このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

Web広告で脱毛サロンの集客を成功させるには? 効果的な手法を紹介

インターネットで情報を探すユーザーの増加に伴い、集客のデジタル化が進んでいます。また、チラシやダイレクトメールなどの従来の方法では以前ほど集客の効果が出なくなってきていると悩む方も多いのではないでしょうか。
そのような方におすすめしたいのが、Web広告を用いた集客です。

Web広告は幅広い業界で活用されており、脱毛サロンの集客や広告戦略にも有効な手法です。また従来の方法と異なり、Web広告ではデータを蓄積して分析・改善ができます。継続的に広告を運用すれば、脱毛サロンのマーケティングでも効果を発揮することでしょう。

本記事では、脱毛サロンの集客ポイントやWeb広告の効果的な活用方法などについてご紹介します。サロンのWeb広告で効率よく集客したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

従来の脱毛サロンの集客・広告は?

脱毛サロンの従来の集客では、インターネットを介さないオフライン手法が主流でした。
雑誌やテレビ、新聞や看板、電車の中づりなどへの広告掲載は、不特定多数のユーザーに対して広く訴求できる手法です。また、脱毛サロンの最寄り駅でのチラシ配布やポスティングも集客や認知拡大の手法として採用されてきました。

その他にも、お問い合わせをしたことがあるユーザーや来店履歴があるユーザーに直接はがきを送るといった手法も多く利用されてきました。割引クーポンや限定プロモーションなどを一緒に送ると特別感が出るため、リピーターや顕在層へのアプローチに効果的です。

しかしこれらの手法には、「何人のユーザーがどの広告を閲覧し、何人が広告経由で予約・来店したか」が分かりにくいという難点があります。どの広告が最も効果があったのか、広告のデザインや手法を変えて成果が良くなったのか悪くなったのかなど、細かい分析が難しく、改善に繋げにくいのが課題です。

脱毛サロンの集客にWeb広告が向いている理由

こうした背景を受け、脱毛サロンの集客力を高めるにはWeb広告がおすすめです。ここでは、その理由をご紹介します。

見込みの高いターゲットに絞りやすい

Web広告の特徴は、ターゲティングを細かく設定しやすい点です。年齢や性別、地域、時間や曜日などを設定し、見込みの高いユーザーに絞って広告を掲載できます。

脱毛サロンにとっての見込みの高い客とは、すでに脱毛に興味・関心を抱いておりサロンに訪れる可能性が高いユーザーです。
例えば結婚式を間近にひかえた女性、リゾートに旅行する予定のある女性、20代で美容に興味を持っている女性などが挙げられます。
不特定多数にアプローチしてその中から親和性の高いユーザーを探すのではなく、ターゲットに絞ってアプローチできるというのがWeb広告の大きな強みです。

顕在層に有効にアプローチできる

Web広告には「顕在層に効率よくアプローチができる」というメリットもあります。
顕在層とは商品やサービスに興味・関心を持っており、情報を収集したり比較・検討したりしている段階のユーザーです。脱毛サロンの場合、サロンに通おうと思っており、自分で脱毛やサロンの情報収集をしているユーザーが顕在層といえます。

Web広告のひとつであるリスティング広告は、ユーザーが検索したキーワードに合わせて検索結果に広告が表示されます。ユーザーが情報を求めて行動したタイミングで広告を見てもらえるため、顕在層との親和性が高い広告手法です。

潜在層にも認知を拡大できる

Web広告は顕在層だけでなく潜在層へのアプローチも可能です。
潜在層とは、商品の具体的な検討段階には入っていないが悩みや興味を持っているユーザーを指します。脱毛サロンにとっての潜在層は、美容に関心が高いユーザーや肌トラブルに悩んでいるユーザーなどが考えられます。

こうしたユーザーは具体的な検討段階まで到達していません。そのため、上記のようなユーザーがよく閲覧するサイトに広告を掲載したり、最初からサロンの紹介をしたりするのではなく脱毛自体のメリットを伝えるなどのアプローチをおこなうことで、顕在層に引き上げられる可能性があります。

Web広告には多くの手法があり、掲載できる場所もさまざまです。「見込みの高いターゲットに絞りやすい」でご紹介したように広告を表示させるユーザーの属性を絞れるほか、「そのユーザーがどんな興味関心を持っているか」でもターゲティングが可能です。
サロンと親和性が高く、今すぐではないものの将来的にお客様になりうるユーザー=潜在層に対してアプローチし、認知してもらうことも可能です。

脱毛サロンの集客に向いているWeb広告は?

Web広告にはさまざまな種類があります。特に脱毛サロンの集客に効果だといえるのは、リスティング広告とディスプレイ広告です。

リスティング広告は「検索連動型広告」とも呼ばれており、先述のとおり検索結果とともに表示される広告で、ユーザーが検索するキーワードと関連性の高い広告が表示されます。
検索しているユーザーはすでに自分のニーズをわかっており、興味や関心の度合いがかなり高い状態です。今すぐ脱毛サロンに通いたいと思っているユーザーもいるでしょう。
リスティング広告でタイミングよくユーザーに広告を届けられれば、高いコンバージョン率が期待できます。

一方ディスプレイ広告は、Webサイトの広告枠に表示される広告で、動画、画像、テキストなどを利用します。「バナー広告」とも呼ばれており、クリックするとランディングページや企業のホームページ、キャンペーンページなどに遷移します。
ディスプレイ広告は、画像を使って視覚的に訴えられるのに加え、年齢や性別、過去どんな検索キーワードで検索したか、どんな興味関心があるかなどの指標から詳細なターゲティングが可能です。
そのため、まだ脱毛意識が低いユーザーや具体的なサロン名まで想起できていないユーザー、すなわち潜在層に効果的にアプローチできます。

Yahoo!広告では、リスティング広告とディスプレイ広告の両方をご提供しています。初心者でも始めやすいサポート体制をご用意しておりますので、ぜひご覧ください。

あなたの商品・サービスを探している人に届く!Yahoo!広告について詳しく見る

脱毛サロンのWeb広告、成功のためのポイント

ここでは、脱毛サロンでWeb広告を成功させるポイントをご紹介します。

サロンの強みや特徴を整理し、広告に生かす

集客をおこなう際に重要なのは、サロンの強みや特徴を自社で分析し、整理することです。脱毛サロンは競合他社が多いため、差別化を図るためには自社ならではの強みを前面に出す必要があります。
用意しているメニューや採用している機材の違い、他社にない特徴や独自の取り組み、お客様に満足してもらえているポイントなど、網羅的に洗い出しましょう。定期的に通う必要があるため、アクセスのよさや店舗展開なども強みとなります。

ユーザーのターゲット層を明確にする

Web広告では、どの層をターゲットとするかにより相性のよい広告の種類が変わります。そのため、事前にアプローチしたいターゲット層を明確にしましょう。また、サロンにとって親和性の高いユーザーはどんなユーザーか洗い出すことは、広告文やデザインを考えるうえでも非常に重要です。

夏前のみなど期間を限定せず通年で出す

脱毛サロンは一般的に夏前が繁忙期ですが、Web広告で集客をする際には年間を通して広告を出すのがおすすめです。期間を絞らずに広告を出すことで認知拡大につながります。
また、長期間にわたって広告を掲載すると成果がデータとして蓄積され、ユーザーの動線や傾向、反応のよかった広告などが把握しやすくなるため、広告の改善に活かせるというメリットもあります。

広告表現の規制に気を付ける

脱毛サロンの広告表現には、法律で禁止されている文言があります。広告の掲載停止を避けるためにも、法律に準拠した広告表現を使いましょう。広告表現でNGな表記をまとめておき、いつでも参照できるように準備しておくと安心です。

ユーザーに刺さる脱毛サロンの広告を作成するには

ユーザーの心に刺さる広告を作成するにはどのようなコツがあるのでしょうか。ここでは、ユーザーの心を動かす広告作成のコツを4つご紹介します。

獲得したいターゲット層に合わせた広告を意識する

広告を作成する際には、獲得したいターゲットを意識した内容にしましょう。ユーザーの視点に立ち、どのような広告であれば心に刺さるのかを考えます。
また、ディスプレイ広告やランディングページなど視覚的な要素が重要になる場合、デザインにこだわったりABテストをおこなったりして改善していきましょう。 文字だけでなく、写真やイラストを併用すると、一目でサロンの特徴がわかる広告になります。

広告配信時にターゲティングをおこなう

ターゲティングを細かく設定できるWeb広告の強みを生かして、広告配信時には必ず広告の目的に合わせたターゲティングをおこないましょう。

リスティング広告では、以下の設定が可能です。

  • サイトリターゲティング
  • デバイスターゲティング
  • 地域ターゲティング
  • 曜日・時間帯ターゲティング

一方ディスプレイ広告では、以下のターゲティングを設定できます。

  • 性別や年齢
  • サイトリターゲティング
  • サーチキーワードターゲティング
  • オーディエンスカテゴリーターゲティング
  • サイトカテゴリーターゲティング
  • プレイスメントターゲティング
  • 地域ターゲティング
  • 曜日・時間帯ターゲティング
  • デバイスターゲティング

しっかりターゲティングをおこなえば、条件を満たすユーザーにのみアプローチできるため、無駄なく広告を運用できます。

エリアターゲティングを活用する

Web広告ではエリアターゲティングを活用し、地域に特化したアプローチが可能です。
広告の掲載をサロンがあるエリアに限定すれば、通いやすいユーザーのみを狙えます。脱毛サロンは通い続ける必要があるため、ユーザーにとって通いやすさや利便性は非常に重要です。

誇張表現や紛らわしい価格表現をしない

ユーザーは脱毛サロンを選ぶ際、価格やサービスを重視する傾向があります。他社との差別化を図るために価格で勝負するサロンも多々ありますが、広告には必ず正しい価格の表記し、適切な広告文を心がけてください。 ユーザーに誤解をまねくような誇張表現や不明瞭な価格表現は避けましょう。
また、脱毛などの美容系は薬事法などにより、広告クリエイティブの審査に抵触することが多い傾向にあります。必ずガイドラインを確認しましょう。

まとめ

本記事では、脱毛サロンがWeb広告で集客をする際のポイントや、広告を成功させるコツなどについてご紹介しました。
従来はチラシ、マス広告、ダイレクトメールなどにより集客をおこなう傾向がありましたが、現在ではWeb広告を活用して集客をおこなう脱毛サロンが増えつつあります。

Web広告には複数の種類があり、広告の目的によって顕在層や潜在層にアプローチできます。Yahoo!広告では、リスティング広告とディスプレイ広告のどちらも提供しています。獲得したいターゲットに狙いを定め、見込みの高いユーザーに広告を届けたい方は、ぜひ一度ご相談ください。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード

資料をダウンロード

資料をダウンロード

お申込み