このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

ヨガの集客を成功させるWeb広告とは? 具体的な手法やポイントを紹介

「ヨガ教室を運営しているけど、思うように集客できていない」
「チラシやSNSだけではあまり集客の効果が出ていないように感じる」

このようなお悩みを抱えているヨガインストラクターや経営者の方も多いのではないでしょうか。ヨガ教室が効果的な集客をおこなうには、チラシやSNSなどに加えてWeb広告の活用がおすすめです。

本記事では、ヨガ教室の集客にWeb広告が向いている理由や、成功のためのポイントなどを詳しく解説します。集客にお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

従来のヨガ教室の集客・広告は?

インターネットやスマートフォンが普及する前は、教室の前に看板を設置したり、周辺地域の住宅にチラシをポスティングしたりする集客・広告が主流でした。地域の情報誌の広告枠に広告を掲載したり、新聞に折込チラシを入れたりする場合もあります。

多くの人が日常的にインターネットを利用するようになってからは、Web広告やホームページ、SNSといったオンライン集客の手法を活用しているヨガ教室も少なくありません。ヨガ教室は教室まで足を運んでもらう必要があるため、チラシのような周辺地域へのオフライン集客も引き続き活用されていますが、Web広告などのオンライン集客にも取り組むとより効果的です

ヨガ教室の集客にWeb広告が向いている理由

ヨガ教室の集客には、Web広告が向いています。ここでは、ヨガ教室の集客にWeb広告が向いている理由を3つ紹介します。

データを使って効果検証できる

Web広告は、広告が掲載された回数やクリックされた回数、広告経由の申し込み件数など、広告の効果をデータで検証できるのが特徴です。Web広告の運用を続けるとさまざまなデータが蓄積されていくため、それをもとに効果的なマーケティング施策を考えたり、課題を洗い出して改善策を検討したりできます

チラシや看板などオフラインの施策は、Web広告のように効果を詳細なデータとして取得することはできません。看板を見てくれた人数やチラシを読んでくれた人数を正確に把握するのは困難で、効果測定が難しいのが課題です。

一方Web広告なら、複数の広告を出してクリック数や費用対効果の差を調べるなど、より高い効果を目指すためにデータを活用できます。このように、客観的な数値データはマーケティングに取り組むうえでとても重要です。

対象エリアのユーザーに絞って集客できる

ヨガ教室は実際に教室まで足を運んでもらう必要があるため、エリアを絞って広告を掲載したいケースが多いでしょう。

Web広告は、IPアドレスやGPSなどの情報をもとに対象エリアのユーザーにだけ広告が掲載されるように設定できます。ヨガ教室の周辺に職場や自宅があるユーザーに向けて広告を掲載すれば、効率的な集客が可能です。

検索キーワードに応じて掲載されるリスティング広告の場合は、「〇〇駅 ヨガ教室」などエリア名を含む検索をしたユーザーに向けて広告を掲載できます。

オンライン集客の手法は、インターネット上で不特定多数のユーザーにアプローチするものだと考えている人もいるかもしれません。しかし、Web広告はチラシのポスティングのように特定の地域をターゲットとして掲載できるのもポイントです。

ニーズが高まっているユーザーにアプローチできる

Web広告は、先述のとおり「〇〇駅 ヨガ教室」と検索したユーザーに向けて掲載したり、ヨガやエクササイズ関連のサイトの広告枠を指定して掲載したりできます。そのため、ニーズが高まっているユーザーに絞ってアプローチできるのも、ヨガ教室の集客にWeb広告が向いている理由の一つです

チラシのポスティングや新聞への折込は、地域は絞れてもニーズの高い人に向けてピンポイントに届けることはできません。ヨガに興味のない人やターゲット層ではない人に対してもチラシの印刷やポスティングに費用がかかっているため、無駄な費用が発生しているケースもあります。

Web広告なら、ヨガ教室を探している人やヨガに興味がある人などに絞ってアプローチできるため、無駄な広告費が発生しにくく費用対効果の向上が期待できます。

新規顧客を獲得するための集客方法は? 具体的な集客方法や成功のポイントを紹介」を読む

ヨガ教室の集客に向いているWeb広告とは?

Web広告にはいくつかの種類がありますが、ヨガ教室の集客にはリスティング広告やディスプレイ広告が向いています。

リスティング広告は検索キーワードに応じて掲載される広告で、検索エンジンの上部や下部に表示されます。ヨガ教室について検索している、ニーズが高まっているユーザーに向けて広告を掲載したいときに活用される広告です。ニーズがあるため広告に興味を持ってもらえる可能性が高く、高い集客効果が期待できます。

リスティング広告とは? 初心者でもわかる仕組みや費用、運用方法を解説」を読む

まだニーズが明らかになっていない潜在層のユーザーにアプローチしたいときは、ディスプレイ広告が向いています。ディスプレイ広告は、Webサイトやアプリなどの広告枠に掲載される広告です。ユーザーの年齢や性別、エリアなどを指定して広告を掲載できます

「まずはヨガ教室があることを知ってもらいたい」といった場合には、ターゲット層を指定してディスプレイ広告を掲載すると効果的です。広告を見て周辺にヨガ教室があると知れば、興味を持ってくれる人がいるかもしれません。

ディスプレイ広告とは? リスティング広告との違いと出稿方法」を読む

このように、Web広告は目的に応じて使い分けることが大切です。

ヨガ教室のWeb広告、成功のためのポイント

ヨガ教室の集客にWeb広告を取り入れるなら、成功のためのポイントを押さえておきましょう。

ここでは、Web広告を活用するときに意識しておきたいポイントを3つ紹介します。

ターゲットユーザーを明確にする

Web広告はターゲットの属性を指定して配信できるため、はじめにターゲットユーザーを明確にしておかなければなりません。ターゲット層を明確にしないままWeb広告の運用をはじめると、本来のターゲット層に広告を届けられなかったり、ターゲット層以外のユーザーに広告が掲載されて無駄な広告費がかかったりする可能性があります。

「託児所を併設している」「男性も参加できるレッスンがある」など、ヨガ教室によってターゲット層やコンセプトが設定されていると思います。教室の特性やレッスン内容、営業時間などからどのような人に来てもらいたいのか改めて明確にしたうえで、Web広告の運用をはじめましょう。

ターゲットとは、セグメント・ペルソナとの違い、ターゲットの重要性、Web広告活用のポイント」を読む

競合の教室との差別化ポイントを整理する

日常的にインターネットを利用しているユーザーは毎日多くのWeb広告を目にしており、すでにWeb広告を活用しているヨガ教室も少なくありません。このような環境でWeb広告の成果を出すためには、競合との差別化ポイントの盛り込みが重要です。

ユーザーに興味を持ってもらえる広告文やバナーを作成するために、レッスン内容やスタジオの設備、インストラクターの特徴など、広告でアピールしたい独自ポイントを整理してみてください。また、周辺にあるほかのヨガ教室の調査も念入りにおこない、自分のヨガ教室のオリジナリティや強みを広告に取り入れましょう。

ヨガ教室に通うメリットやベネフィットを整理する

どれだけWeb広告を掲載しても、メリットやベネフィットを感じてもらえなければ集客にはつながりません。「ヨガ教室に通うとどのような価値が得られるのか」をあらためて整理し、広告文やバナーに取り入れられるようにしましょう。

近年では商品やサービス自体の価値よりも、コンセプトやストーリー、得られる体験などを重視するユーザーも増えています。ヨガ教室の特徴やメリットを明らかにしたうえで、その先の体験や価値まで明確にしてみましょう

ユーザーに刺さるヨガ教室の広告を作成するには

ここからは、先ほど紹介したポイントを踏まえて、実際に広告文やバナーを作成するときに意識したい点を紹介します。

ユーザーの悩みを見極めた訴求をする

広告文やバナーは、ユーザーの「ニーズを満たせる」「悩みを解決できる」と感じられる内容にすると効果的です。そのために、ターゲット層のニーズや悩みを見極めたうえで広告を作成しましょう。

ただし、悩みの解決を広告で謳う場合、誇大広告にならないように注意しましょう。痩身効果や痛みの改善効果などを広告に表示するには、合理的な根拠が必要です。根拠なく「痩せる」「腰痛改善」などの表現を広告に使用すると景品表示法違反となるおそれがあるため、注意しましょう。

景品表示法とは? 禁止事項とWeb広告を配信する際のポイント」を読む

地域や年齢のターゲティングを活用する

先述のとおり、エリアや年齢などのユーザー属性を絞って広告を掲載できるのがWeb広告のメリットです。広告の効果を高めるために、ターゲティング設定を活用しましょう事前に明確にしておいたターゲットユーザーに当てはまる人に広告を配信できるように、正確に設定をおこなう必要があります

プレイスメントターゲティングとは? メリットや注意点、設定方法を徹底解説」を読む

レッスンメニューや内容を明記する

ヨガ教室へのニーズが高い人は、レッスンの内容やメニューの種類などが気になるポイントです。Web広告は内容がひと目で理解できないと興味を持ってもらえない可能性があるので、どのようなレッスンが受けられるのかを明記しましょう

「初心者向けレッスン開催」「平日夜でも受けられるレッスンあり」など、ターゲット層にアピールしたい内容がわかりやすい広告になるよう意識して作成してください。

キャンペーンやイベント情報を訴求に含める

特典や期間限定の情報を含めると、広告の訴求力が高くなります。レッスン料の割引や初回無料体験など、キャンペーンやイベントを実施している場合は広告に取り入れましょう。

例えばリスティング広告なら、隅付き括弧で【期間限定】のようにユーザーにアピールしたい文字を強調すると効果的です。キャンペーンなどのお得な情報であるとひと目で認識できるように、広告の表現も工夫してみてください。

ヨガ集客にはぜひWeb広告を活用しよう

ヨガ教室の集客方法ではチラシのポスティングなどオフライン集客がよく利用されていますが、オンライン集客も効果的です。すでにSNSアカウントやホームページの運営に取り組んでいる教室もあるかもしれませんが、より高い集客効果を求めるならWeb広告を活用してみましょう。エリアや年齢層などでターゲットを絞って掲載できるので、効率的な集客が可能です。

Yahoo!広告なら、多くの人が利用する「Yahoo! JAPAN」の検索結果ページやコンテンツページに広告を掲載できます。導入前の無料カウンセリングも実施しているので、お気軽にお問い合わせください。

「Yahoo!広告」だから、
あなたの商品・サービスを
探している人に届く!

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

本文はここまでです このページの先頭へ

今、検索広告を開始すると
3カ月連続 広告料金プレゼント

今すぐ申し込む

資料をダウンロード

資料をダウンロード

お申込み