このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

Web広告で旅行代理店の集客を成功させるには? 手法やポイントを紹介

従来はチラシやパンフレット、対面カウンターでの営業が主な集客方法だった旅行業界。現在はインターネットの普及によって、Web広告を活用する旅行代理店も増えています。しかし、「Web広告を活用してみたいけど、方法や効果がよくわからない」という担当者もいるのではないでしょうか。

本記事では、旅行代理店でのWeb広告活用について解説します。Web広告の利用を検討している旅行代理店の担当者は、ぜひチェックしてみてください。

従来の旅行代理店の集客・広告は?

従来の旅行代理店の集客は、チラシやパンフレットなどが主な広告媒体です。チラシを新聞に折り込んだり、駅などの人通りの多い場所に自由に持ち帰れるパンフレットを設置したりして、不特定多数の人をターゲットとして集客します。

チラシのポスティングも、よく使われる集客方法のひとつです。特に大型マンションへのポスティングは、効率よく多くの戸数にチラシを配布できます。

その他、リピーター獲得のためには、過去の利用者へのダイレクトメールやショートメッセージの送付も有効な集客方法です。また、大手旅行代理店ではテレビCMを放送している企業もあります。

旅行代理店の集客にWeb広告が向いている理由

旅行代理店の従来の広告は紙媒体が主流でしたが、旅行代理店の集客にはWeb広告も効果的です。日常的にインターネットを利用する人は多いため、Web広告は多くの人の目に触れてもらうことが可能です。

ここでは、旅行代理店の集客にWeb広告が向いている理由を解説します。旅行代理店でのWeb広告の活用には多くのメリットがあるので、チェックしておきましょう。

データを効果的に活用できる

Web広告の配信には、さまざまなデータが活用されています。例えば、年齢や性別といったユーザーの属性です。ユーザー属性ごとに、広告の表示回数・クリック率、予約率などを参考にして効果的な広告の掲載ができます。また、Web広告は一度掲載して終わりではなく、得られたデータを検証し、さらに広告効果を高める施策の検討も可能です。

チラシやパンフレットを配布しても、どの程度の人に見られたかを正確には把握できません。しかし、Web広告なら広告の表示回数やクリック率など、広告効果を測定するさまざまなデータが取得でき、今後の広告掲載に役立てられます

季節感・トレンド感を演出できる

旅行の広告では、季節感やトレンド感をアピールする必要があります。その土地がより魅力的な季節や、話題性のあるツアー内容などをアピールするには、広告に掲載する情報の鮮度が重要です。

Web広告はユーザーに届くまでの時間が短く、トレンドをいち早く取り入れることができます。季節感やトレンド感のある広告を、ユーザーのニーズを的確にとらえて掲載できるのがWeb広告のメリットです。

ターゲティング精度が高い

Web広告はターゲットを絞って効果的に掲載できるのが特徴です。「女子旅」「家族で温泉」「ペットと一緒に観光」など、ターゲットを明確に絞っている旅行ツアーを提供している場合、ターゲット層に的確に広告を掲載できます。会社として特にアピールしたいパッケージプランがある場合は、ターゲティングを設定して配信できるWeb広告がおすすめです。

ポスティングなどの不特定多数に向けた広告は、ターゲット層以外への広告配信がさけられない点がデメリットです。一方Web広告なら、年齢や性別、過去の閲覧履歴などからターゲットを絞って掲載ができるので、コストの無駄を抑えられます。

旅行代理店の集客に向いているWeb広告は?

Web広告は、掲載方法によっていくつかの種類に分かれます。旅行代理店の集客でWeb広告を活用するなら、どのような層をターゲットにするかで広告の種類を使い分けましょう。

検索結果の一覧画面に広告を掲載できるリスティング広告は、顕在層へのアピールに効果的です。旅行の行き先やツアー内容に関連するキーワードを検索したユーザーに向けて、適切な広告を掲載できます

具体的に旅行の計画を立てていない潜在層へのアピールには、ディスプレイ広告が適しています。ディスプレイ広告は、Webサイトやアプリの広告エリアに掲載される広告で、まだ明確にニーズが表れていない層への広告掲載が可能です。

Yahoo!広告では、Yahoo! JAPANの検索結果ページに表示できる「検索広告」と、コンテンツページに表示できる「ディスプレイ広告」の両方を提供しています。ユーザー層に合わせて広告を掲載するなら、Yahoo!広告が効果的です。

旅行代理店のWeb広告、成功のためのポイント

旅行代理店のWeb広告には、成功するためのいくつかのポイントがあります。Web広告は集客効果の高い方法ですが、よりWeb広告の効果を発揮するためにはポイントを押さえておかなければなりません。

