このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

Web広告で学習塾の集客を成功させる秘訣は?
手法や事例を紹介

制作提供:株式会社 デジタルアイデンティティ

学習塾は地域に密着したビジネスであることが多く、限られた予算で集客を成功させる必要があります。どのような広告を用いれば、効率的に集客をおこなうことができるのでしょうか。

本記事では、学習塾の集客の秘訣や集客の成功事例などをご紹介します。学習塾を経営している方はぜひ参考にしてください。

従来の学習塾の集客・広告は?

学習塾の集客において、これまではチラシ広告や口コミが一般的でした。

チラシを用いた集客は即効性が高く、地域・エリアを限定してアプローチできるというメリットがありますが、見込みの高いターゲットに絞ることが難しいという弱点があります。
一方、口コミは集客効果が高く、一度広まれば認知度・イメージ向上など副次的な効果が見込めますが、意図的に評判のいい口コミの数を増やすことが難しいため、他の方法を併用する必要がありました。

学習塾の集客にWeb広告が向いている理由

従来の方法に加え、最近は「Web広告」を用いた集客が注目を集めています。ここからは、学習塾の集客にWeb広告が向いている理由をご紹介します。

見込みの高いユーザーに絞ってアプローチできる

Web広告の場合、配信するエリアだけでなく年代などの属性を限定できるため、見込みの高いユーザーへのアプローチが可能です。
例えばリスティング広告(検索連動型広告)では、ユーザー自身が検索したキーワードに関連した広告が表示されます。そのためユーザーが学習塾について調べているタイミングで広告を表示できるのに加え、より詳細にターゲットを絞ることができます。

少額ではじめられる

少額ではじめられるメニューが多いこともWeb広告の大きなメリットです。Yahoo!広告ははじめに予算を設定し、その範囲内で運用できるため「あまり広告に予算を割けない」「少額からはじめたい」という方におすすめです。
また、先ほどご紹介した検索連動型広告は表示されただけでは料金が発生しません。ユーザーにクリックされてはじめて料金が発生するため、費用対効果がよいことも特徴のひとつです。

データをもとにした改善が可能

チラシや屋外広告の場合、広告を見てくれた人が何人いるか、広告を経由して問い合わせてくれた人がどのくらいいるか厳密に分析するのが難しくなります。

しかしWeb広告では、どのくらい閲覧されどのくらいクリックされたか、ページから申込みにつながったユーザーがどのくらいいるかなどのデータをリアルタイムで確認できます。
こうしたデータを活用すれば、いつどんな広告を配信するかを分析・改善できます。広告を配信して終わりではなく、手ごたえや改善ポイントを確認しながらPDCAを回せるのがWeb広告の特徴です。

学習塾の集客に向いているWeb広告は?

Web広告には、リスティング広告やディスプレイ広告、SNS広告などさまざまな種類があります。そのなかでも特に、学習塾の集客にはリスティング広告が向いているといえるでしょう。

集客について考える際、「学習塾を必要とする年代の子どもがいる」「塾があるエリアに住んでいる」など、ターゲットとなるユーザーが絞られます。
さらに塾ごとの特徴を加味すると、「個人授業をしてほしい」「レベルの高い授業を受けさせたい」など細かなニーズに分かれます。このように塾やターゲットユーザーが多様化する中で、効率よくマッチングする必要があります。

「学習塾の集客にWeb広告が向いている理由」でも少し触れたように、リスティング広告(検索連動型広告)はユーザーが検索したキーワードに合わせて、検索画面の上位に広告が表示されます。
どんなキーワードで広告を表示させるかを細かく設定できるため、塾の特徴にあわせてキーワードを設定すればミスマッチが置きにくくなります。さらにユーザーは自身の興味関心をキーワードとして打ち込んで検索しているため、興味関心があるユーザーにダイレクトにアプローチできるようになります。

Yahoo!広告では、「検索広告」という名前でリスティング広告を提供しています。Yahoo!広告にお申し込み後、予算やキーワードを設定して広告文を作成すれば、すぐに掲載を開始できます。
さらに、Yahoo!広告はサポート体制が充実しているため、はじめてWeb広告を利用する場合や操作方法がわからない場合でも安心してご利用いただけます。
日本最大級メディアYahoo! JAPANで集客アップ!まずは無料のアカウント開設から。Yahoo!広告について詳しく見る

