは日常的に多くのWeb広告を目にしているため、当たり障りのない広告ではスルーされてしまう可能性もあります。

自社おすすめのプランやお得なサービスなどを押し出したクリエイティブを作成すると、ニーズのあるユーザーへの訴求力を高められます。

広告の成果を確認しPDCAを回す

Web広告は、広告の成果を目に見えるデータとして得られるのが特徴です。年齢や性別などのユーザー属性ごとの予約傾向や、予約の多い時期などを分析すると、その後のマーケティングにも活用できます。

また、「思ったより広告を掲載できていない」「広告費が予想より高い」など、広告の運用がうまくいかないケースもあるかもしれません。思うような成果が得られていない場合は、原因を調査して改善策を検討しましょう。Web広告運用では、PDCAを回して広告効果を高めていくことが大切です。

まとめ

レンタカー店の集客はチラシなどのオフライン広告が多く活用されていますが、Web広告によるオンライン集客も効果的です。エリアを絞って広告を掲載できるため、効率的に広告を掲載できます。これまでチラシなどのオフライン広告しか活用したことがない場合は、Web広告の活用も検討してみましょう。

Web広告を導入するなら、Yahoo!広告がおすすめです。Yahoo! JAPANの検索結果ページやコンテンツページに自社の広告を掲載できるため、多くのユーザーに広告を届けられます。サポートが充実しているので、はじめてWeb広告を運用する方でも安心です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード

資料をダウンロード

資料をダウンロード

お申込み