このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

Web広告で店舗の集客を成功させるには? 方法とポイントを紹介

店舗への来店数を増やすにあたり、「取り組んではいるが効果を感じにくい」「コストや時間がかかる取り組みはハードルが高い」など、課題を抱えている方は多いかと思います。
また、近年ではECサイトなど無店舗で商品を提供する企業やサービスが増え、周辺店舗以外の競合が増えています。

行き詰まった店舗集客の打開策としておすすめなのが、Web広告の活用です。本記事では、Web広告とは何か、またWeb広告を活用して集客で成功するポイントをご紹介します。

従来の店舗集客・広告は?

従来の店舗集客として、新聞、雑誌、テレビCMを含むマス広告が挙げられます。
これらの集客方法の特徴は、不特定多数のユーザーに広く商材を訴求できることです。ただし莫大なコストがかかるため、資金力が不足している店舗にとって手を出しにくい手法といえます。また、マス広告を出稿できても効果の予測や可視化が難しいデメリットもあります。

フリーペーパーへの広告出稿、ダイレクトメールの送付、チラシの配布などは特定の地域をターゲットにした店舗が一定の効果を得られる集客手段です。しかし、制作費や人件費がかかるのに加え、マス広告と同様に「広告によってどれだけの効果が得られたのか」を分析しにくいという課題があります。

さらにインターネットやスマートフォンの普及にともない、広告媒体に頼ることなく独自のWebサイト、SNS、ブログを運営して情報発信をおこなう店舗が増えています。しかし、WebサイトやSNSはあくまでユーザーが見にきてくれることが前提であるため、どのようにアクセス数を増やして集客につなげるかを考えなくてはなりません。

店舗の集客にWeb広告が向いている理由

店舗の集客や広告に悩んでいる方におすすめしたいのが、Web広告です。ここでは、Web広告のメリットをご紹介します。

多くのユーザーがWebで情報を収集している

インターネットは今や、幅広い年代層が日常的に利用している情報収集手段といえます。インターネットを用いて検索したりサイトを閲覧したりユーザー全員がWeb広告で訴求できる対象になりえるため、活用次第で集客拡大の可能性が期待できます。

24時間いつでも訴求できる

Web広告は、24時間いつでもユーザーに訴求できるメリットがあります。時間や場所を制限することなく広告をユーザーに配信でき、絶え間なく接触機会を得られます。
また、広告を配信する中で「特定の時間帯のアクセスが多い」というデータが得られれば、時間帯を絞って配信もできます。柔軟性とカスタマイズ性を兼ね備えている手法といえるでしょう。

親和性の高いターゲットにアプローチできる

Web広告では、店舗と親和性の高いターゲットに絞って広告を掲載できます。
配信するエリアを限定できるため、店舗があるエリアのユーザーをターゲットにすれば広告の費用対効果が高まります。また、エリア以外にも、広告の種類によっては性別や年齢、興味関心などさまざまなユーザー属性からターゲティングが可能です。
うまく活用することでニーズの高いユーザーに絞ってアプローチし、ニーズのないユーザーの広告クリックを防げるのもメリットの一つです。

成果が可視化でき、改善につなげられる

Web広告は掲載中や掲載後もリアルタイムで成果が可視化できます。広告の表示数、クリック数、アクセスが多い時間帯など、手軽にデータの取得が可能です。
配信後、思うように広告効果が得られない場合は、データをもとに見直すべきポイントを洗い出して改善につなげましょう。配信して終わりではなく、絶えず改善を重ねて最適化していけるのもWeb広告の魅力です。

初心者でも始めやすい

Web広告は難しい手続きを必要とせず少額から始められるほか、コツを掴めば自分で運用できるため、初心者でもはじめやすい特徴があります。試しに利用してみて、様子を見ながら徐々に予算を増やし、広告掲載を拡大するといった調整も可能です。サポート体制が充実しているYahoo!広告では、準備段階で専門家からアドバイスを受けられます。

店舗の集客に向いているWeb広告は?

Web広告にはさまざまな種類がありますが、店舗の集客に向いているのは「リスティング広告」と「ディスプレイ広告」です。

店舗もしくは提供されている商材に興味があるなど、関心が具体化している顕在層には、リスティング広告(検索広告)がおすすめです。リスティング広告とは、ユーザーが検索エンジンに入力したキーワードに連動して、検索結果に表示されるテキスト広告です。ユーザーが店舗や商品に関する情報を探しているタイミングで広告を表示できるため、効率よく訴求できます。

一方、まだ店舗への関心がない潜在層にはディスプレイ広告が適しています。ディスプレイ広告は、Webサイトやアプリ上に設けられた広告枠内に動画や画像付きで表示される広告全般を指します。ビジュアルのインパクトが強いほど、ユーザーの視線を引きつけて、広告のクリック率を高められます。ディスプレイ広告では、認知向上やWebページへの誘導など、さまざまな目的に合わせた広告掲載が可能です。

Yahoo!広告では、店舗経営のさまざまな課題に応えるために、幅広い選択肢のWeb広告をご用意しています。こちらで詳しく紹介しているので、併せてご参照ください。

あなたの商品・サービスを探している人に届く!Yahoo!広告について詳しく見る

店舗のWeb広告、成功のためのポイント

実際に店舗集客でWeb広告を活用したとき、どのような点に注意すれば成功につながるのでしょうか。ここでは、そのポイントを詳しくご紹介します。

認知から訪問までの経路を設計する

Web広告を運用する際は、広告がクリックされた後のことも考える必要があります。広告をクリックしたユーザーをどうすれば予約や来店につなげられるかを検討し、経路を設計しましょう。