ここでは、旅行代理店がWeb広告運用を成功させる方法をご紹介します。

ターゲティングを効果的に活用する

Web広告はターゲットを絞った掲載が可能です。年齢や性別といったユーザー属性や、顕在層や潜在層などのターゲット層に適した広告が掲載できるので、効果的に活用しましょう。

細かいターゲティングができるため、より具体的でターゲット層に刺さりやすい広告内容にすることが大切です。それぞれのターゲット層に合わせたキャッチコピーや広告文、写真やイラストなどを取り入れましょう。

競合他社との違いをできるだけ明確にする

個人でも交通機関や宿泊施設を予約できる現代において、旅行代理店の集客のためには差別化が重要なポイントです。他社との違いや自社を利用するメリットを、ユーザーにできるだけ知ってもらえるような広告を掲載しなければなりません。

自社の特徴やメリットがわかりにくい広告では、ユーザーの目に止まりません。自社のことを知ってもらい、問い合わせや申し込みなどのコンバージョンにつなげるためには、競合他社との違いが明確にわかる広告を掲載しましょう。

旅行市場の動向に配慮した広告を配信する

旅行市場は、社会情勢などの影響を受けやすい業界です。感染症の流行や災害、景気などによって、旅行の目的地や時期、交通手段や費用などが大きく変わることは珍しくありません。

そのため、掲載時期の旅行市場の動向に配慮した広告配信が大切です。トレンドに乗り遅れたり、世間の状況にそぐわない内容になったりしないように、広告内容を精査して掲載しましょう。

潜在層への訴求を欠かさない

具体的に旅行を計画している顕在層への訴求も重要ですが、より多くの顧客を獲得するためには、潜在層へのアピールも積極的におこないましょう。潜在層への訴求には、ディスプレイ広告の活用が効果的です

ディスプレイ広告なら、旅行関連のサイトに広告を掲載したり、過去に自社サイトを訪れたことがある人に対して広告を掲載したりできるので、潜在層のユーザーに効果的に訴求できます。

ユーザーに刺さる旅行代理店の広告を作成するには

旅行代理店の集客は、広告の内容にも左右されます。よりユーザーに刺さる広告とは、どのようなものなのでしょうか。

ここでは、ユーザーに刺さる旅行代理店の広告を作成するポイントを紹介するので、参考にしてください。

得意な領域やプランを訴求

Web広告を活用して、自社の特徴や他社との違いをアピールしましょう。自社の得意な領域やプランを明確にし、盛り込むことが大切です。アピールしたいポイントが伝わる広告は、ユーザーの興味関心を惹きやすくなります。

広告の成果をデータとして保存・活用

Web広告は、表示回数やクリック数、広告経由の予約数などのデータが収集できるのが特徴です。ユーザー属性と予約傾向などを分析し、どのような層がどのような旅行に興味があるのかをデータとして得られます。

広告の成果から得られたデータは、より効果的な広告作成に役立ちます。成果の高い広告の内容をほかの広告に取り入れる、広告内容の改善でどれくらい成果がアップしたかを確認するなど、データをもとにして次の戦略を立てましょう。

旅行業の表示規制に注意

旅行業では広告に表示規約が定められています。違反すると違約金が課される可能性があるので注意してください。例えば、期間を明示しない二重価格表示や、実際の内容よりも著しく優良だと誤認させる表示などは禁止されています。

参考:旅行業公正取引協議会「表示規約

ビジュアルの充実も重要

広告を見たユーザーに「旅行に行きたい」と思ってもらうには、広告のビジュアルも重要です。写真を掲載できるディスプレイ広告では、魅力的な写真を使って視覚的にアピールしましょう

「こんなにきれいな場所に行ってみたい」「この料理がおいしそう」など、広告が目に入ったときに旅行意欲を掻き立てられるようなビジュアルの広告を目指しましょう。

まとめ

旅行代理店の集客を成功させるには、Web広告をうまく活用するのがポイントです。チラシやパンフレットといった従来の広告も有効ですが、Web広告を取り入れることでさらに効率的で効果の高い広告掲載が可能になります。

細かいターゲティングや顕在層への的確な訴求ができるWeb広告は、旅行代理店の集客に向いています。トレンドや魅力的な写真などを取り入れたWeb広告を掲載して、集客に役立ててください

Yahoo!広告を利用すると、Yahoo! JAPANの検索結果ページや、Yahoo! JAPANのサービスなどに広告を掲載できます。導入前のアドバイスや広告掲載後のサポートなど、安心してWeb広告を利用できるようバックアップしているので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード
資料をダウンロード