学習塾のWeb広告、成功のためのポイント

次に、Web広告で学習塾の集客を成功させるためのポイントをご紹介します。

ターゲットを地域で絞ってキーワードを選ぶ

学習塾は、多くの場合地域密着型のビジネスになります。
地域×学習塾、地域×個人指導など、「地域×〇〇」といったキーワードで広告を出しましょう。
地域名を意識したキーワードを選ぶことで費用の無駄を省きつつ、学習塾がある地域のユーザーに効果的に広告を届けられます。

夏期・冬期講習だけでなく年間単位で出す

学習塾によっては、夏期や冬期など講習の期間にあわせて広告を出す場合があります。しかし期間を限定してしまうと、早い段階から受講を検討しているユーザーにアプローチできなくなってしまいます。
また、期間を絞って広告を出すと認知度が高まりにくくなるというデメリットもあります。
長期的に広告を運用することでデータが蓄積され、改善策の分析にもつながります。こうした理由から、集客を強化したいタイミングのみではなく年間を通して広告を出すことをおすすめします。

ユーザーに刺さるWebサイト・ランディングページを作る

広告を出稿する際に重要なのが、ユーザーに刺さるWebサイトやランディングページ(※1)の作成です。広告でWebサイトやランディングページに誘導できたとしても、申し込みや体験につながらなければ成果とはいえません。
塾の特徴や成果・実績など、ユーザーにとって魅力的な情報整理し、わかりやすくまとめましょう。
※1 ランディングページ:訪問者が最初にアクセスするページ

ユーザーに刺さる学習塾の広告を作成するには

最後に、ユーザーに刺さる学習塾の広告の作成についてコツを解説します。広告を作成する際にぜひ参考にしてみてください。

何を、誰に伝えるのかを明確にする

まずはどんなユーザーを獲得したいのか、ターゲットユーザーに何を伝えたいのかを明らかにしましょう。
学習塾の場合、対象となる生徒や親を軸に「何をアピールすればいいか、何が刺さるか」を考えましょう。
また、広告の最終的な目的を考えることも大切です。例えば、目的が塾の入会なのか資料請求なのかによってアプローチが異なってくるため、何を最終目標とするかも一緒に整理しましょう。

他の塾との違い、独自性をはっきりとさせる

ユーザーに刺さる広告を作成するためには、他の塾との違いや独自性をはっきりさせる必要があります。
学習塾の強みを全面的に打ち出し、その学習塾ならではの文言を載せましょう。また、数字を入れると説得力を高めることができます。ただし「合格率No.1」などの最上級表現は広告規定上禁止されているので、注意が必要です。

ユーザーが求めている情報を理解する

ここまで「ユーザーに何をアピールできるか」をメインにお伝えしてきました。しかし同時に、「ユーザーが求めている情報が何なのか」を理解して広告を作成することも重要です。

- 学習塾に通った結果、どのような結果が期待できるのか
- 難関校の合格率はどれくらいなのか
- どのようなキャンペーンが実施されているのか
- どのような講師がいるのか
- 新型コロナウイルスなどの感染症について、どのような対策がされているのか

ユーザーの視点に立って考え、ニーズを満たせるような広告やランディングページを作りましょう。ただし情報が多すぎると煩雑になる可能性があるので、情報量には注意が必要です。

まとめ

ここまで、学習塾における集客方法や広告について解説してきました。
従来の学習塾の広告はチラシや口コミが定番でしたが、インターネットが普及しつつある現代では、Web広告の活用が必要不可欠だといえます。
Web広告のメリットとして低予算でもはじめられる、ターゲットを絞って運用できる、見込みの高いユーザーにアプローチできるなどの点が挙げられます。学習塾の集客に、Web広告を取り入れてみてはいかがでしょうか。

Yahoo!広告では、多くのユーザーが利用する「Yahoo! JAPAN」の検索結果画面やサービス、さまざまなパートナーサイトに広告を掲載できます。広告出稿に対して不安や悩みがある方も気軽に相談できるので、ぜひご検討ください。

日本最大級メディアYahoo! JAPANで集客アップ!まずは無料のアカウント開設から。Yahoo!広告について詳しく見る

教育サービス業界でのYahoo!広告導入事例

お問い合わせ

フォームからのご相談

お問い合わせフォーム

お電話でのご相談

0120-056-559

平日9:30~12:00、13:00~18:00(土日祝日休)

関連記事

<< 記事一覧に戻る
本文はここまでです このページの先頭へ

最新の資料はこちらから!

資料をダウンロード