そのためには、どのようなユーザーを狙って広告を配信するのか、そのユーザーは何を求めているのか、どのようなルートで広告をクリックしてページに流入するのかを掘り下げます。その結果、予約への意欲が高いユーザーを狙うのであればすぐに予約できるようにし、来店意欲が高いのであれば店舗へのアクセス情報や来店予約をすぐに見られるようにするなど、「ユーザーが求めるもの」までの行程をなるべく少なくします。
もし予約や来店への意欲がそこまで高くない潜在層にアプローチするなら、店舗やサービスを紹介して意欲を高める必要があります。

このように、ユーザーニーズや行動パターンを分析して、来店までの経路を設計すれば、より効果的な広告が作成できます。

店舗へ訪れたくなるキャンペーンを企画する

広告を作成するときは、「店舗に足を運んでみたい」とユーザーに思ってもらえるような工夫が大切です。
来店意欲が高まりきっていない状態のユーザーにもメリットを感じてもらえるほか、同じサービスがある競合他社や競合店舗と比較された際の強みになります。例えば、新商品の発売情報、セール情報、クーポンの発行など店舗に訪れたくなる仕掛けを考えましょう。

ランディング先のページと一貫性を持たせる

広告に興味を持ったユーザーがクリックをした際に、遷移先のページが広告の印象と違っていると内容を読む前に離脱してしまう可能性が高まります。

広告は、クリックがゴールではありません。その先のアクションにつなげるためにも、広告とランディングページに一貫性を持たましょう。例えば、「今なら商品の割引クーポンがもらえる」というメリットを提示した広告を作成したのであれば、ランディングページでクーポンの申し込みフォームを表示させることでユーザーの満足度が向上します。

また、広告のデザインや雰囲気をサイトと一致させることも大切です。あまりにもデザインが異なっていると、ユーザーは「違うサイトに訪れてしまった」と勘違いして離脱につながる可能性があります。文字の大きさや色使いなどトーン&マナーを揃えるようにしましょう。

ユーザーに刺さる店舗の広告を作成するには

ここでは、店舗集客でWeb広告を作成するとき、ユーザーに刺さる内容に仕上げるポイントをご紹介します。

コンセプトや強みを打ち出す

店舗が持つコンセプトや強みは、広告の内容にオリジナリティを加えて訴求力を高めるために大切な要素です。広告で何をアピールしたいのか明確でない場合は、店舗の特徴を整理してみましょう。特徴を洗い出すなかで広告のメッセージに盛り込みたいコンセプトや強みが明らかになっていきます。
また、大切にしているコンセプトや独自のサービスも差別化に繋がります。行き詰ったらこれまでに寄せられたお客様の声やレビューを参考にするのもよいでしょう。

競合より優れている点をアピールする

競合より優れているポイントも、広告のなかに盛り込みましょう。例えば、お店の雰囲気や立地の良さ、価格などが競合より優れているかもしれません。しっかりアピールすれば、競合と差別化が図れ、ユーザーも興味を持ちやすくなります。

訴求ポイントをターゲットごとにつくる

店舗の顧客層が複数ある場合は、広告の訴求ポイントもターゲットごとに変える必要があります。ニーズが異なる場合、すべてのユーザーに同じ広告を届けても効果を得にくくなります。広告の内容や文言を調整しながら、ターゲットのニーズを満たし心に刺さるような広告作成を心がけましょう。

実施後は成果を確認して改善する

前述のとおり、Web広告ではクリック数(広告がクリックされた数)やコンバージョン率(広告の成約率)など、さまざまなデータをリアルタイムで取得できます。そのため、データを都度確認し、成果が伸び悩んでいる場合は原因の特定が重要です。

調整をすることで、成果を改善できる可能性があります。掲載終了後も、広告がどこまでの来店に結びついたのかの成果を分析し、成功ポイントや改善ポイントをまとめましょう。得られた洞察は、今後の来店促進活動に役立てられます。

店舗集客の活用事例

最後に、検索広告を利用して集客を成功させた店舗の事例をご紹介します。

ジュエリーの製造販売をおこなっているヨーアンドマーレリテイリング柏店様では、結婚を考えているユーザーに向けて、Yahoo!広告のリスティング広告で広告運用をはじめました。結果、店舗の予約数が増え、より多くの人に足を運んでもらえるようになりました。店舗の集客は、2倍に増えたそうです。

こちらでは、ヨーアンドマーレリテイリング柏店様の事例を動画で紹介しています。併せてご覧ください。

Yahoo!広告 ヨーアンドマーレリテイリング柏店「検索広告をご活用いただき店舗への集客が2倍に増えました

まとめ

集客に課題を感じている方には、Web広告の活用がおすすめです。Web広告は時間や場所を問わずターゲットに訴求が可能であり、広告掲載を親和性の高いユーザーに絞れます。
また、リアルタイムで成果が可視化されるため、改善につなげやすいのもメリットです。

Yahoo!広告では、本記事でご紹介したリスティング広告とディスプレイ広告のどちらも提供しています。専門家による手厚いサポートもあるため、初心者でも安心して活用できます。Web広告出稿を考える際は、ぜひご検討ください。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード